ウィルス・ワクチン 健康

新型コロナウィルスのワクチンの安全性は?Geert Vandenが警告!

投稿日:2021年4月22日 更新日:

 

最近、新型コロナウィルスのワクチンが日本にも輸入され、ワクチン接種が開始されました。

身の回りの人たちにワクチンの安全性について聞くと、「大丈夫」と思ってる人たちがほとんどのようです。

そこで、世界的なワクチン開発の権威者であるGeert氏のビデオの内容を紹介し、新型コロナウィルスのワクチンの秘密に迫ります。そして、ワクチンへの対処法、現在わかってるワクチン接種後の死者数、コロナウィルスは怖くないか、について調べたことを紹介していきます。

注)この記事は私が新型コロナウィルスワクチンについて私が調べたことを紹介するためのもので、ワクチン接種をしないでください、とお願いするものではありません。ワクチン接種をする・しないは、あくまでもご自分で判断して決めてください。

関係記事

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

新型コロナウィルスワクチン開発の権威者Geert Vandenが警告!

世界的なワクチン開発の権威者であるGeert Vanden Bossche氏が、新型コロナウィルスのワクチンが危険であることを人々に伝えようとしているビデオを見ました。

それがこちらです。▼

 

新型コロナウィルスワクチン!Geert Vanden Bossheのビデオの内容は?

Geert Vanden Bosshe氏のビデオは英語ですので、その内容の一部を最初に英文で紹介し、次にその説明を紹介します。

 

▼以下、英文です。英文を読まない人は
日本語訳に進んでください。

【英文】

()Something gigantic has happened this week. There is a world renowned Vaccine creator that went on his … in. He put out a letter to every single professional in the world, essentially telling them we must stop the vaccination program immediately.

This man could not be more pro-vaccine. In fact, he may be one of the most highly ranked and talented vaccine creators in the world.

Let’s take a look at the resume of the man screaming at the top of the mountain right now;

This is Geert Vanden Bosshe, PhD, DVM.

He was at GSK Biologicals, a senior project leader for Adolescent vaccine projects, new biotech vaccine development and QC-QA manager, and a head of adjuvant technologies and alternative deliveries, R&D. And, at the Novartis Vaccines & Diagnostics, he was the director research program leader and head of adjuvants. At Solvay Biologicals, he was the global project director of influenza vaccines. For the Bill & Mellinda Gates Foundation (BMGF), he was the senior program officer of global health, and vaccine discovery. For Global Alliance for Vaccines, and Immunisation (GAVI), he was the program manager. And at UNIVAC, he was the chief innovation & scientifc officer. He was also at the German Centre for Infection Research head of the vaccine development office, and at Vareco, he was the managing director.

()This guy is anything but … He is as pro-vaccine as you can get. Yet there is something that has got him terrified. 

He did an interview. I think this interview is so perfect. Then I’m gonna do something we rarely do here on the high wire. We’re going to go through the interview as it appeared. But Let us walk through what I believe may proved to be the most important interview.

(Interview starts.)

()The fact is that is long-lived antibodies, which are high specity of-course. For the virus, they outcompete our natural antibodies. Because they are natural antibodies, they have a very broad spectrum, but they have low affinity.

This specific antibody, they still continue to outcompete your natural antibodies. And, that is a huge problem, because … a few minutes ago, these natural antibodies, they provide you with broad protection, this protection, yes, it is variant non-specific. It doesn’t matter what variant you get. It doesn’t even matter what type of corona virus. They will protect you. Unless, of-course, you suppress this level of immunity, or it is, for example, outcompeted by long-lived specific antibodies. So, it’s not like okay you missed it.

(partly omitted)

(Host speaks from here;)

Now, here is what is describing. Have you ever played any sports – soccer or football? Hopefully, this will make sense to you. But, on our team – on our immune system, we have what are called “non-specific antibodies”. They have broad spectrum, low affinity. They don’t care who is coming across. In this case, let’s look at the other team. Let’s say these are all variants of corona virus. We have A, F, T, R, L, Y, X. Ok, now it doesn’t matter who gets the ball in this case. Well, we have non-specific (antibodies) , and any one comes across. So, 

In our immune system, we have non-specific antibodies. They attack any kind of enemy coming from outside. You have this wonderful antibodies in your immune system.

Then, let’s look at what could happen when we are given the vaccine.

The vaccine contains specific anti-bodies. This vaccine was created to only fight back a certain type of new corrona virus. Suppose this is called “X”. X comes in to the body from outside, and then, the specific anti-bodies attack this virus, because it is designed to do so. But, here is the problem that he is talking about. This anti-body specificly understands only X (certain type of corona virus). If Y (a different virus) comes in to the body, this anti-body cannot recognize it, and it can affect our health by it going anywhere it likes in the body. However, it goes one step further; the vaccine-induced antibodies are long-lived. It means that they’re gonna be forever in your body. But, he also basically explains that they are more robust than the natural non-specific anti-bodies. In other words, they outcompete our natural immune anti-bodies. This means, if a different virus comes in, and our natural anti-bodies try to attack it, the vaccine-induced anti-bodies outcompete the natural ones, so the virus comes into your system freely and affect your health badly. Thus, your natural immune system never be going to work again. Do you realize how horrifying this is?

Now think about hundreds of millions of people who are lining up around the world to get the vaccination. Our prime minister and doctors or nurses got the vaccination already! One of the leading scientists in vaccine and immunology in the world is telling you, “everybody getting the vaccine is destroying their innate immune system”. Those immune anti-bodies that were non-specific that could have handled any type of virus from outside of your body, they’re designed for it. But being vaccinated, you just assure yourself that there are no anti-bodies inside of you to fight the variants. So, everyone who is vaccinated has a horrible trouble; they’re gonna be attacked by any type of variants, and their natural anti-bodies will not defense. We are talking about carnage, which we’ve never seen before.

But the problem that this scientist is talking about is a global problem. It’s not any defeatable.
It is a global problem of making this virus increasingly infectious, because we leave it all the time at chance an opportunity to escape in immune system, and to drive this up to a level where the virus is so infectious. We can even no longer control it.

What is a global issue is the fact that we are helping this virus gain function. We are turning it into a killer in every single body that is getting it.

Now what this vaccine is doing is this turning hundreds of millions of people around the world into a gigantic gain-of-function laboratory. And where I have told you before that a nature viruses tend to mutate to become less deadly, because if they killed the host, they don’t move on in the evelotion. What he’s saying is that this is a national pandemic. We are now inserting a mechanism that were teaching it to actually go to the opposite direction. It’s getting more deadly, The way we are doing it, the other viruses will compete. It’s not going to the other direction that a natural virus does, because we’re not acting naturally. We’re putting a mense pressure on it. Under performing vaccine, that is going to turn it into a hawk, and this concern is that it will become so violent, so deadly, there is nothing we can do to stop it.

When we vaccinate somebody, you’re turning this person in a potential a symptomatic carrier that shed in the virus. But in an individual level, you are at the same time losing the most preciuos part of your immune system, because your natural anti-bodies will be outcompeted by this specific anti-bodies for binding to the virus. And you’ll lose every protection against any vital variant or corona virus. So your immunity is all gone. Your antibodies will not work any more, and your innate immunity is completely bypassed. And this while this highly infectious virus has been circulated.

We have been mutating this virus with this product – vaccine.

英文を開く

 

▼以下 ビデオの説明です

これについての質問には回答できませんので、ご了承ください。

.

今週、非常に重大なことが起こりました。世界的に名高いワクチン開発者が、世界中のあらゆる専門家に向けて、「ワクチン接種を直ちに中止すべきだ」という手紙を出したのです。

この男性は、ワクチン開発に長年携わるワクチン推進派であり、実際、世界で最も優秀なワクチン開発者の一人です。

彼の経歴をみてみましょう。

彼の名前は、Geert Vanden Bosshe博士です。経歴は以下のとおりです。

  • GSKバイオロジカルズ:思春期ワクチンプロジェクトのシニアプロジェクトリーダー、新規バイオワクチンの開発とQC-QAマネージャー、免疫補助剤の技術と代替配送、研究開発部門の責任者
  • ノバルティス・ワクチン&ダイアグノスティックス:ディレクター・リサーチ・プログラム・リーダー、および、免疫補助剤の責任者
  • ソルベイ・バイオロジカルズ社:インフルエンザ・ワクチンのグローバル・プロジェクト・ディレクター
  • ビル&メリンダ・ゲイツ財団(BMGF):グローバル・ヘルスおよびワクチン・ディスカバリーのシニア・プログラム・オフィサー
  • グローバル・アライアンス・フォ・ヴァクチン&イミュニゼーション(GAVI):プログラムマネージャー
  • UNIVAC:チーフ・イノベーション&サイエンティフィック・オフィサー
  • ドイツ感染症研究センター:ワクチン開発室の責任者
  • ヴァレコ:常務取締役

 

彼は限りなくワクチン摂取支持者です。それでも、彼を恐怖を感じさせる何かがありました。

その彼が感じた恐怖とは何だったのでしょうか?

Geert氏の説明の概略は次のようになります。

ワクチンの抗体は長寿命の抗体であり、もちろん高スペックです。ウイルスに対しては、ワクチンの抗体は私たちの自然な抗体に勝ります。私達の抗体は天然の抗体で、非常に広いスペクトルを持ちますが、親和性は低いです。

この特異的抗体は、自然の抗体に勝ち続けます。これは非常に大きな問題です。というのも、数分前までは、天然の抗体は、幅広い保護(変異体に対する非特異的な特性をもつ保護)を人体に提供していました。どのような変異体であっても問題ありません。コロナウイルスの種類も関係ありません。あなたを守ってくれます。もちろん、あなたがこのレベルの免疫を抑制しない限り、あるいは、例えば、先に述べた長寿命の特異的抗体に負けない限りです。

このようなGeert氏の説明を、司会者はフットボールを引き合いに出して説明します。その説明からわかったことを、以下に紹介します。

Geert氏は「長寿命の抗体」という言葉を使っています。 

私たちの免疫システムは、非特異的な抗体です。この抗体は、外からやってくるどんな種類の敵も攻撃します。外から体内に侵入するいかなる外敵をも退治してくれるので、私達の免疫が正常に機能していれば、新型コロナに対しても安心できます。

しかし、新型コロナウィルスのワクチンを接種するとどうなるでしょうか?

このワクチンにはある種のウィルスだけを標的にする特異的な抗体が含まれています。特異的抗体とは、ある種の新型コロナウイルス(以降、Xと呼ぶ)だけを撃退する抗体のことです。Xは外から体に入ってきますが、その時、ワクチン接種で体内に入った特異的抗体がこのウイルスを攻撃します。しかし、ここで問題なのは、この抗体は、Xだけを理解できるということで、もし、Y(コロナの変異体)が体内に入ってきても、この抗体はYを認識できず、Yが体内の好きな場所に行ってしまい、体はこのウィルスに感染してしまいます。

しかし、さらにもう一つ、これは非常に恐ろしいことですが、ワクチンで作られた特異的抗体は長生きします。永遠に体の中に残ります。しかし、自然の非特異的抗体よりも強いです。言い換えれば、体内にある自然の免疫抗体に勝るということです。つまり、別のウイルスが入ってきて、非特異的抗体がそれを攻撃しようとしても、特異的抗体が非特異的抗体を打ち負かしてしまうので、体内に侵入したウィルスは自由に悪さをすることになります。そうすると、体が本来もつ免疫系は2度と働かなくなってしまいます。これがどれほど恐ろしいことかお分かりでしょうか?つまり、ちょっと風邪引いただけでも、体の本来の免疫系が機能しないので、重病になりうるし、新型コロナの変異体にもかかってしまうということです。最悪、その人は死んでしまうかも知れないのです!また、持病を持ってる人、既に病気になってて免疫が低下している人は、このワクチンを打ったせいで死んでしまうことも考えられます。

今、世界中で何億人もの人々がワクチン接種を受けるために並んでいて、また、日本国内では既に医師や看護婦などが、ワクチンを接種したことを考えてみてください。ワクチン・免疫学の世界的権威者が、「ワクチンを接種した人は、生まれつき持つ免疫システムを破壊している」と説明しています。近い先の未来で一体何が起きるのか考えてみると、そら恐ろしくなります。

(筆者)ここで免疫系がどんなものから体を守るのか、ちょっと説明します。

  • 微生物(細菌、ウイルス、真菌など)
  • 寄生虫(蠕[ぜん]虫など)
  • がん細胞
  • 移植された臓器や組織

これらが体内にあったら、免疫系が働き体を守ろうとします。

参考URL: https://www.msdmanuals.com/ja-…

このように、ワクチン接種をうけると、自分の体内には外敵から自分の体を守るための抗体が機能できなくなることになります。つまり、ワクチンを接種された人は皆、恐ろしい問題を抱えることになります。どんなタイプの新型コロナの変異体にも攻撃されることになり、生まれつき持っている抗体が防御できなくなるのです。Geert氏は、このことを「今までに見たことのないような大虐殺の話」と言います。

しかし、この科学者が話している問題は、世界的な問題です。この新型コロナウィルスのパンデミックは、撃墜可能ではないのです。このウィルスの感染力がますます強くなるようにしている地球的な問題です。なぜなら、ウィルスが免疫システムの中で逃げ続け、このウィルスの感染力がますます増加するレベルに達する機会を常に与えているからです。私たちはもはやそれをコンロールすることさえできません。

世界的に問題なのは、私たちがこのウイルスの機能を高める手助けをしているという事実です。私たちはこのウイルスを、ワクチンを接種したすべての身体の中で殺人者に変えているのです。

このワクチンがやっていることは、世界中の何億人もの人々を巨大な機能獲得の実験室に変えているということです。

進化の中では、自然界のウイルスは、宿主を殺してしまうと進化できなくなるため、突然変異をすると宿主の致死性が前よりも弱くなる傾向があります。しかし、私たちは今、逆の方向に進むようにウィルスに教えるメカニズムを持つワクチンを人々に接種させようとしています。この方法では、他の変異体ウイルスが競争してしまい、より致命的になります。私たちは自然のウイルスが進むようなどんな方向にも進みません。なぜなら、私たちは自然に行動しているのではなく、免疫系に大きな圧力をかけているからです。懸念されるのは、今おこなわれているワクチンで、ウイルスがあまりにも凶暴になり、致命的になって、それをくい止める手段がなくなることです。

ワクチンを接種すると、その人はウイルスを排出する症状を持つ潜在的なキャリアになる可能性があります。しかし、個人的なレベルでは、人は同時に自分の最も大切な免疫系の機能を失います。なぜなら、自然の抗体は、コロナウイルスに結合する特異的抗体に負けてしまうからです。そして、致命的な変異体やコロナウイルスに対するあらゆる防御機能を失ってしまうのです。つまり、あなたの免疫力はすべて失われます。自然免疫は完全にバイパスされてしまいます。しかも、この感染力の強いウイルスが急激に広がる間にです。

私たちはこの製品-ワクチンでこのウイルスを変異させてきました。

▲ビデオの説明はここまで

 

このように、新型コロナウィルスのワクチンを摂取すると、取り返しのつかないことが起きるというGeert氏の説明は、皆さんわかっていただけたと思います。

感染者が多いほど、新たな変異株が出現する可能性は高いと言われています。ウイルスは誰かに感染するたびに、その人の細胞内に侵入し、その細胞が持つ遺伝子複製機能を利用して、自分自身のコピーを作り増殖していきます。その過程で、ウィルスは変異していきます。そして、変異したウィルスは新型コロナ用のワクチンが効かなくなります。

→最悪の事態が進行中?…【解説】 なぜインドの感染危機は世界全体の問題なのか
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-56911000

 

新型コロナウィルスワクチン!その対処法は?

 

嵐のように広まる新型コロナウィルスと、それに対抗すべく急いで作られたワクチンの本当の怖さを知ったとき、私達は一体どうしたら良いのでしょうか?

ここで、大阪市立大学名誉教授の井上正康氏と坂の上零氏が書いた本「コロナワクチン幻想を切る 3日寝てれば治るのに!」からわかったことを説明していきます。

 

新型コロナウィルスとは?

 

太陽の周りに出てる炎、つまり冠がコロナウィルスの表面から出ている突起物と似ていることから、「コロナ」という名前がつけられました。

新型コロナウィルスはRNAウィルスの一種で、一本鎖のRNA遺伝子を持っています。これに比べて人の遺伝子は2本鎖ですが、この場合はなかなか突然変異を起こしにくいという特徴があります。しかし、一本鎖の場合は突然変異を起こしやすいです。なので、RNAウィルスは変異を繰り返しながら生き延びようとします。

RNAウィルスは細胞ではないので自己増殖できないため、人の細胞内に入り込み、その細胞の遺伝子複製機能を使って自分の複製を作りながら増殖していきます。

ウィルスには抗生物質は効かないので、薬による治療は難しいです。そこで、人の免疫力が重要になります。

ちなみに、新型コロナウィルスは、感染力が約六倍強い冬型の風邪ウィルスで、免疫に問題のある人を除いて、大半の人達が三日間ほど寝ていれば治るようです。

免疫力が低い方は、専門医に相談していただくことをおすすめします。

 

 

日本人には集団免疫があるのか?

新型コロナが流行りだした2020年の初め頃は、テレビで緊急事態宣言を出すべきかどうかの特集を、いろんなテレビ局が放送していました。そこでよく挙げられたのが、「集団免疫」です。緊急事態宣言をせずに広がるだけ広がらせておいて、集団免疫が出てくるのをまつのが賢いのか、緊急事態宣言をして広がらないようにすべきか、議論されていました。

この集団免疫は、抗体をもつ人が増えてくると、一人の人が新型コロナに感染しても軽症で済むようになり、他の人も既に免疫がある人が多くなるので、感染しにくくなり、流行しづらくなる状態を言います。

日本の場合は、昔から東アジアに生息する土着の風邪コロナに日本人はさらされており、また、多くの中国人が持ち込んだ新型弱毒株に日本人が感染したことで、集団免疫が昨年の早期に強化されていました。このため、昨年3月に日本上陸した強い毒性のある新型コロナ株に対しても、日本人の場合は、ほとんどの場合、欧米諸国ほどひどい症状にならず、無症状や軽症ですみました。しかし、一部の人で、免疫に問題のある場合は注意が必要です。

 

対処の仕方は?

今の日本人には既に集団免疫が確率しているので、急いで新型コロナのワクチンを摂取する必要はありません。また、ワクチン開発に長年携わってきた専門家が、このワクチンには、ヒトの免疫系を徐々に壊していく抗体が含まれていると警告されているので、ワクチン接種をせずに、海外でどのような副反応が起きるのか観察していくのが、一番おすすめの対処の仕方です。

■2021/05/10追記

Geert Vanden氏が世界中のワクチン開発関係者にあてた手紙を読んでみると、対処法が更に明確になりましたので、下の記事を読みすすめてください。

→ 新型コロナワクチン打つ打たない?対処策をGeert Vanden氏の手紙から考える

 

新型コロナウィルスワクチン!接種後の死者は?

ちなみに、私が調べた今現在の世界でのワクチン接種後の死者の人数はいかになります。

  • 韓国…2人死亡(0.0023%)、87,428人
  • 英国…402人死亡(0.0023%)、17,582,121人摂取
  • 米国…1381人死亡、77,000,000人摂取(*)
  • フランス…171人死亡(0.005%)、3,513,000人摂取
  • ドイツ…113人が死亡(0.005%)、2,467,918人摂取

※()内の数値は、摂取人数に対する接種後の死者の割合です。

▲情報元:https://news.yahoo.co.jp/articles/a03763055f1479fef5e8eb4b0172fed295da3323
記事:韓国でワクチン接種後に2人死亡、「接種対比死亡率」は英国と同一

*この数字は、別記事から引用しました。
https://www.cnn.co.jp/usa/35169406.html
記事:ワクチン接種完了後も5800人が感染 米CDC発表

どれも、新型コロナウィルスのワクチン接種との因果関係は不明とされています。

 

現在のワクチンの接種状況を知りたい人は、こちらの記事を読むといいでしょう。

チャートで見るコロナワクチン 世界の接種状況は
 https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-vaccine-status/

 

新型コロナウィルスワクチン関連情報!

テレビの報道などを見ると、新型コロナやその変異種が猛威をふるい、コロナが怖いウィルスだと思ってる人たちがたくさんいます。しかし、大阪市立大学名誉教授である井上正康氏1の書いた本を読んでみると、新型コロナウィルスは怖くないことが説明されています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナワクチン幻想を切る 3日寝てれば治るのに! [ 井上正康 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/4/25時点)

楽天で購入

 

 

日本国内では、コロナのワクチン接種率を上げるために、以下のようなことも行われているとも言われています。

 

コロナ感染患者数を偽って着実に死者数を増やし、国民の恐怖心を煽り、人体に危険なワクチン摂取に国民を誘導して、それにより人口削減を行おうと、世界人口の1%の億万長者たちが画策しているのでしょうか?

このワクチンは、非常に人体に有害だという結論に私は至り、自分はもちろん、自分の両親にもワクチンを打たないように言ってます。

この記事を読まれた方たちは、ご自身でもよく調べてみて、このワクチンを打つべきなのかどうか判断するように努めて欲しいです。

 

新型コロナウィルスワクチン!最後に

わたしの周囲の人たちにも、この情報を伝えたのですが、実際に話してみると、中にはワクチンは打たないと断言する人たちもおられました。しかし、同級生に話をすると、ワクチンが危険だとする見解をすぐには信じず、彼の母親にはワクチンは打たせると話をしていました。

皆さん自身でも調べてみて、ワクチン接種について慎重な判断をしてどうするか決めてください。

他にもなにか情報があったら、ぜひ教えてください~。

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

人参ジュースの作り方や飲み方・効能は?ゲルソン療法とは?

みなさん、こんにちは。 最近長期断食を初めて、断食中に飲む飲み物は 何がいいか調べてました。 すると、人参ジュースが凄いというのがわかり 自分でも飲んでいます。 そこで、今日は人参ジュースの作り方や …

コロナワクチン接種受けた人の内臓からスパイクタンパク質発見!

皆さん、こんにちは。 最近、新型567コロナの枠沈ワクチン接種でなくなった人の記事も結構増えてますが、その副作用、特に、スパイクタンパク質が一体体内にどのくらい増えてるのか、気になりませんか? そこで …

朝食のおすすめは何がいい?ラエルが推奨した朝の食事法は?

皆さん、こんにちは。 朝食って大事な食事なのは、皆さんわかって らっしゃると思いますが、最近では、朝シンプルな 食事がいいとか、殆ど食べないほうがいい、 また、朝食べずに昼と夜2食にしたほうが健康に …

1週間断食3日目!体重や飲み物・体調の変化は?おすすめの商品は?

皆さん、こんにちは。 1週間断食を初めて今日で3日目です! だんだん疲れも取れてきましたが、今日も 頑張っていきたいと思います。 それでは、1週間断食3日目の体験を紹介します。   関連記事 …

甘酒断食のやり方は?豆乳やプロテイン・水と一緒に飲むのは?

皆さん、こんにちは。 私達の身近な飲み物で、栄養バランスが良くて 断食の置き換え用飲み物に使えるものは 何か考えていると、多分、甘酒ではないかと 思いました。 そこで、この甘酒を使った断食の仕方につい …

スポンサードリンク