イベント・記念日・暦 花火・祭り

打上げ花火をスマホで写真撮影する方法!Androidアプリの設定は?

投稿日:2018年9月27日 更新日:

皆さん、こんにちは。

花火大会に行ったとき、スマホで花火を撮影する人は
意外と沢山いますよね。

しかし、スマホで花火の写真を撮影するのは、
なかなか、難しいものです。

そこで、今日は、Androidをつかい
打ち上げ花火の写真を綺麗に撮影する場合に、
スマホのアプリを使ってどう設定すれば良いのか、
調べたことを紹介しますね。

 

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

カメラアプリの設定は?

打ち上げ花火の写真を撮るために、カメラの設定をしたいと考えるなら
やはり、カメラアプリを使うのがおすすめです。

カメラアプリだと、細かい一眼レフっぽい設定があるので、
とても役に立ちます。

また、

Androidの機種には、

マニュアルカメラ用の設定ができる機種が結構あります。

機種によって、
マニュアルカメラの設定ができる、できないがありますが
ここで、和火の撮影用に、各設定を説明しておきます。

 

ISOの設定

打ち上げ花火は、明るい被写体になりますので、ISO感度は100にします。

 

シャッタースピード

Androidの機種で、
シャッタースピード(SS)の設定ができると
謳っている機種がありますが、

実は、Androidでは、SSを実際に変えているのではなくて、
その露出時間分の動画を撮影し、
1コマ1コマを合成して写真として保存しているようです。

そのため、晴れた日に、外で一秒以上のSSで写真を撮っても、
何故か露出オーバーになりません。

動いてるものを撮ってみたら、合成したことが良く分かります。

なので、一眼レフカメラのように、
三脚を使って長時間露出で、
夜景や打ち上げ花火の写真を、同じように綺麗に撮ることはできません。

ISO感度も、スマホの機種によって、
調節できるものとできないものがあります。

それを踏まえた上で、

SSを調整するのがいいでしょう。
(その効果を、あまり期待しないように、ということです)

目安としては、1〜4秒程度。

この場合、三脚でAndroidスマホを固定するのは必須ですよ

 

〈例〉

  • アプリ
    • Camera FV-5 Lite
      • シャッタースピード:1秒〜(かなり長い秒数設定が可能)
      • フォーカス設定
      • ホワイトバランス設定
      • 側光、ISO、EVの設定可能
      • 無料版:撮影解像度が「640×480」のみ

Sponsored Link

 

 

シャッタースピードを遅くして明るくなりすぎたら?

Androidスマホで、シャッタースピードを遅くした場合に
明るくなりすぎるということは、おそらくないでしょう。

しかし、念の為、その時の対処方法を書いておきます。

ISOは、固定100にして

  • 写真が明るすぎるとき
    • シャッタースピードを、速くするか
    • 明るさを暗めにする
  • 写真が暗すぎるとき
    • シャッタースピードを遅くするか
    • 明るさを明るくする

HDR

HDRは、
「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略で、
露出の違う複数の写真を自動的に合成して、
人が見る景色に近い写真にする機能です。

この機能は、動きのない風景などの撮影では有効ですが、
一瞬の光り輝きをとらえる打ち上げ花火の写真では、
写真がブレやすくなるので、
HDRはオフにしていたほうがいいでしょう。

 

明るさ

明るさは暗め(マイナスの数値)にします。

 

ホワイトバランス

ホワイトバランス(WB)は、ほとんどのAndroidスマホで
基本的な機能として搭載されていることが多いです。

WBの設定値は、太陽光(晴天)、曇天、蛍光灯(電球)、白熱灯などがあります。

和火のように、日本の伝統的な打ち上げ花火で、
火の粉の色がオレンジ色が強い花火の場合、
太陽」または「晴天」にしましょう。

もし、これでオレンジ色が濃く写っていたら、
「太陽」ではなくて、「蛍光灯」または「電球」にしてください。

 

また、洋火と言われる打ち上げ花火で、
強い発光色や、華やかな色、パステル色などがあります。

このような花火の場合は、WBは「蛍光灯」または「電球」が良いです。

もし、華やかな色の花火やパステルカラーの花火を、
「太陽光」で撮ると、全体的にオレンジ色が強くなってしまいます。

例えば

  • イエローがオレンジ色に写る
  • ピンクスカイブルーなどの中間色は、綺麗に写らない
  • 淡いパステルカラーの色は、色がおかしくなってしまう
  • 銀色・白色は、薄いオレンジになってしまう

こういう場合は、「蛍光灯」または「電球」がいいですよ。

なので、「銀冠菊ぎんかむろぎく花火」などのような、白系統の花火は、
「太陽光」で撮ると薄いオレンジ色になってしまい、
中途半端な「錦冠菊にしきかむろぎく花火」のようになってしまいます。

 

ここで、錦冠菊花火の話が出ましたので、
少し「冠菊」花火について説明すると

冠菊は、空で開花すると火の粉が長いすだれのように、
地上すれすれまで落ちてきます。

こういう打ち上げ花火は、線で伸びる時間が非常に長いので
スマホで写真を撮るには、うってつけの花火になります。

 

0:50くらいからが、錦冠菊花火です。

 

[WBの設定]洋火と和火の両方が同時に開く打ち上げ花火の場合は?

ホワイトバランス(WB)の説明で、
日本の伝統的な打ち上げ花火「和火」と
華やかな色合いの打ち上げ花火「洋火」で、
WBの設定が違うということを、説明しましたが

実際の花火大会では
この2つの花火が同時に開くことがよくあります。

例えば、「錦冠菊小割浮模様にしきかむろぎくこわりうきもよう」は、
錦冠菊花火の中心に、色が鮮やかな洋火が重なって見えるし

また「和火柳先紅わびやなぎさきべに」は、最初は暗い和火が広がり、
その先端が、明るい紅や青色に変化する花火です。

このような場合には、打ち上げられる花火が
どちらの種類の花火が、主となるのかを見極めて、
主となる方に合わせて、WBを設定するほうがいいです。

そのためには、事前に、スケジュール一覧を見た時に
どの花火がどんな色なのか、
色の混ざり具合など、知っていないとできませんね。

なれないうちには、WBをいちいち設定するのは難しいので、
最初は、花火大会の前に、
洋火、または、和火のどちらに、WBの設定を固定するのか決めて、
写真を撮るのがいいでしょう。

なれてきたら、花火大会のスケジュール一覧を見て
打ち上げられる花火の種類ごとに、ホワイトバランスの設定をして
写真をとるようにしましょう。

 

別のやり方として、Raw撮影できるアプリを使用しているか
自分のスマホの機種が、Raw撮影対応であれば、
花火の撮影はRawで撮影しておき、

その後、スマホからPCに、撮影した写真のファイルを取り込み、
現像処理を現像アプリでするという方法もあります。

しかし、写真を撮る時に見た花火の色を、
後から思い出すのは至難の業です。

PCで現像処理をする時には、
おそらく、わからなくなっているでしょう。

なので、できるだけ、花火大会の現場で、
次の花火の打ち上げ前に、
ホワイトバランスの設定をするようにしてください。

 

フラッシュ

夜で暗いからと言って、フラッシュをオンにしても
フラッシュの光は5メートル先くらいまでしか届きませんので、
何の意味もありません。

逆に、フラッシュを使って写真をとると、
写真の仕上がりが変な感じになってしまうので、
オフにしましょう。

 

AE/AFロック

Androidの場合は、機種によって
AFロック機能が使えるものと、使えないものがあります。

もし、あなたのAndroidが、AFロックに対応していなければ、
AE/AFロックのアプリをダウンロードしてください。

 

Sponsored Link

 

マニュアルカメラの設定ができるスマホは?

最初に述べたように、
Androidスマホは、マニュアルカメラの設定できるものが結構あります。

新しい機種がいいとは言えど
カメラのシャッターを切ってから戻りまで、3秒かかる悪評のものから、
高機能のものまでいろいろです。

 

好評な機種というと、以下の機種がありますね。

  • ASUSのZenFone 3 Laser
    • シャッタースピード、ISO感度、色温度などの細かい調整が可能。
    • 夜の写真撮影が可能
    • デジカメに近い撮影効果

URL : ASUSのスマホのサイト

 

まとめ

皆さん、いかがでしたか?

打ち上げ花火を撮るためのアプリの設定も、
WBなどは、花火の特徴を理解してしなくては
いけないことがわかりました。

そういうところも理解できて、
花火の写真が撮れるようになると良いですね。

または、カメラの機能が良いものを選べるのなら、
その機種を購入するてもありますね。

アプリの設定では

  • ISO感度は、100に固定
  • シャッタースピードは、目安は1〜4秒
  • HDR機能はオフにする
  • 明るさは、暗めに設定
  • ホワイトバランスは、
    和火の場合は、「太陽」または「晴天」で
    洋火の場合は、「蛍光灯」または「電球」で設定しましょう。
  • フラッシュはオフ
  • AE/AFロックは解除

マニュアルカメラ機能が使える機種は、
ASUSのZenFone 3 Laser がおすすめです。

以上のことを紹介しました。

 

素敵な打ち上げ花火の写真が撮れるといいですね。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-イベント・記念日・暦, 花火・祭り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

十五夜だけでは片月見。旧暦9月13日の十三夜はどんな月?2017年はいつ?

秋は月を愛でる最高の季節。お月見は中秋の名月だけではありません。旧暦9月13日の十三夜のお月見「後(のち)の月」の風習と、江戸時代に流行した「月待ち行事」について、ご紹介します。   目 次 …

重陽って何?節句とは?どんな事を祝うのか?

9月9日の重陽(ちょうよう)って、皆さんあまり聞きませんよね。これって一体どんな意味なんだろう?と、思いませんか? どんな意味があるのだろうとか、何をする日なのだろうとかそういう疑問について、お答えし …

品川宿場まつり2018!日程や時間・見どころ・屋台・駐車場は?

皆さん、こんにちは。 江戸時代、日本橋から京都までをつなぐ東海道の53の宿場 その最初の宿場町が「品川宿」でした。 「品川宿場まつり」では、いろんなイベントが行われます。 パレードや江戸風俗の仮装をし …

豊橋祇園祭2018手筒花火の見どころ、日程・食事処は?

  皆さん、こんにちは。 もうすぐ暑い夏がやってきますが 愛知県で人気のある、花火といえば、 豊橋祇園花火大会が知られていますが 実は、その前日に行う手筒てづつ花火というのが、 一番人気があ …

さいたま新都心けやきひろばイルミ2018-2019!開催日時や見どころは?

  皆さん、もうすぐクリスマスが近づいてきますが クリスマスといえば、やはり、イルミネーションですね。 埼玉エリアでは、やはり、 さいたま新都心けやきひろばのイルミネーションが知られています …

スポンサードリンク