生活 神社・仏閣

むすびの働きは?縁結びは?君が代に隠された意味とは?

投稿日:2017年9月15日 更新日:

映画「君の名は。」で、「むすび」という日本古来の生命観がでてきました。「むすび」の意味を掘り下げてお伝えします。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

「むすび」とは

神道の根本思想に「むすび」という重要な概念があります。

語源的には、「産むす」という、

「自然発生的に生まれる」という意味の言葉に、

「霊(ヒ)」がついたものです。

もともとは、「むすひ」といいました。

漢字では、「産霊」「産巣日」「産魂」「産日」
などで あらわされます。

「霊」は、「霊魂」の意味と、
あらゆる生命活動の源力、創造の力でもあります。

「むすび」とは、
あらゆるものの奥に宿る、
霊妙な働きのことをいい、

単純に、
あるものがあるものと合わさって、
新たなものが生まれることです。

「縁結び」の語源も、 「むすび」です。

人間が口から取り込んだ食べ物も、
体内で「ムスビ」の働きをして、
生命活動の維持に貢献します。

映画では、
ヒロイン姉妹が口に含んで吐き出した
「米」が発酵して「お酒」になりました。

そして、彼女たちがこの世を去った(と思われた)後も、
むすびによって生まれたもの、
魂が形を変えて残っている・・・

時間のむすびや、むすびにおける、
生命(魂)の連続性も描かれていました。

むすびには、
新しいものを産み出す力と、循環していく永続性があります。
宇宙そのものの働きです。

植物の光合成、動物の腸内細菌の働き、
人の縁や、仲間の結束、男女の和合・・・

「むすび」の働きはじつに、深遠で、広大無辺です。

 

Sponsored Link

 

縁起とむすび

「縁結び」は、
仏教の「縁起」と、神道の「むすび」が合わさった
陰陽調和の素晴らしい言葉です。

「むすび」には、
新しく生み出されるという意味の他に、

「絆」のムスビ直し、
もともとある切れない縁を改善して、
新たな関係性に生み変える、
という意味もふくんでいます。

人間の魂は生まれ変わりして、
新たな「むすび」をするために、
輪廻をくり返しているともいえます。

神道では、人間は神の「分霊」を宿す、
尊い存在です。

人間ひとりひとりが、幸福に生きる約束を、
神さまと取り結んだ証です。

「分霊」は胸の真ん中にいただいていて、
その神(ハイアーセルフ、高次の自己ともいう)とは、
「霊柱(ひばしら)」でつながっているとも、
魂の緒(たまのお)で結ばれているともいいます。

これも、「むすび」です。

一方で、仏教には「縁起」の思想があります。

あることが縁となり原因となって
その結果が起きること、です。

縁は、関係性のことで、
あらゆるものの関係性には、
原因と結果の法則があるということです。

その厳然とした法則にしたがって、
それぞれの縁がつながって作用している中に、
現在の自分が存在しているのです。

そのつながりを切ってしまうことは、
存在しなくなる、ということです。

はじめて起きたことではなく、
もともと、「つながっている」「結ばれている」
ところから生じたものなので、

ご縁を大切にして、
それを良い「むすび」に変えていく努力に、
神仏の加護や、霊妙な力が働きます。

「縁結び」は、
原因と結果、過去と現在、現在も進行している未来、

「未来に受け取る現実」が日々つくられている、
という意味をふくむ言葉なのです。

 

君が代の「君」と「むす」

「君が代」の歌詞にある「苔(こけ)むす」の「むす」も、
「むすび」と同義です。

君が代は

千代に八千代に

さざれ石の 巌となりて

苔のむすまで

この「君」は、日本の君主である「天皇」で、
天皇の長寿と、
その御代(みよ。=天皇の治世)が永く繁栄することを祝う歌とされてきました。

古来より、万人に何度も詠唱される(抑揚をつけて歌われる)歌には、
多重に意味が込められているものです。

君が代の「君」は、
特定の個人をさすものではなく、
「成熟した男女」とする説があります。

陰と陽、女と男は、万物を生む、
「むすび」の原理ですから、

「君が代」を「むすび」に基づいて解釈すると、
「君が代」に込められた、
「言霊」の発現になるのではないかと思います。

例として、一つご紹介します。

『(男と女で構成される)世の人びとは、

はじめは、お互いがばらばらで、
小石だったものが、

長い年月をかけて結合して岩となるように、

すべてのはじまりの、もとになる代です。

千年も万年も、
生まれ変わってその「むすび」を繰り返し、

岩の上に苔が生えて、
地上が永遠の緑におおわれるまで、

堅い絆で結ばれていきましょう。』

こうしてみると、
国歌のとらえ方が変わりますね。

「君が代」にとどまらず、
ものごとの現象を「むすび」でとらえると、
新たな視点を得られるかもしれません。

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-生活, 神社・仏閣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ホワイトデー2018デメルチョコやクッキーの紹介!店舗は?

提供:デメル   皆さん、こんにちは。バレンタインのプレゼントをもらって、 そのお返しはもう決まりましたか? 多分、まだ決まってない方のほうが多いでしょう。 単純にお返しといっても、どんなも …

72時間ホンネテレビ!見逃した人必見!ダイジェストPART2!

  ★提供:AbemaTV公式 YouTube   皆さん、こんにちは。この記事は、「72時間ホンネテレビ!見逃した人必見!ダイジェストPart1!」からの続きです。まだ、読んでな …

革靴の雨染みの手入れ!クリーナーと石鹸で綺麗に落ちる方法!

皆さん、こんにちは。 外出してから、突然雨が降ってきて その日に限って革靴だった、ということありますよね。 そういう時に、靴が濡れてしまい 自宅で乾かした人はたくさんいると思います。 乾燥させた後も、 …

バレンタイン2018スヌーピーチョコの紹介!販売店は?!

皆さんこんにちは。 2月14日は聖バレンタインデー。 貴方の気持ちをこめたプレゼントを添えて、貴方の大切な人…家族や友達、恋人…に、日頃の感謝や言えなかった大切な言葉を伝えてみませんか? バレンタイン …

読書感想文の小学生用書き方のコツ!視点・構成・付箋の貼り方は?

皆さん、こんにちは。 夏の宿題といえば、読書感想文と言えるほどに 毎年、この宿題は出てきます。 そして、何回書いても、頭を悩ませてしまいますよね。 小学校の生徒さんで、特に、低学年のお子さんの場合 読 …

スポンサードリンク