イベント・記念日・暦 花火・祭り

打上げ花火の写真の撮影!iPhoneアプリや機種・設定は?

投稿日:2018年9月30日 更新日:

皆さん、こんにちは。

花火大会に行ったとき、写真を撮影したいと思うけど
今持ってるのはスマホしかない・・・

というのは、良くあることですね。

すると、その時にこまるのが、
どうやって設定していいかがわからない、ということです。

そこで、今日は
iPhoneで打ち上げ花火を綺麗に撮影するには
どうしたらよいか、説明していきますね。

特に、iPhoneの場合は、iPhone用のアプリを使用したほうが
綺麗な写真を撮りやすいので、アプリの設定を主に説明します。

 

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

iPhoneのアプリは何がいいか?

iPhoneのカメラ機能は、やはりいろいろ制限があって、
一眼レフみたいなカメラの設定機能もありません。

そこで、やはり、カメラのアプリで
一眼レフのような機能を持つものを、探したほうがいいでしょう。

私は

Adobe Lightroom CC mobile(以下、LrMと略)をおすすめします。

このアプリは、一眼レフカメラに似た設定機能もあり、
単独のカメラアプリとしても機能するし、
PC用のAdobe Lightroom CCとクラウドを通じて、
撮影した写真を同期させることも可能です。

カメラの機能としては、
Raw撮影とその現像処理に特化しています。

HDR撮影も、Adobeのクラウドで合成処理を行うという
独自の機能もあり、HDRの写真の仕上がりも非常に優れています。

ここですべてを説明できないほど、他にもいろんな機能があります。

 

使用可能なiPhone:iPhone 6s, iPhone 6s Plus 以降

 

機能
  • アプリ内蔵カメラを使って写真を撮る
  • 長時間露光シーンの撮影
    (iPhone7, 7+, 8, 8+, Xモデルで使用可能)
  • HDRモードにおける高コントラストシーンの撮影
    (iOS10以上/iPhone 6s、6s Plus、SE、
    7、7Plus、8、8 Plus、X、iPad Pro 9.7インチ、
    iPad Pro 10.5インチ、第二世代iPad Pro 12.9インチ
    (2018年3月7日時点))
  • シャッター速度
  • ISO
  • 焦点距離の調節
  • ホワイトバランス設定
  • RAW画像の撮影
    (iPhone 6s、6s Plus、7、7 Plus、
    iPhone SE、iPad Pro 9.7
    Samsung S7、S7 Edge、Google Pixel、
    Pixel XL
    2017年3月時点)
  • 露光量補正

 

iPhoneの機種は何がいいか?

既にiPhoneを持ってる人は、今持ってるiPhoneを使うしかないですが、
先で、打ち上げ花火も撮りたいし、これからiPhoneを購入する、または
機種変でiPhoneの機種を選ぶ人は、次にあげるiPhoneがおすすめです。

  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X / Xs / Xs Max

これらの機種は、カメラがデュアルレンズで、高性能です。

もちろん、最新の機種が一番良いですけどね。

 

Sponsored Link

 

 

Adobe Lightroom CC mobile の設定は?

では、実際にLrMでどんな設定ができるのか説明します。

 

モード

LrMを使って、マニュアルカメラに近い設定で撮影をするので、
モードは「プロフェッショナル」を選びます。

各設定値の意味は以下のとおり。

  • プロフェッショナル :
    露出補正、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス、
    マニュアルフォーカスを、自分で設定し写真の撮影ができます。
  • AUTO : オートモード
    ユーザはただシャッターを押すだけで、
    LrMが、明るさや色、その他の設定を自動で調整し、
    きれいな写真を撮ってくれます。
  • HDR : RAW HDR モードで撮影します。

 

HDR機能

[モード]のところで
HDR」ではなく「プロフェッショナル」を選んだので、
HDR機能はオフになります。

参考のために説明すると

LrMのHDR機能は、
露出の異なる3枚の写真をRAWで撮影・合成します。

露出の異なる3枚の写真をRAWで撮影するのは、
従来のHDR機能と同じですが、

LrMの場合、その後の行程が違います。

LrMでHDR機能で写真を撮ると、
そのデータは、自動的にAdobeのクラウド上にアップされます。

そして、クラウド上で3つのRAW画像を合成し、
そのデータを、再度スマートフォンにダウンロードします。

このため、普通のカメラアプリよりも、HDR機能を使うと、
今までになかったような高品質な写真が撮影できます。

しかし、このHDR機能は、
風景などの場合はとても有効なのですが

動きのあるもの、花火のような光が突然輝き出して、
移動し、消えていくようなものは、
写真がぶれやすくなるので、おすすめできません。

 

撮影形式

撮影形式は、「DNG形式」にします。
DNG形式とは、Adobeの「Rawイメージフォーマット」のことです。

Rawイメージフォーマットは、
まだ、写真加工(現像)をしていない未加工のデータのことです。

AdobeのRawイメージフォーマットで写真を撮影・現像すると、
非常に写真の出来上がりが美しくなります。

その質の高さの秘密は、Adobeの現像処理の機能にあるようです。

現像する時には、Adobe Lightroom CCが推奨されています。

Adob Lightroom CCを使えば、LrMで撮影した写真を
簡単にPCと同期することが可能で、
PC側で写真の現像、編集、管理が簡単にできます。

ここで一つ注意点ですが
iPhoneのカメラアプリで撮った写真を、
LrMに取り込んで現像処理するのはおすすめしません。

その理由は、カメラアプリが撮影した写真ファイルを
LrMの中にもう一つコピーして作成するので、
ファイル容量が二倍になってしまうからです。

二倍の容量がiPhone内で必要ということは、
クラウドでも二倍必要になるということなので、
かなり容量を食うはずです。

もちろん、クラウドも十分容量を確保することができるのなら
問題はないでしょう。

Rawファイルフォーマットとは

Rawファイルフォーマットは、
カメラのイメージセンサーが取得した光情報データのことです。

 

☆スマホのカメラで写真を撮った時の流れは?

スマホのカメラで写真を撮ると、次のような処理が行われます。

  1. スマートフォンのカメラで写真を撮影
  2. カメラアプリが、光情報データを取り込む
  3. スマートフォン側のカメラ機能で、
    ノイズ処理や階調、色情報を追加する画像処理を行う。
  4. Jpegタイプのファイル(写真)を保存する。

この画像処理には、以前は一つのプリセットデータがあり、
それを適用することで写真を作成していました。

しかし、最近では、「風景」「人物」「夜景」など
いろんなプリセットデータを用意することで、
様々なシーンの写真出力が可能なスマートフォンが増えてきています。

その理由は、それまでは、
様々な光源の下、また、被写体の特性に応じた
色合いや階調の補正、調整などが十分にできず、
色がくすんだり、色崩れが起きたりしたからです。

このために、複数のプリセットデータを用意して
様々なシーンや場面の写真を、綺麗に仕上げることを可能にしています。

しかし、それでも、複数のプリセットデータでも、
痒いところに手がとどかないことは、結構ありますよね。

 

これに対して、Rawデータは、
カメラ側で取り込んだ光源情報(Rawデータ)に一切画像処理をせず、
人がそのデータに対して専用ソフトを使い画像処理をしていきます

この人がする画像処理のことを、Rawデータを「現像」するといい、
「現像処理」に使うソフトのことを「現像ソフト」と言います。

この現像が結構難しいだろうと考える人もいますが、
実際にやってみると、非常に楽しくて、やめられなくなりますよ。

現像ソフトにはいろいろありますが、

LrM も、現像機能がありますが、
PC版の、Adobe Lightroom CCが一番使い勝手が良いでしょう。

LrMは、撮影した写真を一枚ずつ、現像する方法ですが、
PC側とモバイルで撮影した写真をクラウド共有し、
Lightroom CCを使って、現像・編集・管理をしたほうが大変便利です。

現像処理をする時に難しいのは、
被写体の色をきちんと覚えてないと、
間違った現像の仕方をしてしまうことがある
ということです。

特に、微妙な色の変化をする打上げ花火の場合は、
注意が必要です。

 

スポンサードリンク(Sponsored Link)

 

 

フラッシュはオフにする

カメラのフラッシュは、だいたい、5メートル先までしか届きません。

最低数百メートル先で打ち上げられる花火には届くわけないですし、
そもそも、花火自体、とても明るい被写体なので、
フラッシュはオフにしておきましょう。

 

シャッター速度

一般的なスマホでのシャッタースピード(SS)設定で、
スマホが何をしているか調べたところ、
以下のようなことがわかりました。

おそらく、Lightroomでも同じでしょう。

 

〈SSを設定した時の実際の処理〉

スマホは、その露出時間分の動画を撮影して、
1コマ1コマを裏で合成して、写真を作成します。

そのため、例えば
晴天の日に、屋外で一秒以上のSSで写真を撮っても、
露出オーバーになりません。

その理由は、内部的には、一秒以上の動画を撮影し、
1コマ1コマを合成しているからです。

このようなことから、夜景や花火の写真を撮影しても、
一眼レフカメラと同じような効果は出せないようです。

しかし、それでも今までになかったくらいに
綺麗な写真ができあがるのは、
使ってるユーザーにとっては、とっても感動するものですね。

 

そこで、LrMのSSの設定範囲ですが

1/10000~1/4秒

SSをスローにすると、火の粉が線状になって写り
SSが速くなると、火の粉が点状に写ります。

SSの速さの目安は以下のとおりです。

  • 1/10000~1/640:非常に速い
  • 1/500~1/160:とても速い
  • 1/125〜1/40:普通の速さ
  • 1/30〜1/4:遅い
  • 0.3秒〜8秒:とても遅い
  • 10秒〜30秒:非常に遅い

iPhoneの場合は、1/10000〜1/4までで、
それよりも遅い設定値はないので、
1/30〜1/4の範囲で設定してみましょう。

この場合、三脚でiPhoneを固定し、
写真がぶれないようにしてくださいね。

 

ISO感度

花火自体、とても明るい被写体なので、ISOは100で固定します。

 

マニュアルフォーカス

花火の撮影は、マニュアルフォーカスで撮影します。

焦点距離は、花火の打ち上げられる場所の建物に合わせて
そこにピントを合わせて、ロックしてくださいね。

 

ホワイトバランス

ホワイトバランスの設定値は、以下の通り。

  • オート
  • 電球(白熱灯)
  • 蛍光灯
  • 太陽光(晴天)
  • 曇天(曇り)
  • カスタム(プリセットホワイトバランスのオプション)

和火のように、伝統的な花火で、
火の粉の色がオレンジ色が強い花火の場合、
太陽光」にしましょう。

もし、これでオレンジ色が濃く写っていたら、
「太陽光」ではなくて「電球」にしてください。

 

例えば・・・

和火よりも少し明るめの橙色の花火で
錦冠菊にしきかむろぎく花火」や「椰子やし花火」などがありますが、
これらは、ホワイトバランスを「電球」にする方が良いようです。

ちなみに、冠菊かむろぎくは、空で開花すると、
火の粉が長いすだれのように、
地上すれすれまで落ちてきます。

この花火などは、線で伸びる時間が非常に長いので
スマホで写真を撮るにはうってつけの花火ですね。

 

また、洋火を撮影する時は、
蛍光灯」または「電球」が良いです。

「太陽光」だと、
全体的にオレンジ色が強くなってしまいます。

以下、「太陽光」に設定して、
色がおかしくなる場合を書いておきます。

  • イエローがオレンジ色に写る
  • ピンクスカイブルーなどの中間色は、綺麗に写らない
  • 淡いパステルカラーの色は、色が違う
  • 銀色・白色は、薄いオレンジになってしまう

 

▼錦冠菊の例

0:50くらいからが、錦冠菊花火です。

 

手ブレを抑える・その他の準備は?

LrMを使って花火の写真を撮影する場合、
SS の設定を遅いスピードにして写真を撮るので、
手ブレがおきて、写真がぶれてしまう可能性があります。

この手ブレを避けるために、三脚は必ず使ってください。

また、その他、花火を撮る前にするべき準備もいろいろあります。
以下の記事に詳しく書いていますので、参考にしてくださいね。

打上げ花火の写真の撮り方は?iPhoneの設定や手ブレ・準備は?

 

 

まとめ

皆さん、いかがでしたか?

iPhoneで打ち上げ花火を撮影する場合、
LrMが非常に優れているので
これを使うと綺麗な花火の写真が撮れそうですね!

この記事で説明した内容をまとめると

おすすめの機種は
iPhone 7 +, 8 + , X, Xs, Xs Max

設定内容は

  • モード:プロフェッショナル
  • 撮影形式:DNG形式
  • フラッシュ:オフ
  • シャッター速度:1/30〜1/4
  • ISO感度:100固定
  • フォーカス:花火の打ち上げ場所にロック
  • ホワイトバランス:和火か洋火で、設定値が違う。
    • 和火→「太陽光
    • 洋火→「蛍光灯」or「電球

となります。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

そして、打ち上げ花火の美しい写真が撮れるといいですね!

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-イベント・記念日・暦, 花火・祭り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノイハウスチョコをEbayから!配送方法と料金・輸入税率は?Part3

皆さん、こんにちは。 この記事は、 「ノイハウスチョコをEbayからの購入方法・会員登録・支払は?Part2」 の続きになるので、まだ、そちらを読んでない方は、 先に読んでくださいね。   …

2017年グローバルアリーナイルミ!点灯日時やイベントは?

☆提供:グローバルアリーナ 皆さん、こんにちは。12月といえば、クリスマス、そして、イルミネーションですよね。今回は、福岡県宗像市のとっても大自然の中でたのしめるイルミネーションについてご紹介してみた …

母の日のプレゼントにエステ!ギフト券や値段はどれくらい?

  皆さん、こんにちは。 母の日のプレゼントは、もう決まりましたか? 毎年、花束をプレゼントしてる人もいるはずですね。 でも、お母さんも、毎年花束だと正直あきてしまいますよ。 たまには、外に …

ノイハウスチョコをEbayから!購入方法や会員登録・支払いは?Part2

皆さん、こんにちは。 この記事は、 「ノイハウスチョコをEbayから!購入方法・配送料や出荷先は?Part1」 の続きになります。 この記事をまだ読んでない方は、そちらから先に読んでください。 &nb …

福岡の放生会2018!おはじきや見世物小屋、見どころなど紹介!

9月の福岡のお祭りで伝統的な行事といえば 放生会があります。 迫力のある舞や、屋台を観ながら楽しめますよね。 福岡で毎年秋に行われる「放生会ほうじょうや」のお祭りは、 沢山の人たちで賑わいます。 今日 …

スポンサードリンク