イベント・記念日・暦 生活

出雲伊波比神社のやぶさめ行事で何をするのか?

投稿日:2017年9月10日 更新日:

皆さんこんにちは。

結構自然豊かな神社に行って昔由来の行事を見るのって良いですよね。皆さんも多分、そういうのを観て自然と文化を満喫されてると思います。

今日は、出雲伊波比神社(いずもいわいじんじゃ)のやぶさめという行事についてご紹介します。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

■出雲伊波比神社(いずもいわいじんじゃ)

古代に心ひかれる「流鏑馬(やぶさめ)」で有名な神社です。場所は、埼玉県入間郡毛呂山町にあります。

社格

神社には社格(しゃかく)というものがありますが、これは神社の格式であり、昔、朝廷などにより決められました。

出雲伊波比神社の旧格式は、郷社でした。

近代の社格制度は、おおきく「神宮」「諸社」(民社)「無格社」(社格がないものだが神社明細帳にかかれているもの)とわかれていて、出雲伊波比神社は諸社にあたり、郷社に該当する神社は日本全国で3,633社あります。

この神社は重要文化財に指定されています。

埼玉県内で、流鏑馬が行われるのはこの神社だけです。とっても貴重な神社ですね。

 

■流鏑馬(やぶさめ)ってなんだろう?

流鏑馬とは、馬に乗って走りながら的に弓矢(鏑矢(かぶらや))を射(い)る、日本の古来から伝わる騎射(きしゃ)の技術やその稽古・訓練、そして、それに関係する儀式のことを総称していいます。

ですので、出雲伊波比神社はその流鏑馬で有名な神社ということです。

場所は埼玉県入間郡呂山町です。

やぶさめには、流派によるものや、保存会が行う地元の儀式、また、愛好家が行うスポーツ競技などがあります。

出雲伊波比神社では、地域の祭りとして950年以上前から続いているのです。

 

■流鏑馬

この神社のやぶさめは、1063年(康平6年)に源義家が奉納したものが始まりだと言われています。

今は、春と秋の二回この行事が行われていますが、春は七歳未満の男の子が馬に乗り、弓矢を一回だけ射る儀式をしています。

本格的なやぶさめをご覧になられたい方は、ぜひ、秋の儀式を見に行かれるのをお薦めします。

秋の儀式では、15歳前後の男子が馬に乗り、祭礼区毎に1頭ずつ、3頭の馬が参加し、三回の騎射が行われるのです。

毎年、9月~10月下旬にかけて、祭具作りが行われたり、馬小屋や祭具を準備したり、馬場結い(=馬場を整理する)も行われます。

 

【参考】 馬場

馬場とは、馬を走らせる場所と書いて、馬用の直線コースのことです。長さは、約218mあります。

進行方向に向かい左手には、コースから15mほど離れたところに3つの矢を射るための的が用意されています。
的の高さは約2mくらいです。

矢を射る人(射手)は狩装束(かりしょうぞく)を着て、馬を走らせながら連続して矢を射ます。

素人から考えると、馬を走らせて自分が動いてていて、体も上下に動いている時に的に弓矢を当てるのは相当難しいだろうと感じます。

 

Sponsored Link

 

■稽古

10月下旬から10月31まで、稽古をします。

10月下旬に、馬主が祭り用の馬を出雲伊波比神社に送ってきます。そして、乗り子が馬にのりまずは儀式をする馬場で馬を走らせる稽古を始めるんですね。

そして、祭り用の馬を川に入れて洗ってあげ馬を清めます。
この日から約1週間の間、乗り子は朝早く馬に乗って訓練をするのです。

近くに住んでおられる方は、この様子も見ようと思えばみられるのではないでしょうか?

10月31日は、稽古じまいです。

 

■行事はやぶさめの前から始まっている

やぶさめ行事は、実は、その2日前からいろんな行事がおこなわれています。

11/1にノッコミという行事があります。祭り用の馬が本陣毛呂本郷の的宿に行きます。
この日から馬に乗る子供達(乗り子)が的宿に泊まります。

11/2には、朝早く、神社の参道に大きい旗が設置されます。

また、早朝から前久保地区から奉納された米をふかして、予め炒った大豆と一緒に焼米を作るそうです。この焼米を乗り子達やその一行の人たちに食べさせてあげます。

出雲伊波比神社とかかわりの深い越辺川の重殿淵に、的宿から一行は行き、行事がうまくいきますように…と思いつつ、参拝をします。

 

■開催日:11/3(文化の日)

朝的:9:00am~10:30
夕的:2:30pm~5:00pm

11/3の未明には、的宿で餅つきをします。この餅には、行事の最中に人々に撒くお石と呼ばれる餅の他に、お供え用の餅、また、典子と矢取りに配る力餅、そして3頭の馬の背中に入れる用の力餅などがあり、また、神様にも供えられます。

(1)朝的で何をするのか?

朝的では、神主が馬場と的を清め、乗り子が馬に乗って、馬場を一往復します。(陣道と呼びます)
陣道のあと、各馬から順番にスタートし、一回ずつ弓を射ます。
躍動感あふれる馬に乗る乗り子が、弓をもち、引いて、的を見つめながら思いっ切り射ます。
その後、ムチを持って馬を2回走らせるのです。

 

(2)夕的で何をするのか?

朝的とは違い、夕的では乗り子達は、色鮮やかな正装をして馬に乗り一往復します。
この色鮮やかな正装をはじめて見る人たちは感動すると思います。

そして、3人の乗り子の中で、リーダーの1の馬が、1の的に一回だけ弓を射ます。
この時、観客たちは心の中で今年の希望や夢が実現されるように祈りながらこの騎射を見つめるのです
これはがんまとうと呼ばれ、地域の人たちの願いを神様に伝える儀式です。

これが終わると、乗り子達は、陣笠と陣羽織を身に着けて、陣道(馬場を一往復する)をします。

その後、乗り子達は、1の馬から順番に、矢的、センス、ムチなどの芸を馬に乗りながら披露するのです。

馬とは関係ありませんが、みかん投げや餅まきなども行いますので、お好きな方はとるのもいいでしよう。
中にはみかんと餅をもらうのが楽しみで来る人たちもいるようで・・・。

その後、ムチをもって騎乗を日暮れまで続けます。

 

■開催場所

出雲伊波比神社と、その周辺地域になります。
住所:埼玉県入間郡毛呂山町岩井西5丁目17番地1

 

■アクセス

当日は開場の近くは非常に混雑しますので、車でお越しになるのは避けて、公共の交通機関をご利用ください。

最寄り駅:
(1) 東武鉄道・越生線の東毛呂駅下車
徒歩11分

(2) JR東日本・八高線の毛呂駅下車
徒歩5分~10分

車:
・関越高速道「鶴ヶ島I.C.」~15分
・首都圏中央連絡自動車道圏央「鶴ヶ島I.C.」~15分

 

■駐車場

有ります。無料です。

 

■トイレ

有ります。

 

■問合せ

049-295-2112
毛呂山町役場
産業振興課 商工観光係

 

問合せは、こちらのサイトを御覧ください。

参考URL:
出雲伊波比神社の流鏑馬まつり
出雲伊波比神社
流鏑馬
流鏑馬行事

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-イベント・記念日・暦, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天孫降臨と三大神勅の意味とは?

(▲)高千穂   バイオレットが「日本の収穫祭、新嘗祭(にいなめさい)と大嘗祭」という記事を書きましたが、それを読んでいると、日本の稲作と天孫降臨というのが深い関係があるのではないかと思いま …

バレンタイン2018ガレーチョコの紹介!販売店は?予約は?

★提供:https://goo.gl/qSg1vj 皆さんこんにちは。 バレンタインデーのチョコレートは もうどこにするか決めましたでしょうか? 多分いろいろと悩んでいる人が多いでしょう。 今まで彼氏 …

耳鼻科で副鼻腔炎と診断でBスポット療法をしてもらった

  今年の冬の風邪 私の働く事務所は凄く寒くて、エアコンとファインヒータをずっと使っていました。そのせいか、今年の冬は、喉の調子が悪く病院に長い間通わなくてはいけなくなりました。 今日は、そ …

岩槻人形とは?その歴史~人形供養の仕方、そして、岩槻人形供養祭について

※▲岩槻駅前のお店「曽根人形」の方に販売で展示してある 人形の写真を許可を頂いて撮影   岩槻城址公園で行われる人形の町~岩槻の伝統行事「人形供養祭」とはどんなものなのかと思い、調べてみたも …

72時間ホンネテレビ!見逃した人必見!ダイジェストPART6!

★提供:AbemaTV   さあ、皆さん、こんにちは! この記事は「72時間ホンネテレビ!見逃した人必見!ダイジェストPART5!」の続きです。まだ、前の記事を読まれてない方は、そちらを先に …

スポンサードリンク