政治 時事問題

北朝鮮が弾道ミサイル発射!北海道上空通過!?その危険性は?

投稿日:2017年8月29日 更新日:

北朝鮮が、8月29日のAM5:58頃に、弾道ミサイルを一発だけスナン地区から発射しました。

安倍晋三首相は、これまでにない深刻かつ重大な脅威と述べたが、本当はどういう状況だったのだろうか。そして、安倍首相のその発言が意味するのは何なのか・・・について書いてみたいと思います。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

ミサイルの飛んだコース

このミサイルは、長距離弾道ミサイルで、北海道上空を通過して、北海道の襟裳岬の東方約1180キロ離れたところの太平洋に落下しました。日本領域内には何も落下しなかったようです。

韓国軍によると、ミサイルは2700km飛行して、550kmの高度まで達したらしいです。

このコースは、前回北朝鮮が発言したようなグアム沖の海を目標にはしなかった。これはトランプ政権への配慮も感じられる撃ち方だ。

 

安倍首相の発言とおかしな点

首相は、事前に通告せずに上空を通過したので、従来とは全く違う意味で極めて深刻度が高いと発言しました。

しかし、北朝鮮は1998年8月にも、事前に通告せずに人工衛星の打ち上げと言って、長距離弾道ミサイル「テポドン一号」を発射しました。
このミサイルは日本上空を通過して、三陸沖の太平洋に落下しました。この時、北朝鮮は初めて日本の上空を通過するミサイルを発射したのです。

ですので、日本上空を通過するのは、今回が初めてではなかったのです。

 

今回のミサイルを含めて日本上空を通過したのは、これまで合計5回になります。

 

Sponsored Link

 

ミサイルは危険だったのか?

それでは、深刻かつ重大な脅威と言うには、そのミサイルが大変危険でなくてはいけませんが、

小野寺防衛大臣は、日本に飛来する恐れがないと判断したので、そのミサイルを破壊する措置を採らなかったと述べています。

防衛省や自衛隊は、北朝鮮がこのミサイルを発射した時の様子をレーダーを使用して確認していたようです。しかし、日本にむけて飛来する危険性がないと判断したので、このミサイルの破壊措置は採らなかったようです。

そして、日本の弾道ミサイルの防衛システムについて言うと、イージス艦に海上配備型迎撃ミサイル「SM3」が搭載されていますが、これは大気圏外でミサイルを狙い撃ちします。このミサイル迎撃で撃ち落とせなかった場合は、ミサイルが低高度を飛来している時に配備型迎撃ミサイル「PAC3」で破壊することになります。

しかし、PAC3の最高飛行高度は、垂直距離で15km、射程距離は並行距離で20kmだけなのです。これでは、今回の北朝鮮のミサイルには当たりません。実際には、中距離対空ミサイルのレーダーによる最大ロックオン可能距離は、50~60kmとくらいだと言われていますが、それにしても、撃てない距離であり、それはつまり日本に危害を与えないほど遠くへ飛んでいったのです。

また、このミサイルはグアム沖を目標にしなかったというのも重要です。これはつまり米国にとって脅威ではなかったといえます。ということは、日本が1人だけ脅威だと言い張っているようです。

 

結論

なので、
安倍首相の「これまでにない深刻かつ重大な脅威」という発言は

「これまでにもあった深刻でない、全くとるにたらない無視できる程度のミサイル発射であり、脅威では全くありませんでした」

が、本当の事実だと思います。

なのに、安倍首相は何故、北朝鮮のことを脅威と言い続けるのでしょうか?

それは米国にそう言えと言われてるんだと思います。

それは、アメリカ軍が必要だと日本市民に思わせるのが一番の目的なように思います。

そして、米国と日本と韓国が北朝鮮のミサイル発射を非常に危険視して、過敏な反応の仕方をしているのが、非常に危険だと思います。

これは軍事的な動きに流れやすい傾向を生みます。日本の安倍首相がしっかりしないといけませんが・・・。今後の日本政府の動向を注意して見守らなくてはいけませんね。

 

参考URL: なぜ北朝鮮のミサイルは“これまでにない脅威“で、迎撃しなかったのか 政府の説明は

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-政治, 時事問題
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北朝鮮のミサイル発射に対する避難訓練は必要なのか?

7/4に、北朝鮮がミサイルを発射しましたが、 それに関する日本の報道は、 北朝鮮のミサイルが日本にもし来たら危険だとか、 安全保障上非常に問題だとか、 危険なことばかりを強調していて、挙句の果てには、 …

北朝鮮の脅威増大で中国・ロシアに責任転嫁する米国〜その本位は制裁?戦争?

北朝鮮がミサイル発射の実験を継続している中で、アメリカがロシア、中国に対して北朝鮮のミサイル開発の責任をなすりつけています。 一体、アメリカは何をしているのでしょうか? そこで、北朝鮮以外の国々、アメ …

北朝鮮のミサイルで支援している支援国はどこ?

北朝鮮、ICBMの発射実験に成功と発表の 記事からもわかるように、 北朝鮮は7/4の9:40頃に日本海に向けて 大陸間弾道ミサイルを発射したと報道されました。 ここで、疑問に思うのは、 北朝鮮がミサイ …

沖縄戦で日本軍は沖縄の人々を命をかけて守ろうとした!

壕から出てきた避難民   いろんな資料で沖縄戦をしらべても真実は何故か良くわからないところがあります。そのわからないところというのは本当に日本軍兵士が沖縄県民を無残なやり方で殺したのだろうか …

北朝鮮に米国が最初の攻撃をしかけるのを防ぐのはどこの国か!

北朝鮮がミサイルのテスト発射を繰り返す中、 米国のトランプ大統領はついに戦争もありうると発言しました。 そして、アメリカ人の北朝鮮への渡航を9月1日から禁止し、 北朝鮮国内の米国人にそれまでに出国する …

スポンサードリンク