政治 時事問題

日本の沖縄戦とは何だったのか?沖縄県民の被害者は?

投稿日:2017年8月24日 更新日:

 

皆さん、沖縄戦ってご存知でしょうか?この戦争は、第二次世界大戦の最後の頃に、沖縄でアメリカと日本との間でおきた戦争です。

今回はこの戦争について調べた内容を書いてみたいと思います。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

沖縄島へ米軍が侵攻

 

この戦争は、1945/3/26から6月半ば過ぎまでおきた戦争でした。日本は、この戦争で、沖縄の市民たちを守るために必死でした。米国軍に本土に攻め込まれるのを防ぐために戦った戦争でした。

 

日本軍兵士の数

日本軍は、陸上では約116,000人であり、そのうち、本土からの兵士の数は50,000でした。海軍陸戦隊から3000人、日本軍の後方に20,000人がいました。そして、残りの35,000人は沖縄県民でした。

県外では、さらに、30,000人が招集

ということで、合計65,000人の人たちが沖縄から兵士として参加していて、実質、沖縄島にはほとんど青年たちはいませんでした。

 

 

 

米軍は沖縄島を分断

しかし、米軍は、3/26~4/1の1週間、約40000発の砲弾を島に打ち込み、4/1、沖縄島の西海岸の北谷村・読谷に来ました。

それから、1日~2日の間に、石川・泡瀬方面の東海岸に進軍して、沖縄島を二分しました。

さらに、4月5日頃、宜野湾村宜野湾より北側の中部の地域を制圧しました。

米軍は日本軍の司令部がある首里にむけて北上しました。

4/7頃、米軍は首里へ集中攻撃を開始しました。ここで、40日間、日米が攻防を繰り返しました。

日本軍の大半が壊滅状態の打撃を受けて撤退しました。

日本政府は、8/14にポツダム宣言を受諾し敗戦を認めました。しかし、米軍は伊江島も21日には占領してしまいました。

 

 

Sponsored Link

 

 

沖縄戦で出た被害者の数

・日本の負傷者数は 188136人
・県外から来た兵士で亡くなった人たちの数は 65908人
・沖縄県出身の人たちで亡くなった人たちの数は 122228人
・そのうち、民間人が 94000人

これからみて、この戦争がいかに悲惨であったか、そして、沖縄の市民達の被害数が第二次世界大戦中最も多かった闘いでした。

他のサイトでは、日本軍兵士が市民たちを殺害したことも書かれていますが、実際に良くしらべてみると、生き残った人たちの証言では全く話が違うようです。そのことについて別記事を書きましたので、こちらも御覧ください。

 

まとめ

 

沖縄戦とは、米軍が日本を攻めるために島を拠点として利用するためでした。

しかし、日本の降伏後も、戦争が続いたことは、間違っていると思います。

そして、無残にも沖縄県民の多くの人たちがなくなってしまったというのは、悲しいことです。 このような戦争が二度とないように、日本政府は、戦争をしない政策を展開していくべきです。

そして、アメリカの駐留軍を日本から全て撤退させなくてはいけません。

 

参考サイト:

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-政治, 時事問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北朝鮮のミサイル発射の目的は?

最近、北朝鮮がミサイルの発射テストを繰り返しており、日本のマスコミは北朝鮮の脅威をクローズアップした記事を書いています。そして、皆さんは、北朝鮮のミサイル発射が何の目的によるものなのか、と疑問に感じて …

北朝鮮のミサイル発射に対する避難訓練は必要なのか?

7/4に、北朝鮮がミサイルを発射しましたが、 それに関する日本の報道は、 北朝鮮のミサイルが日本にもし来たら危険だとか、 安全保障上非常に問題だとか、 危険なことばかりを強調していて、挙句の果てには、 …

北朝鮮がグアムの近海にミサイルを発射する計画を立てた理由は?!

北朝鮮がグアムにミサイルを発射する計画を立てたといった理由は、何でしょうか?それはグアムに何があるかということになります。 今回はそのことについて書いてみたいと思います。また、グアムの島というのが何故 …

北朝鮮が弾道ミサイル発射!北海道上空通過!?その危険性は?

北朝鮮が、8月29日のAM5:58頃に、弾道ミサイルを一発だけスナン地区から発射しました。 安倍晋三首相は、これまでにない深刻かつ重大な脅威と述べたが、本当はどういう状況だったのだろうか。そして、安倍 …

ベーシックインカムの導入国やメリット・デメリットは?日本で導入するか?

ベーシックインカムは 18世紀末に社会思想家トマス・ペインが提唱した制度です。 しかし、本格的に国レベルで ベーシックインカムを導入している国はないようですが 最近では、ヨーロッパのいくつかの国で検証 …

スポンサードリンク