ウィルス・ワクチン 健康

mRNAワクチン治験計画書が示すスパイクタンパク質の感染経路は?

投稿日:2021年7月13日 更新日:

こんにちは。みなさん。

日本で新型古炉奈ころなウイルスに対するmRNA型枠沈わくちん接種が進んでいますが、その副反応や死亡者数も気になるところです。

本日、ネットで死亡者数について調べてみると、「厚労省が新型古炉奈枠沈接種後556件の死亡事例を報告」という記事で、7月7日に開かれた専門家の新型古炉奈枠沈の副反応を検討する合同部会で、新型古炉奈枠沈接種後に死亡した事例556件を報告したと書かれています。

これはかなりの人数で、その副作用が非常に気になりますが、そこで今日は、mRNA型枠沈を製造しているF社の治験計画書を入手したので、その内容の一部を紹介し、どのような形で枠沈に含まれる何かが、人から人に感染していくのかを紹介します。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

F社のmRNA型枠沈は今治験中であるとは?

F社のmRNA型枠沈は、現在治験が進行中であり、治験は2023年5月2日まで続く予定です。つまり、今日本や世界で実際にこの枠沈接種を受けているのが「治験」なわけなんですね。

そのため、今まで打たれたF社の枠沈は、以下の4種類の注射が含まれていたのです

  1. 生物学的:BNT162b1 
  2. 生物学的:BNT162b2 
  3. その他: プラセボ
  4. 生物学的:BNT162b2SA

おわかりでしょうか?皆さん。

疑いもなく、これは市民をモルモット代わりに使った実験なんです。

だから、間違って注射を2本も続けて打たれてもケロリとしている高齢者がいても、納得が行きますね。

打ってなんともない人は、プラセボ注射だったのか、それとも、たまたま打った直後はなんともなかったけども、それ以降~2年後に免疫系がやられて風邪を引いて重篤化し死亡なんてことになるのか、それはその時になって初めて分かることですが…。

 

mRNA型枠沈により体内で何が起きてるのか?

このmRNA型枠沈は、スパイクタンパク質のmRNAが枠沈の中に含まれていて、それを注射すると、体内のリボソームにまで運ばれて、スパイクタンパク質が量産されます。

このスパイクタンパク質に対して、体の免疫系が抗体を作ると説明していますが、本当にそうなのかな?と、私は思ってしまいます。

なぜなら、自分の細胞の中のリボソームで産生されたスパイクタンパク質は、自分の体の一部だと免疫系が理解するので、おそらく、それに対する抗体はつくらないだろう…と考えられるからです。

そのタンパク質は体全身に運ばれて、臓器内、血液、体液の中に存在するようになります。

海外の医師たちが患者から報告を受けて、その内容を分析すると、このスパイクタンパク質が非被接種者に感染して健康被害が出ていることが判明しました。

今日本でも、枠沈接種のあとすぐに亡くなる人たちが続出しています。

 

mRNA型枠沈治験計画書が示すスパイクの感染経路とは?

F社の治験計画書の中で重要な部分は、枠沈接種を受けた人から受けてない人に、どのような経路をたどってそのタンパク質が感染していくのかが書かれている箇所です。

それは、治験計画書のp67、8.3.5.の項目からです。

その内容について、ここで紹介していきます。

 

妊娠中の暴露、及び職業上の暴露

まず、最初にF社の文書が公開されているURLは以下になります。

妊娠中、または、授乳中に起きる暴露は次のような場合に発生します。

  • 女性参加者が、枠沈接種を受けている間、または枠沈接種を中止した後に、妊娠していることが判明した場合。
  • 枠沈接種を受けている、または、枠沈接種を中止した男性参加者が、妊娠前、または、妊娠前後の女性パートナーに暴露した場合。
  • 女性が、環境曝露が原因で被験者1に曝されている、または、既に曝されてしまった状態で妊娠していることが判明した場合。以下は、妊娠中の環境曝露の例です。
    • 女性の家族、または、医療従事者が、被験者の吐いた空気を吸い込むか、または皮膚接触により、被験者に暴露させられた後に妊娠する。
    • 男性の家族または医療サービス提供者が、被験者の吐く空気を吸い込むか、または、被験者の肌に触れることで曝露したあと、彼の女性パートナー(妊娠前または妊娠中)に曝露させてしまう。

絵による参考事例①

上にあげた事例を、わかりやすく絵にしてみました。↓

F治験計画書_01

お祖父ちゃんは息子とは別の家に住んでいます。枠沈接種を受けたあと、息子とあった時に、息子がお祖父ちゃんに環境暴露します。そして、その後自宅に帰って来て、妻と一緒にいる時に妻が夫に暴露してしまいます。このようにして、妊娠している奥さんにウイルスのタンパク質が感染してしまいます。

 

絵による参考事例②

F治験計画書_絵で説明02

次の例は、お祖父ちゃんが枠沈接種を受けてから、お祖母ちゃんがお祖父ちゃんに暴露して、その後、その娘夫婦の旦那さんがお祖母ちゃんに暴露します。そして、旦那さんが自宅に帰宅してから、妻が夫に暴露することで自宅にいた妻がたんばく質に感染してしまいます。

 

絵による参考事例③

上の例は、医療従事者で枠沈を打った人から感染する事例です。
この場合、妊娠している妻の夫が病気で医者に診てもらう時に、医者からタンパク質が感染してしまいます。そして、夫が自宅に帰宅して妻が夫に暴露して感染します。

これは、枠沈に含まれるmRNAが体内の細胞内で量産されてできたタンパク質が、被験者の体から放出されて、周囲にいる人達にうつる例なのですが、これを「感染」という言葉で表現できるのかどうかは定かではありません。しかし、もしこれを「感染」という言葉で表すなら、この枠沈摂取により体内で作られるタンパク質の物質は、非常に強力な感染力を持つことになります。

 

授乳中の暴露

次に授乳中の暴露についてです。

  • 女性参加者が,枠沈接種を受けている間または中止した後に授乳していることが判明した。
  • 女性が被験者に曝されているか、曝されたことがある間(環境曝露)に授乳していることが判明した。授乳中の環境曝露の例としては、女性または女性医療提供者が、被験者の吐く空気を吸入するか、または、被験者との皮膚接触で曝露した後、授乳していることを報告する事例が挙げられる。

母親が被験者の場合、母親の細胞内で量産されるスパイクタンパク質が、体内の血液中や、臓器、汗、尿などに多量に存在するようになります。すると、授乳する時に母乳に含まれるスパイクタンパク質を赤ちゃんが飲むことで感染してしまいます。

このような事例は、海外の枠沈接種の副作用の事例を紹介しているサイトで報告されています。

F社の枠沈は、現在治験中なので、今日本国内にある注射の中には、生理食塩水などの偽薬(プラセボ効果のある液剤)が含まれているはずです。なので、枠沈を打ったからと言って、必ず、すべての人たちにmRNA型枠沈の副作用が現れるわけではないです。

しかし、アメリカでは、SARSのmRNA型枠沈を動物に打つ実験が行われた時に、非常にやばい結果が報告されています。2012年のその報告論文では、枠沈を打たれた動物は、3~4日以内に心臓、肺、腎臓系を含む致死的な臓器不全を引き起すリスクが報告さてれいます。このため、アメリカではこれ以降mRNA型枠沈は承認されていませんでした。ですので、知り合いが打ってどうもないからと言って安心して打とうとせずに、これらの副作用を考慮して打たないという決断をすのを懸命です。

 

深刻な有害事象の報告について

治験責任者は、(妊婦さんに)深刻な有害事象が発生したか否かにかかわらず、治験責任者が気付いた時点から24時間以内にその有害事象をF・セーフティーに報告しなければなりません。

異常な妊娠の結果は重篤な有害事象とみなされます。妊娠の結果が重篤な有害事象の基準を満たす場合(すなわち、子宮外妊娠自然流産子宮内胎児死亡新生児死亡、または先天性異常)、治験責任者は深刻な有害事象の報告手続きを行う必要があると書かれています。

このことから考えられるのは、このmRNA型枠沈には、上に挙げた副作用が現れる可能性があるから、このような記述の仕方をしているのではないでしょうか?

 

エクソソームを理解すると感染経路がわかる?

体内で生成されるタンパク質が体液に含まれて皮膚から出てくる、というのはエクソソームという言葉を調べるとわかりやすいです。

このエクソソームについては、記事「エクソソームは細胞からのメッセージ!?」を参考に以下の説明を書きました。
(URL: https://www.tmghig.jp/research/topics/201704/

エクソソーム(Exosome )は、細胞から分泌される直径50~150 nm(ナノメートル:10億分の1メートル)の顆粒状の物質で、その表面は細胞膜由来の脂質やタンパク質を含み、内部には核酸(マイクロRNA、メッセンジャーRNA、DNAなど)やタンパク質など、細胞内の物質を含んでいます。エクソソームは細胞外小胞(Extracellular vesicle)の一種であり、細胞外小胞にはエクソソームのほかにマイクロベシクル、アポトーシス小体があり、それぞれ産生機構やサイズが違います。

エクソソームの表面には細胞膜成分が含まれ、内部には細胞内の物質が含まれるため、由来する細胞の特徴を反映していると言われています。

細胞から分泌されたエクソソームは、細胞と細胞の間に存在するだけでなく、血液や髄液、尿などの体液にも存在しており、体中を循環しています。

エクソソームの重要な機能の一つに、細胞間の情報伝達に使われることがわかっています。エクソソームはその内部に核酸、タンパク質などを含んでいます。分泌した細胞の核酸(マイクロRNA、メッセンジャーRNA)がエクソソームを介して、受け取り側の細胞に伝達され機能します。このことから、エクソソームは細胞間のコミュニケーションツールとして働いていると言えます。

すると、細胞内のリボソームで多量生産されるスパイクタンパク質も、エクソソームを介して、体中の細胞に伝達されるので、スパイクタンパク質は体全身の臓器の中に存在するのではないでしょうか?

ちなみに、モデルナ社製のmRNA型枠沈の特許にも、「体内でスパイクタンパク質が生成されているかを確認するため、体の各臓器や血管、汗、涙から採取されるエクソソームを調べて評価する」と記載されています。

なので、mRNA型枠沈を製造している企業にとっては、エクソソームにスパイクタンパク質が含まれることは常識です。

だから、汗や涙、唾液、体液からエクソソームが検出され、その中にスパイクタンパク質が存在しているのです。

 

不感蒸泄で水分が体外に出ていく?

また、不感蒸泄という言葉がありますが、これは発汗以外の皮膚や呼気から水分を喪失することをいいます。つまり、皮膚や呼気から失われる体内の水分に、エクソソームが含まれているので、多量のタンパク質が体から放出されていることがわかります。

ちなみに、常温安静時には、健康な成人で一日に約900ml(皮膚から約600ml、また、呼気から約300ml)失われます。これだけの水分の中にエクソソームが含まれ、その中にスパイクタンパク質が含まれているので、マスクをしているから「ウイルス」の感染を防げるという、マスコミや政府の説明は完全に間違っていることになります。

マスクの網目は約3~5μmで、呼気に含まれる飛沫は1μm前後、ウイルスは0.1μmなので、飛沫すら防げないマスクでウイルスが防げるのか?!と言うことなのです。

生枠沈でさえ、生枠沈の摂取者の呼気からは、通常感染者の約6倍多いウイルスが含まれていることがわかっています。

とすると、mRNA型枠沈の被接種者からはその何倍のスパイクタンパク質が放出されているのでしょうか?一つの細胞には500万個のリボソームがあり、そこから一度に500万個のスパイクタンパク質が放出され、このタンパク質は量産され続けますので、体内には数億ものスパイクタンパク質が存在していると考えられます。となると、生枠沈被接種者の呼気から放出されるウイルスの、少なくとも何十倍(?)ものウイルスが放出されているとしても、考えすぎではないです。

 

情報元

この記事は、下記の動画を参考にして書きました。

ファイザーからの警告!-コロナワクチン最大のデメリット【自然療法士-ルイ】

 

最後に

日本では、医療従事者のほとんどが枠沈摂取を受けた人たちです。私の家の近くの病院も、二箇所で聞きましたが、ほぼすべての看護婦と医者達が枠沈摂取済みの人たちでした。

彼らの奥さんがもし妊娠していれば、生まれてくる赤ちゃんがスパイクタンパク質に感染してしまう可能性があります。もちろん、プラセボ効果の注射もありますので、そうでないケースもありえますが。

もし、私達が病気をした場合、このような病院に行ってみてもらわなくてはいけませんが、最悪、入院して手術、などになってしまうと、長期間の入院となり、その間に医者や看護師たちに暴露する機会はふんだんにあります。これこそ、危機的な状況なのです。日本の医療崩壊とともに、ほぼ日本国民すべての健康に致命的な悪影響を与えてしまいます。

枠沈摂取してしまうと、その被接種者の細胞の遺伝子は別ものに変わってしまい、免疫系も破壊されてしまいます。体外から入った異物が、あたかも、自分の体の一部であるかのように体内ではびこり、免疫系がそれに対処できないという最悪の事態が起きてしまいます。

一旦、こうなると、もうもとの体には戻れないでしょう。

だから、一刻も早く、枠沈摂取を中止させなくてはいけません。

そもそも、新型古炉奈ウイルス事態が存在するという証拠はないのですから。無いものに対する枠沈なんて打つ必要がないです。

 

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

看護士がコロナパンデミックの嘘を証言!患者の治療の実態は?

皆さん、こんにちは。 新型567パンデミックが、実は新型567用の枠沈を強制的に市民に打たせ人口削減するための偽パンデミックであることに気がついている人たちは、PCR検査で陽性になったあとの病院での治 …

断食が初めてな人用のやり方は?週1日から2日・3日・1週間!

皆さん、こんにちは。 断食を今まで全くしたことがない人の場合、 断食をどういうふうにしていけば良いのか、 わかりやすく説明していきます。 一年くらいの長さで、毎週していく方法です。 本当に健康になれま …

ケトジェニックダイエットでケトン臭の解決策はどれが良い?

ダイエットで特に人気があるケトジェニックダイエット、 このダイエットは、脂肪を燃焼させてエネルギーを 得る画期的な方法ですが、 この方法は脂肪を燃焼させるので、自然にダイエットが できます。 その脂肪 …

1週間断食2日目!体重や飲み物・体調の変化は?おすすめの商品は?

皆さん、こんにちは。 ただいま、1週間断食をしている最中で、 今日で2日目になります。 そこで私の実体験を報告したいと思い、 ブログにかいています。 少しでも断食をしてみたいと思う方の 参考になれば幸 …

イベルメクチンの働きや副作用・飲む飲まない?対応策は?

皆さんこんにちは。 実はですね、新型567に感染した時に、その症状を治すのに有効だと言われていた薬「イベルメクチン」が、大いに問題ありだということが判明しました。 そこで、今日はイベルメクチンの働きと …

スポンサードリンク