ウィルス・ワクチン 健康 毎日の日記

ワクチン研究者バイラム・ブライドル氏が新型567ワクチンに警告

投稿日:

皆さん、こんにちは。

この記事では、新型567ウイルスの枠沈で体内に入れたスパイクタンパク質について警告を出しているバイラム・ブライドル博士について、好意的な記事(スウェーデン語)がありましたので、それを自動翻訳機を使って翻訳したものを紹介します。

ただし、一部の固有名詞については当て字で編集しました。

 

この記事は、以下の記事の補足になります。

スパイクタンパク質の毒性や体への影響は?どこに蓄積される?

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

“私達は間違いを犯してしまった。” -ワクチン研究者バイラム・ブライドル氏が新型567ワクチンに警告

同記事のURLは以下になります。

https://newsvoice.se/2021/06/byram-bridle-spikproteinet-mycket-giftigt/

ケルスティン・ウンガー=サレン
2021年6月3日 13:10

引用元:https://newsvoice.se/2021/06/byram-bridle-spikproteinet-mycket-giftigt/

 

ワクチンのスキャンダル。コヴィッドヴァクチンについては、その優秀性を主張する政府のシナリオを覆すような新しい事実が明らかになっています。新しい研究では、mRNAワクチンが人体に深刻な毒性を持つことがわかっています。医療従事者であるケルスティン・ウンガー=サレン氏は、今回の発見について次のように述べています。

文字:ケルスティン・ウンガー=サレン

新型567ウイルスの起源に関する調査には多くの不規則性があります。しかし、いずれは真実が明らかになるでしょう。そのプロセスはすでに始まっています。当局や専門家は、致命的なSARS CoV-2の唯一の治療法はCovidシリンジで注射することであると、国民を計画的に欺いてきました。

初期の段階で、免疫力を高めるための予防策を提案しても、嘲笑され、阻止されてしまいました。このような予防策があれば、病気の症状が軽くなり、集中治療室での治療を避けることができるのは間違いありません。

Covid-19の感染者に対する治療薬の早期導入は意図的に妨げられてきましたが、そのような薬は世界の一部の集中治療室の患者に有効であることが示されています。独立した一般開業医もこのような経験を持ち、患者の治療プロトコルとして使用し、優れた結果を出しています。その人たちでさえ、耳を傾けてくれません。


このような事実を得ると、ワクチンの関係者は思い通りの結果を得たと結論づけることができます。早期に治療するのではなく、「様子を見る」という原則のもと、自宅で孤立して医療機関と連絡を取り合うことを勧められました。多くの人が不必要に集中治療室に入ってしまい、多くの人が亡くなってしまいました。


 

すべては枠沈のために

すべての努力はワクチン接種に向けられ、その他の解決策は、既成の報道機関の大きな助けを借りて、抑制され、否定されてきました。客観的で包括的な情報の提供を妨げた彼らが、すぐに、願わくば、法の裁きを受けることを切に望みます。mRNAとDNAの「ワクチン」について、信頼できる、しかし批判的な科学者たちの意見は、一貫して公表されていません。ワクチン開発に長年携わってきた専門家は、陰謀論者と呼ばれ、オルタナティブメディア以外では発言できない状況が続いています。

集団予防接種が本格化し、従順な市民として、ほとんどの人が、「緊急用」としてすぐに承認された実験的な「遺伝子ワクチン」の摂取を受けています。彼らは当局や政治家を信頼し、自分たちが何をしているか分かっていると思っています。今のところ、それを確信させるような兆候はあまり見られないので、短期的にだけでなく、長期的にも様子を見たいと思っています。

バイラム・ブライドル博士 写真:Kenneth Armstrong, GuelphToday

引用元:https://newsvoice.se/2021/06/byram-bridle-spikproteinet-mycket-giftigt/

バイラム・ブライドル教授

カナダの免疫学・ウイルス学の専門家・研究者であるバイラム・ブライドル教授は、驚くべき発言をしています。

これは本物のニュースの爆弾であり、彼の暴露が主要なメディアでどのように扱われるかは非常に興味深いものです。

ブリデル教授の専門は、がん治療のための新しいバイオセラピーの開発であり、ウイルスや炎症などの「刺激」に体や細胞がどのように反応するかを研究しています。

ブライドル教授は、ジャーナリストのアレックス・ピアソン氏とのインタビューの中で、ワクチン注射器で生成されるスパイクタンパク質が免疫反応を引き起こすと仮定したことに重大な誤りがあったことを認めています。彼によると、ウイルス、特にスパイクタンパク質について重要な発見があったため、特にmRNAワクチンに関する多くの研究が行われているとのことです。今回のインタビューでは、ブライドル教授が発見した内容と、現在行われている予防接種のあり方にどのような影響を与えるのかを自ら語ってくれました。


彼が発見したのは、スパイクタンパクは、新型567の影響を受けた人だけでなく、共有ワクチン、特にmRNAワクチンやDNAワクチンを摂取した人にも、本質的にヒトに対して毒性があるということです。


 

スパイク状のタンパク質が体中に広がる

これらのワクチンの基本的な原理は、合成された「メッセンジャー」を送り込むことで、体内でスパイクタンパク質が生成され、その結果、免疫系が反応するというものです。

このスパイクタンパク質は、従来考えられていたように注射器で注入された場所には全く残っておらず、血流に乗って卵巣やその他多くの重要な器官に劇的な量で到達し、細胞から細胞へと移動して継続的に吸収されます。また、脳関門を突破して脳内に侵入することもあります。

博士は以下のように説明しています:

“最近まで、スパイクタンパク質が毒性を持つとは考えられていませんでした 最初に動物実験が行われ、その研究結果が発表されていないmRNAワクチンは、これまで想定され、mRNAワクチンのメーカーが主張してきた、mRNAナノ粒子が局所的に留まらないことを示しています。”

一般的なナノ粒子が脳に到達して大きなダメージを与えることは以前から知られていたので、これは理解できません。

研究の結果、彼は次のような結論に達しました。

“私達は間違いを犯してしまいました。スパイク・プロテイン自体が毒性を持ち、人間にとって危険なものです。母乳を介して新生児に感染することもあります。”

さらに、卵巣にスパイクタンパクが発見されたことで、女性が不妊になるのではないかと危惧しています。本研究は発表され、査読を受けています。しかし、Bridel教授の研究に含まれている研究は、すべてすでに査読されています。


このニュースは、なぜこれほど多くの副反応が報告されているのか、なぜこのワクチンがこれまでに他のどのワクチンよりも多くの死亡者を出しているのかを理解し始めているということです。


 

スパイク状のタンパク質を体内でどのように処理するかは不明

新型567ウイルスの注射は、毒素であるスパイクタンパク質を誘導することで効果を発揮します。比較的健康な人に毒物を注射して、それが体内を巡り始めるのだから、これは深刻な健康被害をもたらすに違いないです(それなのに、今度は子供たちを狙おうとしています)。

今のところ、スパイクタンパク質がどれくらい体内に留まるかは分かっていませんが、重要な研究専門家によると、スパイクタンパク質の製造には限界がないとのことです。政府や保健所はどうするのでしょうか?

例えば、以下のような調査研究があります:

「ウィルスに対する宿主の反応を研究することは、当研究室の第二の目的です。そのひとつが、ウイルスによって誘発されるサイトカインストームのメカニズムをより深く理解することです。ブライドル博士の研究チームは、サイトカインの大規模なネットワークをダウンレギュレートする上で、I型インターフェロン受容体のシグナル伝達が重要な役割を果たしていることを突き止めました。

ウイルスに対するサイトカイン反応は、女性と男性で大きく異なることが多く、ブライドル研究室グループはその理由を解明しようとしています。この2つの議題が交わるところに、研究チームの最適化されたがんワクチン接種プラットフォームを、2019年末に確認されたコロナウイルス疾患の原因物質である重症急性呼吸器症候群567ウイルス(SARS-CoC)-2を標的に修正する研究構想があります(COVID-19)。」

この発見がいかに重大であるかは、NewsVoiceのAlex Piersonのインタビュービデオをご覧ください。

ヒドロキシクロロキン

久しぶりの科学スキャンダルの一つは、非科学的な研究が権威ある医学雑誌「The Lancet」に掲載されたことです。この記事では、マラリア治療薬であるヒドロキシクロロキンについて誤報や嘘が書かれており、コヴィド-19を発症し、この薬で治療を受けた人が集中治療室でより多く死亡することが証明されたと主張していました。

その結果、周知のように、この薬は突然危険視され、(医師がCovid-19の治療に成功したと報告したにもかかわらず)治療薬として禁止され、それまでは処方箋すらなく市販されていたのに、薬局から撤去されました。このスキャンダルについて興味のある方は、『サイエンティスト』誌をご覧ください。

ザ・サイエンティスト: The Surgisphere スキャンダル:何が悪かったのか?

 

テキスト。ケルシュティン・ウンガー=サレン(Kerstin Unger-Salén)

 

最後に

スウェーデンの誠実な勇気ある医療従事者ケルスティン・ウンガー=サレン氏が書かれたように、ブライドル博士の言葉は衝撃的なものであり、新型567ウイルスから体を守ると報道されてきた新型567ウイルスの枠沈が非常に強い毒性を持つことがわかりました。

殆どのマスメディアがこのような医師の発言をデタラメを言ってると言って批判し、批判的な否定記事がたくさんネットに掲載されています。

しかし、私達は何が本当のことを言ってるのかを良く冷静に見つめ判断し、理解しなてくはいけません。

私達の命や子どもたちの命をまもり、人類の未来を守るために。

www.rael.org/ja

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

山崎パンの添加物で発がん性物質が使われ健康に悪いはデマ?

山崎パンがとある添加物「臭素酸カリウム」をまた使い始めたので、食べないほうがいい、と言うツイートを見かけて、「ちょっと気になるな」と思い、本当に危険なのかを調べてみたので、その内容を紹介します。 &n …

no image

断食をロシアが公式に認めた!ゴリャチンスクのファースティングとは?

みなさん、こんにちは。 最近、日本では断食ダイエットがブームのようです。 多くの若者が断食ダイエットに挑戦していますが、 断食というのをテーマに見てみると、実は、 ロシアが凄いというのをご存知でしたか …

ニッポン全国鍋グランプリ2018!過去の傾向と入賞予想!

「東京生テレビ」【16/01/30号】ニッポン全国鍋グランプリ(杉浦太陽、内山信二、SKE48 松村香織、佐藤さくら 出演)東京のJ:COMチャンネル(地デジ11ch)で放送中! ▲提供:【公式】「東 …

ニッポン全国鍋グランプリ2018!牛すじぷるぷるこんにゃく鍋の食べ処は?

★ みなさん、こんにちは!ニッポン全国鍋グランプリという日本で最大規模の鍋料理の全国大会があるというのをネットで知って、とっても面白そうだなと思いました。そこで、入賞したチームの中でも、2017年のニ …

博多豚骨ラーメンズの馬場探偵の決め台詞!博多弁の意味は?Part1

皆さんこんにちはぁ。 博多豚骨ラーメンズの記事を最近書いてますけど、 この小説、2018年1月にアニメ化するんですよ。 それで、アニメ化になると音声も入るので、 博多弁がわかるかなって気になりませんか …

スポンサードリンク