ウィルス・ワクチン 健康 生活

人口削減を目的としたワクチンの原因物質の働きや製造会社は?

投稿日:2021年8月22日 更新日:

皆さん、おげんきですか?

緊急事態宣言が終わったと思ったら、感染者数が激増して、また緊急事態宣言に入ってしまいましたね。

それも、全て私たちに新型567の枠沈を接種させようとしているからです。

でも、皆さん、新型567を接種すると体に非常に良くない影響が起きてしまいます。

この記事では、その新型567枠沈の副作用の原因物質が何なのか、どこで製造されているのか、どんな働きをするのか、を紹介していきます。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

人口削減を目的としたワクチンの原因物質とは?

F社の枠沈のみならず、新型567のために作られた全てのmRNA型枠沈が、人口削減(大量毒殺・大量殺人・大量虐殺)のために作られた、というのは知る人ぞ知る情報です。しかし、枠沈推進派や政府の言うこと・医者の言うことを鵜呑みにしている人達は、そんな主張はでたらめだ、根も葉もない事だと言うでしょう。そこで、その主張を確固たるものにするには証拠が必要になります。証拠とは枠沈を猛毒にしている原因物質を見つけて提示しなくてはいけないのです。スペインの科学者がF社の枠沈の中身を調べたところ、その原因物質が酸化グラフェンだと言うことがわかりました。

その内容を紹介しているのが、以下の動画ですね。

 

mRNA型ワクチンに含まれるPEG化脂質ナノ粒子

全てのmRNA型枠沈には、PEG化脂質ナノ粒子が含まれています。PEGとは、ポリエチレングリコールのことです。

このPEGが、深刻なアレルギー反応を引き起す原因になっている可能性があると、専門家は考えています。

特に、以前PEGに暴露した少数の人たちは、PEGに対する高レベルの抗体を持っている可能性があります。その場合、枠沈に含まれるPEGに対してアナフィラキシー反応を引き起す危険性が高いと言われています。しかも、枠沈に含まれるPEGはヒトの体内の細胞まで到達するのですから、細胞に何が起きても不思議ではありません。

PEG化脂質ナノ粒子はmRNAの外側を覆っていて、mRNAをヒト細胞まで運ぶ手助けをします。

PEGの秘密を探り出した人の名前は、キャレン・キングストンさんで、『DEADLY SHOTS! ファイザー社の元社員がCOVID「ワクチン」に含まれる毒物を確認』という動画でどうやってこの物質を探り出したのか説明してくれています。

▼DEADLY SHOTS! ファイザー社の元社員がCOVID「ワクチン」に含まれる毒物を確認
DEADLY SHOTS! Former Pfizer Employee Confirms Poison in COVID ‘Vaccine’

 

まず、彼女はモデルナの特許をみたのですが、それには枠沈が「脂質ナノ粒子」を含むと書かれていましたが、酸化グラフェンについては何も書かれていませんでした。それは当然ですよね?この物質は体に超有毒なので、製薬会社からすれば世間に知られたくない企業秘密です。

そこで彼女は、Chemical & Engineering News(C&EN)に掲載されている記事を読んでみました。その中に面白い記事があり、全ての新型567用枠沈に含まれているPEG化脂質ナノ粒子について説明が書かれていたのです。

記事リンク:https://cen.acs.org/pharmaceuticals/drug-delivery/Without-lipid-shells-mRNA-vaccines/99/i8
記事タイトル:Without these lipid shells, there would be no mRNA vaccines for COVID-19
(この脂質で覆わなければ、COVID-19のmRNAワクチンは存在していないだろう)

以下の画像は、上の記事から引用したものです。新型567枠沈に含まれている脂質ナノ粒子のイメージ図ですね。

引用元:https://cen.acs.org/pharmaceuticals/drug-delivery/Without-lipid-shells-mRNA-vaccines/99/i8

この記事を読んでみると、その粒子には、4つの脂質ナノ粒子(LNP)があると書かれています。

  • イオン化脂質:イオン化脂質のプラスの電荷が、マイナスの電荷を帯びたmRNAのバックボーンと結合する働きがあります。このプラスの電荷のおかげで、mRNAが細胞の中に侵入する事が可能になります。
  • PEG化脂質(Pegylated lipids):粒子の安定化を助けます。
  • リン脂質:細胞膜の中に容易に入り込む性質があります。
  • コレステロール分子:ヒトのあらゆる組織の細胞膜に含まれる脂質であり、体内で合成されます。血液中のリポ蛋白質(粒子)により運ばれます。コレステロールは、肝臓・脊髄・脳に高濃度に分布しています。

コレストロール分子を使った理由は書かれていませんでしたが、もしかすると、体内で悪玉コレステロール(密度リポタンパク質(LDL)コレステロール)と誤認するからかも知れませんね。(上記記事にそのような記載がありました。それが理由だとは断言していませんが。)

これら4つの成分からなる何千もの脂質がmRNAを覆う壁を作り、mRNAを破壊的な体内の酵素から守りつつ細胞内に送り込むことで、mRNAがリボソームに運び込まれてスパイクタンパク質が製造されます。

 

PEG化脂質ナノ粒子の働きは?

脂質の頭部にポリエチレングリコール(PEG)鎖が結合したPEG化脂質には、いくつかの働きがあります。

プロティバの元科学者であるJames Heyes氏によると、PEGは、製剤化の際に粒子径をコントロールするのに役立ち、保管中に粒子が凝集するのを防ぎ、体内の免疫系タンパク質によって、粒子が検出されるのを防ぐ働きがある事がわかっています。つまり、脂質ナノ粒子がヒトの免疫系の目くらましをしてくれるわけです。

 

PEG化脂質ナノ粒子はどこで製造されているのか?

そして、驚く事実がわかったのですが、

酸化グラフェンを含むPEG化脂質ナノ粒子は、実は、中国のSINOPEG社によって製造されていることが判明しました!

新型567のウイルスが広がった時、武漢ウイルス研究所で人工的に作られたウイルスではないか?と言う情報がありましたが、今ひとつ、DSと中国が仲良くなる事に疑問が残っていました。その上、枠沈に含まれるPEG化脂質ナノ粒子までが中国で製造されているとは…!

なぜ、中国の工場で作られているのかが非常に疑問ですが、単に、中国で製造したほうが安価に済むからかも知れません。別の見方をすれば、中国政府がDeep Stateの言いなりになっている可能性もなきにしもあらずですが、それは、おそらく無いのではないかと推測しています。中国人の考え方は効率を重視するので、単に、利益が高い仕事の依頼を引き受けた、とも取れます。もしかすると、中国にある工場にPEG化脂質ナノ粒子を作らせる事で、中国がこの新型567ウイルスを人工的に作りばらまいたという演出を、市民に本当の事として信じさせる事ができると考えたのかもれしません。

これはあくまでも仮設ですが。

 

PEG化脂質ナノ粒子を作った理由は?

では、なぜ、このような脂質を作ったのでしょうか?

その理由は、mRNAが、化学的に作ったものであれ、動物や人間のものであれ、非常に不安定だからです。

この動画によると、mRNAは以下の環境下で死滅します。

  • 80度の気温
  • 日光にあたっている
  • 人が息を吹きかける
  • 健康な人の鼻咽頭を通過している
  • 唾液に触れてしまう

このように、mRNAは非常に不安定で、それだけでは生存できないので、4つの脂質ナノ粒子を使ってmRNAが生存できるようにしました。このために、この(猛毒な)酸化グラフェンを彼らは入れたのです。

酸化グラフェンは、非常に頑丈な物質です。チタンの4000倍の強度があり、華氏4000度摂氏2204度)の温度に耐えられます。つまり、この頑丈な酸化グラフェンから作った脂質を使うと、不安定なmRNAを絶対に壊せないバリヤーを作れるわけです。

 

PEG化脂質ナノ粒子の製造会社を見つけた方法は?

PEG化脂質ナノ粒子の製造会社を見つけた方法ですが、ファイザー社やモデルナ社の専門的な書類に書いてあるCAS番号と呼ばれる番号で、ネットで検索して中国の製造会社の名前─SINOPEG─を見つけたらしいですね。

ファイザー社のEUA(緊急使用許可)申請書には、4つの脂質とCAS番号が書かれています。モデルナ社のマテリアル・セーフティー・データシートにも4つの脂質の名前とCAS番号が書かれていました。モデルナはSM-102、ファイザーがイギリスに出した申請書には、2個の脂質の番号 – ALC0315 ALC0159 – が書かれていました。

私も実際に試してみたら見つけましたよ!

△Yahoo検索で出てきた結果です。画面をスクロールすると、sinopegという文字のURLが見つかりました。
上のリンクは、以下になります。
 ↓
https://ja.sinopeg.com/4-hydroxybutyl-azanediyl-bis-hexane-6-1-diyl-bis-2-hexyldecanoate-alc-0315-cas-2036272-55-4_p476.html

このリンクをクリックすると、下の画像のページが表示されます。

SINOPEG社の製品ページを見ると、そこにポリエチレン・グリコールCAS No.がありました。

そのページの一番上のほうに、「Covid-19枠沈 賦形剤ふけいざい」と表示してあります。(賦形剤とは、医薬品や農薬などの取扱いあるいは成形の向上や服用を便利にするために加える添加剤のことです。)

 

酸化グラフェンの特性は?

この酸化グラフェンの役割について、日本語のサイトでは何も説明がされていませんが、動画の話し手さんは、おそらくSINOPEG社 HPの違うページで、英語の説明を見つけられたようですね。その英文の説明は:

It is the core-shell structured polyethylene glycol functionalized graphene for energy-storage polymer dielectrics: Combined mechanical and dielectric performances.

「コア-シェル構造のポリエチレングリコール官能基を持つグラフェンで、エネルギー蓄積型高分子誘電体を実現。機械的特性と誘電特性の両立」

と書かれています。

専門的用語の羅列で、何が書かれているのか良くわからない感じですが、動画の説明では、それは電気を通しやすい、電気伝導率が高い物質と言うことになります。

 

酸化グラフェンが与えるダメージは?

もし、グラフェンがプラスの電荷を持つとどうなるのでしょうか?
言い換えると、グラフェンが電磁場に暴露するとどうなるのでしょうか?

NIH(アメリカ国立衛生研究所)やモデルナなどの研究によると、もしグラフェンがプラスの電荷を持つと、それに接触したものを全て消滅させる事ができることがわかっています。

枠沈の中に存在している状態では、帯電しておらず電気的に中性です。その中性の状態のグラフェンを前出の「イオン化脂質」の助けにより、mRNAが細胞内に入れるようになります。

体の中に入っただけでは、このグラフェンは電気的に中性なので体にダメージは与えないようですが、もし、新型567の注射をしてもらった人が電磁場に暴露すると、その人の細胞内で、酸化グラフェンがプラスの電荷を帯びて、細胞にダメージを与え死に至る可能性が高くなります

どのようなダメージが出てくるかは、これらの脂質ナノ粒子が体内のどの部位に、どれだけの量が運ばれるかによって変わってきます。

 

最後に

このキャレン・キングストンさんの発見は、枠沈から私たちの身を守る大きな手助けになっていると思います。

この記事では、mRNAを覆うPEG化脂質ナノ粒子の害に焦点が当てられていますが、それと同時に、mRNA型枠沈が体に与える弊害もあります。

この両方の害を考慮すれば、新型567用のmRNA型枠沈なんて接種しないほうが良いはずです。

枠沈を接種してもらう前に、今一度、良く考えて見る必要があります。

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もちぶた炙りチャーシューバージョンとん汁2018の食べ処は?

提供:https://goo.gl/MGx68Z   皆さんこんにちは。 来年の2018年1月に、埼玉県和光市で「ニッポン全国鍋グランプリ2018」が開かれます。 この大会で2017年度に優 …

栂池高原スキー場近くの宿泊は?ホテル・旅館・ロッジは?「は・ま・や」行

皆さん、こんにちは。 「栂池高原スキー場近くの宿泊は?ホテル・旅館・ロッジは?」の記事の宿泊先から 「は・ま・や」行で始まる宿泊先を紹介します。 その他の宿泊先の紹介は、各見出しのリンクをクリックして …

酵素断食ダイエット!デトックス効果の飲み方や飲用量の目安は?

皆さん、こんにちは。 私は自分の体質改善、将来がんにならないために、 2週間断食を行い、3日断食や、1週間断食などを しています。 どれも、酵素ドリンクや、人参ジュース、豆乳甘酒、 大高酵素の出してい …

横浜赤レンガ倉庫イルミネーション2018!開催期間やアクセスは?

皆さんこんにちは。 もうすぐ、クリスマスのイルミネーションが始まりますね! 関東で、イルミネーションで一番人気はどこかな? と考えてみると 横浜赤レンガ倉庫が、 その規模の大きさで位置になると思います …

ロックフェラー・ロックステップ2010でCovid-19計画暴露!ガーナ大統領発言!

ガーナ大統領が、ロックフェラー財団が作った人類削減を目的とした新型567計画を明らかにした模様です。そこで、今日はその問題の動画を紹介し、今のガーナ大統領の動向も探ってみました。 参考記事 コロナウイ …

スポンサードリンク