ウィルス・ワクチン 健康 毎日の日記

コロナワクチン有効率90%は判断を誤らせる目的があった!

投稿日:

皆さん、こんにちは。

新型567枠沈のキャンペーンは以前として続いていますが、この枠沈が有効ですよ、と人に伝えるのに、有効性90%というのがありますが、この有効性が本当のところ、どうなのかみていきます。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

有効性90%の謎を紐解くと

有効率90%だけ見ると、枠沈を打てば90%病気にならない確率があるんだ、と素人は思います。

でも、病院で働く看護師さんから言わせると、これは意図的に人の判断を誤らせるための数字マジックだと言われています。

では、この有効性90%の数字を実際に見ていきます。

  • 枠沈を一万人に接種して、感染者が10人出た
  • プラセボ注射を一万人に接種して、感染者が100人出た

と言う結果が出たとします。

すると、感染者数だけを見ると、枠沈を打たない人で100人感染者が出たのが、枠沈を打つと10人感染者が出て、感染者数が90人減少したので、90%としてます。

しかし、実際は一万人接種して90人感染者が減ったのですから、

90/10000 = 0.009 -> 0.9% となります。

 

または、公式に当てはめてみると、

(100-10) x 100% = 1%

となりますね。

※公式については、こちらを御覧ください。

約100人枠沈打って、1人感染者が減ったとなります。

 

その差は100倍もありますね。

 

枠沈の有害物質と副作用

その1%だけでも枠沈を打ちたいと言うなら、誰も止めませんが、新型567用枠沈は治験も終わっておらず、毒性のある物質「酸化グラフェン」が含まれている事も発見されました。

また、mRNA型枠沈自体、副作用がありますので、打つと決める前に自分で良く判断してほしいものです。

mRNA型枠沈を動物に打つ実験をしたところ、全ての動物が3日以内に死んだ、という結果が出て、アメリカではmRNA型枠沈の実験が禁止された、と言われています。

全ては自己責任であり、自分で招いた失敗は自分で受け入れなくてはいけまない事を、良く理解しておきましょう。

 

最後に

新型567枠沈を打って亡くなられた人たちの数は、900人超えだそうです。

これは、医師が政府に報告したものだけで、未報告分を含めると二倍以上の数字になる可能性大です。

今のところ、枠沈打って運試しのようなものですが、運が悪い場合「死ぬ」か強い「副作用」で一生苦しむかのどちらかになります。

また、mRNA型を打つと人の免疫系が壊れてしまうので、ちょっとした風邪でも感染して死んでしまう、と言われています。寿命は2年に縮まるそうです。

それでも打ちたい人って、いるのでしょうか?

 

打つ前に、今一度考えてみてください。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

「私の視点」の母里啓子氏の記事~ワクチン接種は慎重期して

朝日新聞の「私の視点」コラムで、元国立公衆衛生院感染症室長の母里啓子(もりひろこ)さんの記事が、2009年に掲載されました。 コロナが始まってからお亡くなりになったようですが、記事を読んでみるととても …

ケトジェニックダイエットでケトン臭の解決策はどれが良い?

ダイエットで特に人気があるケトジェニックダイエット、 このダイエットは、脂肪を燃焼させてエネルギーを 得る画期的な方法ですが、 この方法は脂肪を燃焼させるので、自然にダイエットが できます。 その脂肪 …

GoogleのAI人工知能が子AIを作成に成功!人類作より優秀?

皆さん、こんにちは。 人工知能(AI)が開発され、その研究がどんどん進んでいますが、 今まで予測されていた2045年に技術的特異点が来る という予測を大きく打ち破る開発の成果・・・ AIが自分より優れ …

CS5ServiceManagerを非有効化にする方法で「launchctl」を使う?

皆さん、こんにちは。 MacBook Proを使ってると、ある日突然、OSを起動すると、 CS5ServiceManagerのエラーが出るようになりました。 そこで、このCS5ServiceManag …

断食でデトックス期間2週間の体験記録10〜12日目!スーパーオータカ

痩せ皆さん、こんにちは。 この記事は「断食でデトックス期間2週間の体験記録」を 五日目からほぼ毎日、断食中のリポートを書いた 連載記事になります。 五日目から読んでない方は、そちらもお読みください。 …

スポンサードリンク