時事問題

北朝鮮に米国が最初の攻撃をしかけるのを防ぐのはどこの国か!

投稿日:2017年8月14日 更新日:

北朝鮮がミサイルのテスト発射を繰り返す中、
米国のトランプ大統領はついに戦争もありうると発言しました。

そして、アメリカ人の北朝鮮への渡航を9月1日から禁止し、
北朝鮮国内の米国人にそれまでに出国するように指示しました。

このままいって、米国が北朝鮮に戦争をしかける危険性が危惧されます。

どこかの国が米国をとめないといけないのではないでしょうか。

もし、戦争になると、ロシアや中国も放ってはおきませんので、
大三次世界大戦になる恐れがあります。

そこで、とても参考になる英文の記事を見つけましたので、
その記事についてご紹介したいと思います。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

中国が北朝鮮政権に対する米国の最初の攻撃を防ぐであろう

参考URL: China will prevent US first strike against North Korean regime – govt daily
Published time: 11 Aug, 2017 13:38
Edited time: 11 Aug, 2017 13:40

 

「米国と韓国が
北朝鮮に首領政権を転覆させるために攻撃をしかけたら、
中国がそれを防ごうとするだろう
が、
もし平壌が、先に米国の目標物にミサイルを発射した場合は、
中国は中立の立場でいるだろう」

と国営のグローバルタイムズが言いました。

8/10(木曜日)、中国の国営新聞の社説を通して伝えられたこの警告は、
米国と北朝鮮の両国が扇情的な発言のやりとりをすることで
重大局面のさなかでの過剰反応判断ミスの危険性を高めている時に出されたものです。

グローバル・タイムズには、
「もし、北朝鮮が米国の土地を脅かすミサイルを最初に発射して、
それに米国が報復した場合には、中国は中立の立場をとる」事を
北京は明確にするべきだ、と書かれています。

そして、さらに、
もし米国と韓国が平壌に攻撃をしかけ、
北朝鮮政権を転覆させ、朝鮮半島の政治形態を変えようとした場合
は、
中国は米国と韓国を阻止するつもりでいます。

中国は、最近の北朝鮮のミサイルにかかわる行動に
不満をつのらせ心配しながら観ています。

もし、戦争が本当に勃発したら、
米国は戦略的収穫を何も得られないでしょうし、
北朝鮮も未だかつてない危険な状況に直面するでしよう。

北朝鮮は米国に交渉する方向に誘導するのが目的であり、
その一方で、米国は北朝鮮に力で勝ちたいです。

中国は今回、ワシントンと平壌に、
後ろに引き下がるように説得することが出来ませんでした

中国は、第一にこの地域での平和と安定を求めています。

この危機的状況に係る全ての国々が、
これらの国々の行動が中国の利益に損害を与える時は、
中国はきっぱりとした態度で対応てしくる
ことを、
理解するべきでしょう。

 

今週のはじめに、トランプ大統領は、
さらに次のような発言を言って北朝鮮の危機的状況を悪化させました。

世界が今まで観たことがないような
火と猛威を爆発させるという私の前の発言(脅し)」は、
まだ手ぬるかったのだろう。

ニュージャージー州ベッドミンスターにあるゴルフコースで、
休暇中のトランプ氏が、今週の木曜日に述べた発言では、
「北朝鮮はきちんとした行動をとったほうがいい。
さもなければ、
世界で、トラブルに巻き込まれたどんな国々も
経験したことがないようなトラブルに巻き込まれてしまう
だろう
。」
と述べました。

ワシントンからのこのあからさまな脅迫は、
平壌がトランプ氏の「火と猛威」の発言を「全く馬鹿げた戯言」
と言ってあざ笑ったあとに報道されました。

平壌は、アメリカのグアムにあるアメリカ空軍基地に向けて
ミサイルを発射する綿密な計画がすぐに完遂されるだろう
と発表しました。

そして、それに応じて、アメリカ軍は、
北朝鮮のミサイル発射場や地下施設、そして、
その他の設備を爆撃するために戦略的B-1爆撃機を送り出す
事が出来ると知らせてきました。

このような「無鉄砲なゲーム」が進展していくと、悲惨な結末になるかもしれません。

もし、どちらか一方が本当は戦争をしたくないと考えていたとしても、
この両国はその行き過ぎたゲームをコントロールする経験がないので、
戦争はどちらにせよ起きてしまう可能性が高いです。

経験のあるロシアの専門家によると、
両者とも最悪の自体のシナリオに準備が整っているようなので、
戦争になる危険性は非常に高いらしいです。

ロシアの引退した准将パヴェル・ゾロタレフは、
ワシントンの政策決定は、理性的な論理にかけているので
予測し難い影響を引き起こす可能性があると言いました。

 


Sponsored Link

 

 

北朝鮮がミサイル実験を続ける理由

北朝鮮は、恐らく核兵器を持っているふりをしているか、
または、アメリカという帝国に占領されたくないので、
自国を守るために核兵器を持っているのではないでしょうか。

それが、ミサイル発射テストを続けている唯一の理由でしょう。

世界でトップクラスの地下資源を持つ北朝鮮ならば、
アメリカから攻撃され、国土を荒らされて、
国の資源の利権が奪われてしまうのではないかと不安になる
のも不思議ではないでしょう。

なぜなら、アメリカは
ガス田の利権を奪うためにシリアに攻撃を仕掛け国であり、
アフリカを自立させようとしたカダフィ大佐の国リビアを
戦争でめちゃめちゃにした国です。

そんなアメリカならば、
北朝鮮の利権を奪うことなど、糸も簡単にやってのけるでしょう。

しかし、その代償は大きいでしょう。

もし、アメリカが北朝鮮に攻撃をしかけたら、
第三次世界大戦が勃発するでしょう。

なぜなら、中国とロシアがこの小さい国を守るからです。

北朝鮮の地下資源も理由の一つかもしれませんが、
中国とロシアは、歴史上、北朝鮮の建国から今日まで、
北朝鮮を助けてきた国々ですから。

本当のメッセージは、
帝国主義アメリカから侵略されないように
自国を防衛しようとする北朝鮮は、我々の味方~連合国である
ということです。

その国を守らずに、アメリカに同調する日本政府は明らかに間違っていますね。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北朝鮮とロシアの歴史を振り返る3

  この記事は、「北朝鮮とロシアの歴史を振り返る2」の続きになります。   目 次0.1 〈北朝鮮の孤立化、韓国の軍事独裁〉1 〈社会主義体制の完成〉2 まとめ 〈北朝鮮の孤立化、 …

北朝鮮のミサイル発射に対する避難訓練は必要なのか?

7/4に、北朝鮮がミサイルを発射しましたが、 それに関する日本の報道は、 北朝鮮のミサイルが日本にもし来たら危険だとか、 安全保障上非常に問題だとか、 危険なことばかりを強調していて、挙句の果てには、 …

北朝鮮の脅威増大で中国・ロシアに責任転嫁する米国〜その本位は制裁?戦争?

北朝鮮がミサイル発射の実験を継続している中で、アメリカがロシア、中国に対して北朝鮮のミサイル開発の責任をなすりつけています。 一体、アメリカは何をしているのでしょうか? そこで、北朝鮮以外の国々、アメ …

北朝鮮は米国から教訓を学んだ?!米への抑止力を持つべき?!

  皆さんこんにちは。 北朝鮮がミサイル発射を続ける中、 アメリカとのやり取りで、 一色即発のような状況になってきています。 ここで、北朝鮮はアメリカの様子をみると言ってるようですが、 ここ …

北朝鮮が弾道ミサイル発射!北海道上空通過!?その危険性は?

北朝鮮が、8月29日のAM5:58頃に、弾道ミサイルを一発だけスナン地区から発射しました。 安倍晋三首相は、これまでにない深刻かつ重大な脅威と述べたが、本当はどういう状況だったのだろうか。そして、安倍 …

スポンサードリンク