天体 科学/IT

ペルセウス座流星群2018!方角や観測日時・ピークは?

投稿日:2018年6月10日 更新日:

皆さんこんにちは。

流れ星を夜空に見つけたら、三回願い事をすると叶うといわれています。

そう言われる理由は、流れ星を見つけるのは非常にレアーだからですね。

しかし、1年の間で、たくさんの流れ星を見れる時期があります。

例えば、

  • しぶんぎ座流星群、1月
  • こと座流星群、4月
  • みずがめ座η流星群、4月~5月
  • みずがめ座δ流星群南群、7月~8月
  • ペルセウス座流星群、7月~8月
  • オリオン座流星群、10月~11月
  • ふたご座流星群、12月
  • こぐま座流星群、12月

などがあります。

今日は、このペルセウス座流星群について、見れる時間帯や方角、ピークの時間帯を紹介します。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

ペルセウス座流星群2018年の観測日時は?

 

ペルセウス座流星群は

ペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群で、

ペルセウス座γ流星群とも呼ばれます。

ペルセウス座流星群の全活動期間は
7月17日頃~8月24日頃までです。

8月7日頃~8月15日頃までは、
ペルセウス座流星群が比較的活発に活動する時期なので、
普段よりも多くの流れ星を見れるでしょう。

観測にちょうどよい時間帯は、
夜半(0時の前後30分間くらいの1時間)~空が明るくなる直前まで。

 

 

ペルセウス座流星群の観測の方角は?

見る方角は、どこでも構いません。

ペルセウス座が放射点となりますので、ペルセウス座があるのは北東の空ですが

その星座がある場所から、ペルセウス座流星群が出るわけではないので
どこを見ても構わないようです。


引用元:https://www.nao.ac.jp/astro/feature/perseids2018/

上の図は、ペルセウス流星群の放射点を、※マークで表しています。
方角は北東方向で、北極星よりも右側に位置しています。

 

 

ペルセウス座流星群の極大時期・ピークは?

2018年のペルセウス座流星群は、8月13日10時ごろ極大になると予想されています。
しかし、この時間は日本では昼間なので、ペルセウス座流星群を観察できません。

日本では、この前後の夜に最も良く観察できるでしょう。

  • 12日~13日の夜が最も良く見える
  • 11日~12日の夜、ある程度の数の流星群を見れる
  • 13日~14日の夜、ある程度の数の流星群を見れる

 

Sponsored Link

 

ペルセウス座流星群の極大時間は?ピークの時間は?

ペルセウス座流星群が見れるのは、夜半~空が明るくなり始める直前までで、
夜半から明け方まで、放射点の高度が徐々に高くなっていきます。

なので、空が明るくなる直前が最も高くなります。

 

 

ペルセウス座流星群の観測に適した場所は?

光害が多いと空の星の光が見えづらくなりますので、
町の明かりなどが少ない場所がいいでしょう。

また、視界が広いところがおすすめです。
例えば、キャンプ場などはいいように思いますが、
周りに木々が沢山あると、逆に視界が悪くなってしまいます。

また、山の中から空の星が良く見えるのでいいだろうと思っても
盆地で周囲が山に囲まれていると、逆に視界が狭くなってしまいます。

なので、視界が広くとれる場所で見るようにしましょう。

例えば

  • 野原
  • 広い公園
  • 湖の近く
  • 展望台のあるところ

 

 

2018年はペルセウス座流星群を良く観察できるのか?

今年は、8月11日が新月になるため、月明かりの影響は全くなく、
非常に良い条件で流星群を見ることができます。

 

 

見える流星の数はどのくらい?

夜空が十分に暗い場所なら、1番多くて1時間に40個くらいの流星を見れるでしょう。

「十分に暗いとはどのくらいなのか?」というと、街明かりがない場所です。

また、普通の民家がある場所の近くの公園でも、
空が晴れていれば、数分の一程度になります。

 

 

海外を含めた観測条件は?

ピークの時間が13日の午前10時なので
ヨーロッパのほうが最も良い条件で観測できるでしょう。

特に、東欧のほうですね。

念の為、海外で夜中にペルセウス座流星群を見る人は
治安の良いところで見るようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク(Sponsored Link)

 

ペルセウス座流星群の観察の仕方

ペルセウス座流星群の放射点は、ペルセウス座になりますが、
流星はここから少し離れた場所から突然現れます。

ペルセウス座の方向にだけ、流星が出現するということではなく
夜空のどこにでも出現するので、基本的に空を広く見ることが大事です。

観察するときに注意することは

  • 望遠鏡や双眼鏡はいらない
    →流れ星は広い範囲を移動しますが、
    望遠鏡や双眼鏡を覗き込むと、狭い範囲しかみれず、
    流れ星を見逃してしまう可能性のほうが大きいです。
  • 大きめのシートを用意して、その上に寝転がって見たほうがいいですね。
    しかし、寝ないようにしてください。
  • 外に出てから暗さになれるまで最低15分くらいかかります。
    なので、最低15分間は観測を続けてくださいね。

 

ペルセウス座流星群を観察する時の注意点

ペルセウス座流星群を見る時の注意点です。

  • 夜遅く外出するときは、周囲が良く見えないので、歩く場所には気をつけましょう。
  • 車で移動される方は、他の車や歩行者に気をつけてください。
  • 車で移動する方は、居眠り運転に気をつけましよう。
  • 民家の近くで大きな声を出して騒いだりしないようにしましょう。
  • 立入禁止区域に入ったり、よその家の敷地に入らないようにしましょう。
  • 野生動物が出たりしたら、優しくしてあげましょう。
    基本、触らないようすればいいです。

 

 

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群(Perseids)は、ペルセウス座γ星付近を放射点として
出現する流星群のことです。

しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並び、三大流星群の一つとされています。

数でいうと、年間でも一位、二位を争うくらいたくさんの流星が出現します。

 

1時間あたりの最大観測数は?

極大時は、1時間に30個〜60個の流星が出現します。
極大の前後の数日間は、1時間に10個以上(運が良ければ)見れます。

極大の時期が夏休み・お盆なので、たくさんの人達が見ることができて
注目度は非常に高いですね。

 

見やすい時間帯は?

観察できる時間帯はとても長く、21時ごろから出始めます。
観察しやすい時間帯は、
夜中から翌朝空が明るくなり始める直前まで、観察しやすい時間が続きます。

 

母天体

母天体は、スイフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)で、
太陽の周りを133年周期で公転しています。

この母天体がスイフト・タットル彗星ではないかと最初に指摘されたのは
1962年のころで、指摘したのはイタリアの天文学者のジョヴァンニ・スキアパレッリ。

そして、その彗星が1982年ごろに回帰するとされていましたが発見されず。

その後、1991年、1992年に
ペルセウス座流星群が平年の二倍以上も大出現したので、
科学者たちは母彗星も回帰するだろうと予測しました。

そして、1992年9月27日に
日本のコメット科学者・木内鶴彦がスイフト・タットル彗星を再発見しました!

以下の写真がそのスイフト・タットル彗星

 

ペルセウス座流星群の最も古い観測記録

ペルセウス座流星群の1番古い観測記録は、西暦36年で、
1時間あたりに100個以上のペルセウス座流星群が出現したそうです。

つまり、2000年弱も観測され続けてるすごい流星群です!

中国でも観測されていますが、中国の記録がなんと凄くて
極大期に、1時間あたり4800個に達する流星嵐を降らせた?そうです。

 

Sponsored Link

 

ペルセウス座流星群の活動予想

ダストトレイル理論により、
2004年に、ZHR150付近の突発的な活動が予測されて、
ペルセウス座流星群も予想通り出現したのが観測されました。

また、2016年に、活発な活動があると予想され、
実際にそのとおり活発な活動が観測されました。

2014年以降は、電波観測では観測されるピーク値が高めになっています。

※参考URL : http://www.amro-net.jp/meteor-info/08_perseids_j.htm

 

ペルセウス座流星群の詳細情報

  • 名称:ペルセウス座流星群
  • 学術名:Perseids
  • コード名:PER
  • 極大太陽黄経:140°.0 (8月13日付近 ※年によって違います)
  • 極大時輻射点:赤経 = 46°.2 / 赤緯 = +57°.4度
  • 出現期間:7月17日~8月24日
  • 極大時刻:年によって違います
  • 性質:極大出現数(ZHR):100,光度比:2.6,対地速度:59km/s
  • 母天体:109P/Swift-Tuttle

 

 

twitterからペルセウス座流星群の紹介

さて、ここでTwitterからペルセウス座流星群の投稿をいくつか紹介しましょう。

 

 

 

まとめ

皆さん、いかがでしたか?

ペルセウス座流星群の出現期間は、2018年8月7日〜8月15日で
その中でも、最も多く見れるのは、
2018年8月11日〜8月13日の夜半〜明け方の空が明るくなる直前まで。

今年は月が新月なので、空の流れ星を観測するには絶好の条件となります。

ぜひ、皆さんも時間をとってペルセウス座流星群を見に行きましょうね。

 

また、今年は二年ぶりに火星が大接近するという情報もあります!
2018年7月31日に大接近するようです。

もしかすると、
ペルセウス座流星群と火星大接近の奇跡のコラボが、実現するかもしれませんね!

 

では、流れ星を見て涼しい夏の夜をお過ごしください。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-天体, 科学/IT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Rails cが実行不可能、Permission denied @ rb_sysopen – /Users/…の対応策

  rails console実施で Could not find thor-0.19.4 in any of the sourcesというエラーが発生しました!   今日、会社に …

ペルセウス座流星群2018!方角や日時や埼玉の穴場はどこ?星空を楽しむスポット!

皆さんこんにちは。 夜空を見上げて流れ星を見つけて、 三回願い事をするっていいですよね。 そのために夜空を仰いで流れ星を探してみる。 まあ、実際にするのは非常に難しいですが。 流れ星が消える前に三回祈 …

ペルセウス座流星群2018!方角や日時や千葉県の穴場はどこ?星空楽しむスポット

皆さんこんにちは。 夜空に軽やかに流れる流れ星を見かけた時は 三回願い事をするいいと聞いたことがありますか? でも、流れ星はすぐに消えてしまうので、 その短い時間の間に、3回願い事を唱えるのは難しいで …

Mac High SierraにMySQLをインストール

皆さんこんにちは。 今日は、MacOS High SierraにMySQLを入れた手順を紹介します。   目 次1 MySQLのインストール1.1 インストール1.2 MySQLの起動2 R …

オリオン座流星群2018!方角や日時や山梨県の穴場はどこ?

皆さん、こんにちは。 星が特に美しく見える秋や冬の季節が来ましたね。 オリオン座流星群は 秋の初めの澄みきった空に観測される流星群です。 この流星群は、流星群の中でも二番目に速い流れ星で、 明るい流星 …

スポンサードリンク