イベント・記念日・暦 自然

十五夜だけでは片月見。旧暦9月13日の十三夜はどんな月?2017年はいつ?

投稿日:2017年8月15日 更新日:

秋は月を愛でる最高の季節。お月見は中秋の名月だけではありません。旧暦9月13日の十三夜のお月見「(のち)の月」の風習と、江戸時代に流行した「月待ち行事」について、ご紹介します。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

十三夜のお月見「(のち)の月」

旧暦8月15日の満月から、また次の満月へと巡っていく、旧暦9月13日の十三夜に、

もう一度お月見をする習わしがありました。

これは、日本独自の考え方から生まれたようで、

中秋の名月の後のお月見なので、(のち)の月見」「(のち)の月」といいました。

旧暦8月15日の芋名月に対して、

この頃は、栗や枝豆の収穫期と重なるので、別名、栗名月、豆名月 ともいいました。

はじまりは、宇多天皇(在位887~897)が九月の十三夜に催された、

月の宴 に端を発しているといわれますが、はっきりとはわかっていません。

旧暦の行事は、農事や作物の収穫をお祝いする習わしと深く結びついていて

9月の十三夜が晴れるかどうかで、翌年の豊作を占う行事でもありました。

中秋の名月のお月見だけでは、片月見(片見月)といい、縁起が良くないとされました。

現在でも、中秋の名月の時期は台風が多く、すっきりしない天気が多いですが、

後の月の頃は、夜空が晴れ渡ることが多く、「十三夜に曇りなし」ともいわれました。

 

十三夜
2017年 11月1日
2018年 10月21日
2019年 10月11日
2020年 10月29日

 

十三夜の月は、満月ではありません。これから満ちて満月になろうとする月です。

完全ではない、少し欠けている部分のあるところに、情緒や趣をみるのは

日本人ならではの美意識「不足の美」につながるのかもしれません。

「不足の美」の美意識には、均整のとれた完璧なものよりも、

あえて、何かが欠けているような不完全なものに、情をうつして、

美に対する感覚を研ぎ澄ましたり、イマジネーションを高める効果があるそうです。

 

そんな十三夜の月に、特別な美しさを見出した宇多天皇の御心に多くの人が共感をえて、

今に伝わったともいえましょうか。

日本の慣習や文化には、

毎年毎年同じことを繰り返して、その繰り返しの中に

その年ならではの新鮮さを楽しむ心があり、

また、二つのものが一つとなって、より完全になるという思想がありました。

十三夜の月の、あえて見えない部分の影に、あなたは何を想うでしょうか・・・。

 

Sponsored Link

 

江戸時代の月待ち行事

ある形(月齢)の月が昇ってくるのを待って、

多くの人が集まってお供え物をしたり、飲食をしたりする、

宵越し行事 が江戸時代に流行りました。

月の十三日、十七日、十九日、二十三日が特に盛んだったようです。

月の神仏を拝む信仰とも結びついていたため、

現在でも、神社やお寺の境内の中に、月待ち塔 を見ることがあります。

月の出は毎日50分~1時間ずつ遅くなりますが、

秋になると間隔が短くなるので、月待ちしやすいのです。

電気のなかった時代、夜は月明りとともに、人々の暮らしがありました。

月の出を待ちわびる昔の人々の心が、温かく伝わってくる言葉があります。

まだかな、まだかな、と待っていると・・

ためらうように(いざようように)出てくる 十六夜(いざよい)月

最初は立って待っていた 立待月(たちまちづき)も、

次の日には、座って待っている 居待月(いまちづき)、

だんだん夜が遅くなり、寝て待っていないと出てこない 寝待月(ねまちづき)、

夜も更けてからやっと出てくる 更待月(ふけまちづき)・・・

十五夜の満月、十三夜の月だけではなく、

人恋しくなる秋の夜長に、あなたの好きな月を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-イベント・記念日・暦, 自然

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

九州一番花火大会2018!日程や時間・チケットや見どころは?

皆さん、こんにちは。 この夏、夏を楽しむ定番のイベントといえば、 花火がありますが 花火と言っても、スケールがどでかくて、 面白い企画がある花火大会行ってみたいですよね? そんな貴方に、 今日は、いっ …

打上げ花火の写真の撮り方は?iPhoneの設定や手ブレ・準備は?

皆さん、こんにちは。 打ち上げ花火大会に行ったとき、 ─「写真を撮影したいと思うけど 今持ってるのはiPhoneしかない・・・」 ─「カメラを持ってくるのを忘れてしまった」 というのは、良くあることで …

福岡の放生会2018!おはじきや見世物小屋、見どころなど紹介!

9月の福岡のお祭りで伝統的な行事といえば 放生会があります。 迫力のある舞や、屋台を観ながら楽しめますよね。 福岡で毎年秋に行われる「放生会ほうじょうや」のお祭りは、 沢山の人たちで賑わいます。 今日 …

出雲伊波比神社のやぶさめ行事で何をするのか?

皆さんこんにちは。 結構自然豊かな神社に行って昔由来の行事を見るのって良いですよね。皆さんも多分、そういうのを観て自然と文化を満喫されてると思います。 今日は、出雲伊波比神社(いずもいわいじんじゃ)の …

お年玉の折り方で面白いのは何?100万円札や500万円札などは?

皆さん、こんにちは。 もうすぐ冬休み、そして、お正月ですね! お正月といえば、お年玉ですが、 子どもたちにどうやって渡そうか・・・ と考えるのはいつも同じですね。 そこで、今日はお札の面白い折り方につ …

スポンサードリンク