健康 生活

耳鼻科で副鼻腔炎と診断でBスポット療法をしてもらった

投稿日:2017年7月12日 更新日:

 

今年の冬の風邪

私の働く事務所は凄く寒くて、エアコンとファインヒータをずっと使っていました。そのせいか、今年の冬は、喉の調子が悪く病院に長い間通わなくてはいけなくなりました。

今日は、その通院から発見した新しい事を書いてみたいと思います。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

喉の調子が悪くて病院で診断

 

会社でずっとエアコン使用して、しかもプレハブで寒くて、喉の奥に鼻からどろっとした鼻水が落ちてくる症状になってしまい、それがずっと続くようになってしまいました。

それで、ある時、総合病院に行ってみました。

そこの先生に数週間通い、三週間目に、最初から飲み続けていた抗生物質を処方しましょうと言われたわけですが、私は、その症状、つまり、ある箇所が悪いのかどうかはっきりしないのに、その薬を飲み続けたくないと言いました。抗生物質を長期で飲むと耐性がつくのではないかと思ったのです。

先生は、それならば、MRIで撮影して、実際何処が悪いのかみてからそれにあった薬を処方しましょうと提案され、MRIを後日とることになりました。

そして、MRI撮影したら、先生は鼻のところをゆびさして、「これは蓄膿の可能性がありますね。耳鼻科に行くのをお薦めします。近場の耳鼻科をご紹介しますので、早速行ってみてください。」と言われたのです。

私は、蓄膿と言われ少しびっくりしました。しかし、仕方が無いなと思い、近くの耳鼻科に行く事にしたのです。

 

一つ目の耳鼻科

総合病院で紹介してもらった耳鼻科の病院に行きましたが、そこの先生は、これは蓄膿でも何でもないと言われたんです。どこも悪くはありませんよ・・・と。

なんで?と私は思いました。

確かにMRIの写真には、鼻の奥の中の空洞部分に白い影がうつっているのに、何故、どこも悪くないと言うんだ? と思いました。
結果として、その先生は、総合病院で処方された薬と同じ薬を処方したんです。

私は納得がいかず、また別の耳鼻科を探しました。ネットで探すと、ある耳鼻科に行き着いた患者さんの感想が書いてあるのを見つけました。その感想文を読み、その耳鼻科が良いかもと思い、そこへ行くことにしました。

 

二つ目の耳鼻科

その病院の先生は、私のMRIをみて、「これは後鼻漏ですね、又は、副鼻腔炎とも呼ばれています」と説明し、そのチラシを私にくれました。

「まだ軽度の症状なので抗生剤を飲めば良くなりますよ。」

そして、先生は私の喉と鼻の境目の辺りに、綿棒で何かお薬を塗ったんです。少しひりひり感がありました。あとで知りましたが、それは、塩化亜鉛をしみこせていたのです。

病院を出たあとも数時間はヒリヒリしていましたが、次第にそのひりひり感は消えてしまいました。

そして、薬を飲んでいくと、その症状も次第に軽くなっていき、また、病院に行きました。

今度は、先生は、なんか特殊な器具を喉の奥に入れていき、パチパチパチと音を数回出しながら、電気的な刺激を喉の奥に与えたんですね。

これもそのBスポット療法関係の治療かなと思いました。今までに経験したことがない治療なので少しびっくりしましたが、変わってるな・・・と思ったくらいです。

でも、この治療法で風邪というか、副鼻腔炎からひどい風邪に進展もせず、よくなりました。

この治療法を、先生はBスポット療法と言われてました。

 

 

Sponsored Link

 

 

3つめの耳鼻科

また、この病院が閉まってる日に、どうしてもBスポット療法をしてもらいたくて、ネットで調べた別の耳鼻科に行きました。

そこで、先生がニコッと笑って「では、Bスポット療法を初めましょうね」と言いました。

私が口をあけると、先生は、おもむろに綿棒を私の口にいれ喉の奥に薬を塗りました。

その時の激痛と言ったら・・・頭の上に突き抜けるような感じで痛みが走り、これは一体何なんだ!と、思わず、椅子の手持たれを手でがっしりと掴み、その痛みがはやく終わらないかと思いながら、まだ終わらないのかと思いながら、待ってました。先生の手の動きが一回転したので、(「はーもうすこぐ終わる・・・」)と思ったら、先生は、さらにその綿棒を一回転、そして、また一回転させたんです。あまりの痛さと息が出来ないので、窒息するかと思いました。

こんなに痛いのか?と私は思わず信じられなくて、治療が終わったあと、先生にかすれた声で礼を言って、控室に出ました。

実は、医師によって、この塩化亜鉛の濃度が違ってるらしく、私は全くそのことを知りませんでした。

 

Bスポット療法って何?

このBスポット療法を最初に発見した人は、堀口申作(S59, 「Bスポットの初見」という本を出版)という先生でした。

この先生は、1%の塩化亜鉛で治療されたらしく、他の先生では2%を使用する人もいるそうです。

私が普通行く耳鼻科の先生は、そんなに痛く無いので、多分、0.5%ぐらいに抑えて使ってるのではないかと思います。これでも、十分効いてるので、深刻な病気ではない限り、ここの先生の方がいいですね。

この治療法は、塩化亜鉛を上咽頭患部と呼ばれる箇所に塗るそうです。ちょうど、喉の奥が鼻の穴に繋がる裏側のところというのか。

先生は、鼻の穴から綿棒のようなものをいれて、まず塩化亜鉛を塗り、それから、口のほうからも綿棒を入れて塩化亜鉛をまた塗ります。私の場合、凄く痛かった時は、炎症があったからでした。菌に感染していたということなのでしょう。

もう、ここの治療が凄く効くんで、これからは風邪をひいたら絶対にこの病院しか行かないと決めました。

あの、凄く痛いほうの病院に行く時は、先生に、0.5%の塩化亜鉛を塗ってほしいです、と事前に言います。そうしないとまた痛くてたまらなくなるから・・・。

 

自分流のうがいの仕方

そして、このBスポット治療法から私は自分流のうがいの仕方を考えついたんです!

その方法は、簡単なんですけど、塩水でうがいをすると、普通はなかなか口の奥まで塩水が行き届かずあまり効果が出ないことが多いのですが

私はうがいをするとき、舌を口の外に出した状態でうがいをするようにしたんです。舌を外に突き出すと、自然と喉の奥が広がるので、塩水が鼻の裏側の方まで届くんです。あまりやりすぎると塩水を飲んでしまうので気をつけてください。

このやり方でうがいをしてると、風邪もそんなに酷くなりません。ひきはじめの時、喉が痛いな・・・とおもったら、舌を出してうがいをすると良いと思いますよ。

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-健康, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホワイトデー2018!デルレイチョコの紹介!予約や店舗は?

提供:twitter   皆さん、こんにちは。2月のバレンタインデーのお返しは、もう何にするか決まりましたか? 仕事も忙しいし、何をあげてよいのかわからない、と悩む男性たちは沢山いるでしょう …

豊橋祇園祭2018!日程や花火大会の時間・見どころ・穴場は?

皆さん、こんにちは。 もうすぐ、暑い夏がやってきますが、 夏の花火は、何処に行くかもう決めていますか? やはり、地元の花火に行く人が多いでしょうね。 豊橋といえば、豊橋祗園祭とよはしぎおんまつりが有名 …

うぶすなと産土神社について

パワースポットや御朱印ブームで見落とされがちな、ふるさとの神社「産土神社」について、ご紹介します。 目 次1 産土(うぶすな)とは2 日本に神社が多い理由3 産土神社(うぶすなじんじゃ)とは4 産土神 …

レイ・カーツワイルが予測する未来から考える!人工知能(AI)の未来は衝撃的!

最近、Facebookをみてますと、レイ・カーツワイルや人工知能の話が良く出てきます。 とっても興味が出ましたので、 彼が考えた技術的特異点からAI(artificial intelligence/A …

川口市の温泉スパヌサドゥアに行って檜風呂でいい湯だな~

皆さんこんにちは。 今日はちょっとすごいローカルな話題で行きたいと思います。埼玉県川口市に気軽に入れる温泉があってですね、スパヌサドゥアというかっこいい名前なんです。英語名は Spa Nusa Dua …

スポンサードリンク