神社・仏閣

年越の大祓いとは?禊と祓いの違いは?お勧めの神社は?

投稿日:2017年10月24日 更新日:

知らず知らずのうちに身に降り積もった、目に見えないホコリ。
家の大掃除のように、
自分自身も祓って浄めることで
新年に良い運気を呼び込むことができるのですよ。

 

大祓い(おおはらい)とは

6月のお祓(はら)いの行事を、
夏越(なご)しの大祓(おおはらい)1)「おおはらい」、または、「おおはらえ」と読む
12月のお祓いの行事を、
年越(としこ)しの大祓といいます。

この行事は、古くから全国の神社で行われ、
誰でも参加できるようになっています。

神道は「祓いにはじまり、祓いに終わる」といって、
この「祓い」の儀式をとても大切にしています。

『浄明正直(じょうみょうせいちょく)』

これが神道における人間観、倫理観。

く(きよく)、るく、しく、真っぐ」であることが、
生まれながらの人間本来の本性である、という意味です。

ところが、日常生活していると、
知らず知らずのうちに、
言葉や態度で人を傷つけてしまったり、

エゴを通してしまったり、他人から悪い影響を受けたり、
雰囲気の悪い場所に行ってしまったり・・・と、

するつもりがなくても、
もろもろの罪や過ちをしてしまうことがあります。

祓いの儀式は、
これら心身の罪穢れ(つみけがれ)を祓い清め、
本来の姿に立ち返ることで、
災厄を除き、幸福な人生を
歩みやすくするように祈ることです。

年越しの大祓いでは、自分や家族のみならず、
世の中全体が明るく穏やかになるように祈る行事でもあります。

 

罪穢れ(ツミ・ケガレ)とは

ケガレとは、そもそも「気枯れ」のことをいいます。

ストレスや過労などで、生命力が弱って、
その人らしい元気さが失われた状態をいうのです。

人は本来、生き生きと内側から輝いているものなのです。

内側からの輝きで、
外側についたネガティブなものは、
みずからの光で浄化できるのです。

ところが、毎日を生きていると、いろいろなことがあって、
「気枯れ(ケガレ)」が生じ、

エネルギーが枯れて、光が弱まったところに、
目に見えないヨゴレがついて、積もっていくのです。

この目に見えないヨゴレのことを「ケガレ」ということもあります。

明らかに犯罪である罪よりは、
もろもろの正しくないことを意味する「ツミ」で、
 ツミもケガレも、同じような意味で使われます。

神社にある鏡は、いつもピカピカに磨かれていますね。

人間の心身も、 意識して磨いていかないと、
ホコリやススやチリがついて、
本来の役目を果たせなくなるのです。

 

Sponsored Link

 

禊(ミソギ)祓(ハライ)

祓い(ハライ)とセットで語られるのが、禊(ミソギ)です。

禊と祓いは、神道の根本思想です。

内部のケガレを出すことを、「内清浄(ないしょうじょう)」といい、
外のケガレを出すことを、「外清浄(げしょうじょう)」といい、
内外で、禊祓い(ミソギハライ)です。

禊は、身削(ミソ)ぎともいい、
滝・川・海などで身を清めることをいいます。

滝に打たれなくても、 自分の過失や間違いを反省し、
自発的に人生の刷新をはかることもミソギになります。
しかし、どちらかというと、
自分や身内に起きた病気やトラブルをきっかけにして、
禊をうながされる、という場合が少なくありません。

人生に起きる難は、自分の内外にたまった、
ツミ・ケガレによって引き起こされると考えられています。

なので、神道は「祓いにはじまり祓いに終わる」といって、
あらたに生まれ変わる再生儀礼を大切にします。

不慮の出来事が起きて、清算を迫られるより、
日常的に、自分自身を顧みて、「祓い清める」方が良いからです。

 

どこの神社が良いか?

年越の大祓いは、全国の神社で行われますが、
おすすめは、お住まいの地域の「一の宮」と「総社」です。

※総社とは、旧国(備前国・大和国・越前国など)の、
その地域のすべての神社のご祭神を集めて合祀した神社で、
総社をお参りすると、
その旧国すべての神社をお参りしたことになるといわれています。
総社宮、総社神社ともよばれます。

一の宮は、その地域における神社の元締めである、
格式の高い神社です。

なぜ、一の宮と総社がおすすめなのかといいますと、
お住まいの地域全体を守護しておられる、
ありがたい神社だからです。

神社の神さまも、自分の管轄地域に住まう人間の方が、
面倒をみやすいのです。

一の宮と総社で、陰陽ペアになります。

一の宮は有名なので、「○○国一の宮」で検索するとでます。
総社はあまり知られていないためか、
検索してもわからないことがあります。

また、 総社でも、中にはさみしい神社であることがあります。
そういう時は、「一の宮」に参列しましょう。

「一の宮」は、旧国のトップです。

埼玉県・東京都にお住まいの方は「武蔵国」になります。
武蔵国一の宮は、大宮氷川神社(埼玉県さいたま市鎮座)、
武蔵国総社は、大國魂神社(東京都府中市鎮座)です。

神奈川県なら、「相模国」ですね。
相模国一の宮は、八方除で有名な寒川神社、
源氏ゆかりの鶴岡八幡宮です。(相模国一の宮は二社あります。)

相模国総社は、六所神社(神奈川県中郡大磯町鎮座)です。

日時は神社によって違いますので、
神社のホームページでご確認ください。

→ 関東の一の宮&総社一覧

 

おわりに

ツミケガレやミソギというと、言葉の印象が重いので、
「私は悪いことはしていないのに?」
と思ってしまう人もいるかもしれません。

神さまの目からみると、
その人が無意識に発してる、マイナスの思念や、
間違った思い込みや在り方が、
暗い淀みを作っているように見えるのかもしれません。

祓いの神さまの御力をお借りして、
人間の目には見えないネガティブなものを外に出し、
心身を清らかにして、新しい年を迎えたいですね。

 

年末のお祓いはなぜ必要?ミソギハライの原点から。

お祓いの神はどんな神?祓戸大神は四神?その役割は?

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

参考情報/References   [ + ]

1. 「おおはらい」、または、「おおはらえ」と読む

-神社・仏閣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うぶすなと産土神社について

パワースポットや御朱印ブームで見落とされがちな、ふるさとの神社「産土神社」について、ご紹介します。 目 次1 産土(うぶすな)とは2 日本に神社が多い理由3 産土神社(うぶすなじんじゃ)とは4 産土神 …

イザナギノ命の禊祓と穢れから生まれた禍津日神

古事記におけるイザナギノ命の禊祓(みそぎはらえ)と、穢れ(けがれ)から生まれた禍津日神(まがつひのかみ)の働きについてご紹介します。 目 次1 イザナギノ命の禊祓2 黄泉国の穢れ3 禊で生まれた禍の神 …

お祓いの神はどんな神?祓戸大神は四神?その役割は?

個人や社会のツミケガレは誰が祓ってくださるのでしょうか。神社の祭祀やお祓いの儀式に活躍される、禊(ミソギ)と祓(ハライ)をつかさどる神々についてご紹介します。   目 次1 お祓いを担当する …

天孫降臨と三大神勅の意味とは?

(▲)高千穂   バイオレットが「日本の収穫祭、新嘗祭(にいなめさい)と大嘗祭」という記事を書きましたが、それを読んでいると、日本の稲作と天孫降臨というのが深い関係があるのではないかと思いま …

年末のお祓いはなぜ必要?ミソギハライの原点から。

★ 一年の穢れ(ケガレ)とは心にたまった垢(アカ)です。一年の垢を落として新年に良い運気をもたらす、禊(ミソギ)祓(ハライ)を、神話に基いて解説していきます。   目 次1 ミソギとハライの …

スポンサードリンク