イベント・記念日・暦 花火・祭り

ニッポン全国鍋グランプリ2019!開催日や開催場所・大会予想は?

投稿日:2018年11月20日 更新日:

さあ、寒い冬がやってきますが、
寒い季節に絶対に食べたいものといえば、食べ料理ですね〜。

鍋料理といえば、埼玉県で行われる「ニッポン全国鍋グランプリ2019」があります。

そこで、今日は、このニッポン全国鍋グランプリ2019について
調べたことを紹介します。

 

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

ニッポン全国鍋グランプリ2019!開催日や開催場所は?

2005年に始まったニッポン全国鍋グランプリは、
埼玉県和光市で開催されていました。

2018年は、和光市役所内「市民広場特設会場」で実行されました。

しかし、2019年のニッポン全国鍋グランプリは、
2019年1月26日、27日に、初めて西日本で開催されます。

開催場所は、世界遺産姫路城がある姫路市に決定しました!

 

【ニッポン全国鍋グランプリ2019の詳細事項】
  • 開催内容:全国ご当地鍋による鍋料理コンテスト(ご当地鍋日本一決定戦)
  • 開催日:2019年1月26日(土)〜27日(日)
  • 参加チーム数:60チーム限定
  • 推定来場者数:10万人(2日間)
  • 時間:
    • 26日 10:00~16:00
    • 27日 10:00~15:00
  • 開催場所:姫路市の姫路城近くの姫路大手前公園
  • 住所:兵庫県姫路市本町68
  • アクセス:山陽姫路駅から徒歩約9分
  • 審査方法:
    • 優勝:グランプリ(金の鍋賞)
    • 準優勝:準グランプリ(銀の鍋賞)
    • 第3位(銅の鍋賞)
    • 第4位~第6位(優秀賞)
    • 審査員特別賞
    • 協賛社特別賞
    • 姫路市長賞他
      が選ばれます。
      ※上位3鍋は「J-ブランド鍋」に認定され、2020年開催予定「グランドチャンピオン大会(仮称)」へ出場する権利が与えられます。
  • 主催:姫路市商工会
    ニッポン全国鍋グランプリ2019実行委員会
  • 大会事務局:
    • 姫路市商工会(平日8:30~17:30)
    • 住所:〒671-2103 兵庫県姫路市夢前町前之庄1434-15
    • TEL:079-336-1368、FAX:079-336-1130
    • E-mail:himeji@nabegra.jp
  • URL:https://nabegra.jp
  • 2019年参戦申し込みフォーム:https://nabegra.jp/join/
  • 備考:2020年には、グランドチャンピオン大会の開催を予定
  • 関係サイト:Instagram – https://www.instagram.com/nabegra.himeji/

 

 

鍋グランプリ和光大会も開催!

そして、和光市では鍋大会は開かれないかと言うと、そうではありません。

和光市でも鍋大会が開かれるようです。
和光市の人や関東圏の人で、姫路市まで行けない人は、
以下の大会に行くのもおすすめですよ。

 

鍋グランプリ和光大会

 

 

参加チームはどんなチームでどんな鍋料理になるだろうか?

さて、今年はどこの地域のチームが参加し、
何の鍋料理を作ってくれるのか、とても気になりますが

来年の参加チームは今募集中なので、

2018年に参加したチームを紹介しますね。

 

【優 勝】金の鍋賞(グランプリ)

まず、金の鍋賞に入賞したチームは以下のチームです。

出典:和光市商工会/2018結果発表

金の鍋賞に入賞したチームは、
本場和歌山県日高町の天然クエ鍋」クエの町
和歌山県日高町(和歌山県日高町)のチームの皆さんです。 

 

【準優勝】銀の鍋賞(準グランプリ)

銀の鍋賞には、「牛すじシチュー鍋」カフェラベル(埼玉県和光市)チームが入賞しました。

 

【第三位】銅の鍋賞

出典:名取市観光物産協会/セリ鍋(イメージ図)

 

銅の鍋賞に入賞したのは、
名取せり鍋」名取市飲食業組合 スズタケ(宮城県名取市)チームでした。

 

 

ニッポン全国鍋グランプリ2018年の結果

以下の一覧は、2018年の来場者投票集計表から、
順位、参戦鍋名、チーム名、参戦地域だけ抽出したものです。

※参戦地域で太字のものは「関東地区」、赤い太字は埼玉県になります。
和光市は赤色の文字に黄色の背景色で印をつけています。

順位 参戦鍋名 チーム名 参戦地域
1 本場和歌山県日高町の天然クエ鍋 クエの町 和歌山県日高町 和歌山県(日高町)
2 牛すじシチュー鍋 カフェラベル 埼玉県(和光市
3 名取せり鍋 名取市飲食業組合 スズタケ 宮城県(名取市)
4 つがるにんにく塩こうじ鍋 つがる市商工会特産品委員会 青森県(つがる市)
5 東金家康鷹狩り鍋 東金黒豆みそ鍋の会 千葉県(東金市)
6 北海道産サケ・いくらの海鮮「石狩鍋」 北海道石狩市「あき味の会」 北海道(石狩市)
7 とろーり鹿追牛好きリゾート鍋 鹿追町肉牛研究会 北海道(鹿追町)
8 鳥海なめこ汁 秋田かやき協議会 秋田県(秋田市)
9 米沢牛すじトマト鍋 高畠 まほろば鍋愛好会 山形県(高畠町)
10 海のフォアグラ あんこう肝鍋 株式会社 マルショウ食品 宮城県(加美町)
11 武州深谷煮ぼうとう 武州煮ぼうとう研究会 埼玉県(深谷市)
12 札幌スープカレー鍋 株式会社 アクティブ・ケア 北海道(札幌市)
13 日本海カニ絞り特濃 カニみそ鍋 新潟鍋隊 新潟県(新潟市)
14 富山のかにみそ焼かにカニ鍋 鈴家 富山県(滑川市)
15 いわいずみ炭鉱ホルモン鍋 いわいずみ炭鉱ホルモン鍋発掘隊 岩手県(岩泉町)
16 山形和牛ホルモン鍋 山形故郷愛好会 山形県(山形市)
17 三陸石巻ホタテ鍋 海産工房ささき 宮城県(石巻市)
18 牛すじぷるぷるこんにゃく鍋 群馬県 昭和村商工会 群馬県(昭和村)
19 ジャン辛ガンガン鍋 赤平市特産品推進協議会 北海道(赤平市)
20 矢吹野菜ふんだんの塩もつ煮 矢吹ぐるぐるnowker’s 福島県(矢吹町)
21 さくら鍋 馬刺専門店 小山商店 熊本県(熊本市)
22 各務原キムチ鍋 キムチ日本一の都市研究会 岐阜県(各務原市)
23 和光愛たっぷり ポテとま鍋 よろず屋和光×濱松屋 埼玉県(和光市
24 鉄板焼鍋 俺んち亭 埼玉県(鴻巣市)
25 最上納豆汁 最上の元氣研究所 山形県(金山町)
26 狭山の野菜たちと牛すじのピリ辛煮込鍋 新狭山北口商店会 埼玉県(狭山市)
27 親子カレー鍋(チキン爆弾入り) 白子睦会 埼玉県(和光市
28 コラーゲンたっぷり塩ホルモン鍋 朝日堂うまいもん研究会 茨城県(大洗町)
29 山形牛すじ雑煮 尾花沢鍋愛好会 山形県(尾花沢市)
30 秋田キリタンポ鍋 蕎麦ギャラリーSAY 秋田県(秋田市)

▲データ引用元:「ニッポン全国鍋グランプリ2018 来場者投票集計表(1/27~28合算)」

 

 

地元のチームが一番有利?

上の一覧で、2位和光市のチームが入っていて
あとは、5位以下千葉県、埼玉県、茨城県が入っています。

この30位以内には、姫路市はどこにもありません

来年のニッポン全国鍋グランプリは、姫路市で開催されるので、
当然、姫路市からのチームが参戦するでしょう。

初めての参加で、参加要件を満たせ、
うまく鍋料理を作れるかという問題もありますが、

姫路市で数年続けて開催されるのであれば、
一年目で上位入賞が難しくても、
2〜3年後にはおそらく、3位以内に姫路市のチームが入るのは確実でしょう。

その理由は、地元のチームが断然有利だからです。

地元のチームが有利な理由は・・・

  • 来場者の人たちは、地元の人が一番多いので、
    その人たちの味覚では、地元のスープが一番美味しいと感じ、
    地元のチームに投票券を入れる確率が一番高い
  • 地元のチームが、一番、鍋料理の準備がしやすい

しかし、ここで筆者が見落としていたことは、
地元から来た人たちでも、出身地は違うかもしれません。
埼玉県から行った人でも、出身地が大阪なら大阪の鍋料理に
投票してるかもしれません。

そういう可能性もありますが、
おそらく、地元出身が一番多いのではないでしょうか?

 

また、2018年の上位30チームのデータから
関東圏内の都道県のチーム数、割合、
和光市のチーム数と割合を、数値化した一覧を作成してみました。

埼玉県 和光市 千葉県 東京都 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 関東圏内
6 3 1 0 0 1 0 1 9
20% 10% 3% 0% 0% 3% 0% 3% 30%

これをみると、埼玉県が20%と一番多く、
その中に、和光市が3チームで10%も入ってますので、
地元のチームが一番有利になるというのは確かなようです。

関東圏内全体では、30%で上位30チームの約1/3弱が関東チームなのですね。

ただ、2018年の大会では、1位と3位は関東県外のチームなので、
やや公正さが出てるのかな・・・と言う感じもします。

 
 

和光市のチームの参戦の可能性は?入賞は?

逆に、和光市のチームが来年の大会に参加するかと言うと、

  • 参加しても遠方からの参加になり、高い味を保つのが難しくなる
  • 姫路市の人たちの味覚には合わないかもしれない
  • 和光市の鍋グランプリ和光大会に流れる可能性もある

こういう要因があるので、来年の上位入賞は難しいでしょう。

この辺で、
どこの地域から参加しているチームが、上位に食い込むか見てみると、
来年のニッポン全国鍋グランプリの大会が、面白くなってくるでしょうね。

 

 

ニッポン全国鍋グランプリ2017年の結果

2017年の入賞者は、以下になります。

No. 順位 参加鍋名 チーム名 参加地
1 1位 もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁 街づくり市民の会 千葉県八千代市
2 2位 牛すじシチュー カフェ・ラ・ベル/キッチンカウカウハウス 埼玉県和光市
3 3位 家康鷹狩り鍋 東金黒豆みそ鍋の会 千葉県東金市
4 優秀賞 海のフォアグラ あんこう肝鍋 ㈱マルショウ食品 宮城県加美町
5 優秀賞 深谷ねぎと国産牛のすきしゃぶ鍋 チーム錦ヶ原 埼玉県さいたま市
6 優秀賞 牛すじぷるぷるこんにゃく鍋 群馬県 昭和村商工会 群馬県昭和村
7 7位 つがるにんにく塩こうじ鍋 つがる市商工会特産品委員会 青森県つがる市

▲引用元:http://wako-sci.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/2017results.pdf

 

2017年の上位30チームのデータから作成した一覧です。

埼玉県 和光市 千葉県 東京都 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 関東圏内
5 2 2 1 0 1 0 1 10
17% 7% 7% 3% 0% 3% 0% 3% 33%

これでも、関東圏内で10チーム参戦して、
関東チームは30チームのうち 33%でした。

また、2017年は、関東チーム(千葉、埼玉・和光市)が、
優勝、準優勝、3位をしめていました

この年は、関東チームが圧倒的有利な条件で
大会が行われた可能性がとても強いです。

 

2017年と2018年を見た結果

2017年、2018年とも、
関東圏内のチームが断然有利であるのは、明白ですが、

細かく見ていくと、

2018年は、埼玉県のチームが2位に入った以外は、
関東チームは上位3位以内には入れませんでした

その点を見てみてると、
2018年のほうが公平に行われた感があります。

そして、2019年が姫路市と違う場所で開催されることを考えると、

2019年が、より面白い「ニッポン全国鍋グランプリ」になりそうな感じもしてきますね。

 

 

ニッポン全国鍋グランプリの来場者投票集計表

前出の入賞チームのデータは、以下の一覧を参考にしています。

→2018年の順位表「ニッポン全国鍋グランプリ2018 来場者投票集計表(1/27~28合算)」

→2017年の順位表「ニッポン全国鍋グランプリ2017 来場者投票結果

 

 

2019年の大会の予想のまとめ

ニッポン全国鍋グランプリ2019が、
2019年1月26日(土)〜27日(日)に開催される予定ですが、
今ちょうど参戦するチームの選考が行われているところです。

開催地が姫路市になるので、
参戦するチームも、若干変化が出てくることでしょう。

和光市やその他の埼玉県地区、関東地区からの
参戦チームの数は減り、

そのかわりに、姫路市やその周辺の兵庫県エリア、
岡山県、大阪府、京都府、奈良県、和歌山県、
香川県などからの参戦チームが増える可能性があります。

上位に入賞するチームには、
姫路市チームが少なくとも1チームはあり、

その他、関西や岡山県などからのチームが、
上位に食い込んでくるかもしれません。

自分の出身地の鍋を食べたい人も、
違う地域の鍋を食べてみたい人も、

一杯食べて楽しみたいですね!

 

楽しいニッポン全国鍋グランプリを過ごしてください!

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-イベント・記念日・暦, 花火・祭り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

長崎ランタンフェスティバル2019!駐車場や会場の場所は?

皆さん、こんにちは。 長崎とランタンといえば、長崎ランタンフェスティバルですね。 このときは、長崎市内のいたるところにランタンが設置され、 中国雑技やその他、いろんなイベントが行われます。 そして、こ …

さいたま新都心けやきひろばイルミ2018-2019!開催日時や見どころは?

  皆さん、もうすぐクリスマスが近づいてきますが クリスマスといえば、やはり、イルミネーションですね。 埼玉エリアでは、やはり、 さいたま新都心けやきひろばのイルミネーションが知られています …

十五夜だけでは片月見。旧暦9月13日の十三夜はどんな月?2017年はいつ?

秋は月を愛でる最高の季節。お月見は中秋の名月だけではありません。旧暦9月13日の十三夜のお月見「後(のち)の月」の風習と、江戸時代に流行した「月待ち行事」について、ご紹介します。   目 次 …

豊橋祇園祭2018!日程や花火大会の時間・見どころ・穴場は?

皆さん、こんにちは。 もうすぐ、暑い夏がやってきますが、 夏の花火は、何処に行くかもう決めていますか? やはり、地元の花火に行く人が多いでしょうね。 豊橋といえば、豊橋祗園祭とよはしぎおんまつりが有名 …

福岡空港のイルミネーション2018-2019!開催期間や点灯時間は?

皆さん、こんにちは。 季節も寒くなってきて、もうすぐ冬が来ますよね。 冬といえば、 イルミネーションが美しい彩りをみせてくれますが、 福岡でのイルミといえば、 やはり福岡空港のイルミネーションではない …

スポンサードリンク