ウィルス・ワクチン 健康 生活

mRNA技術開発者ロバート・マローンが子供のワクチン摂取で警告!

投稿日:

mRNA技術開発に長年専念してきたロバート・マローン博士が、父親・祖父として子供へ枠沈摂取がいかに健康に悪影響であるか最終警告を発しています。

今日は、その内容について皆さんに紹介します。

特に、彼は新型567ワクチンに使用されているmRNA技術の開発に専念してきた人なので、その有害性について非常に詳しい人です。なので、彼の発する警告には耳を傾けるべきでしょう。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

【動画】mRNA技術のパイオニア、ロバート・マローン博士から567枠沈に対する最終警告!

https://rumble.com/vr2hxj-jps-subtitles-dernier-avertissement-du-dr-robert-malone-pionnier-de-la-tech.html?mref=mr4wp&mc=9dt3i

(Jps subtitles) DERNIER AVERTISSEMENT DU DR ROBERT MALONE, PIONNIER DE LA TECHNOLOGIE ARNM
mRNA技術のパイオニア、ロバート・マローン博士から567枠沈に対する最終警告!【日本語字幕付き】

この動画で彼が説明している内容をいかに紹介します。

 

【訳文】ロバート・マローン博士が子供へのワクチン注射を打つことに対して警告!

以下、翻訳文です。

 

「私の名前は、ロバート・マローンです。私は医師であり、科学者です。そして、もっと重要なことは、私は父親であり、祖父でもあります。

私は普段、用意されたスピーチを読むことはありませんが、今回はとても重要なことなので、一言一句、事実、つまり科学的事実を正確に伝えたいと思います。

私は、枠沈の研究開発に携わってきた者として、この言葉を支持します。

私はコビッドの予防接種を受けていて、一般的に、予防接種には賛成です。

私は、感染症の予防と治療のための安全で効果的な方法を開発することに、これまでのキャリアを捧げてきました。。

この発言にテキストを掲載しますので、お友達やご家族とシェアしてください。

ここからが本題です。

子供に新型567ウイルスの枠沈を打たせる決断は不可逆的です。

私が作ったRNA枠沈技術に基づくこの遺伝子枠沈について、科学的事実をお知らせします。

この取り返しのつかない決断をする前に、親が理解しなければならないことが3つあります。

1つ目は、ウイルスの遺伝子をお子さんの細胞に注入すると言うことです。

この遺伝子は、あなたの子供の体に毒性のあるスパイクタンパク質を作らせます。

これらのタンパク質は、しばしば子供たちの重要な臓器永久的な損傷を与えます。

例えば、脳や神経系心臓や血管(血栓を含むダメージを与える)、生殖器など。

そして、最も重要なのは、この枠沈によって免疫系に根本的な変化が起こることです。

そして、最も憂慮すべき点は、これらの損害が一旦発生すると、修復不可能であるということです。元に戻すことはできないのです。

  • の中の領域を修正することはできません。
  • 心臓の組織の傷を修復することはできません。
  • 遺伝的にリセットされた免疫系を修復することはできません。

そして、この枠沈は生殖系のダメージを引き起こす可能性があります。

それはあなたの家族の将来の世代に影響を与える可能性があります。

そして、2点目は、この斬新な技術は十分なテストが行われていないことです。この新しい技術に関連するリスクを本当に理解するためには、少なくともテストと研究を5年間しなくてはいけません。

しかし、実際には、新しい薬の害やリスクは、何年も経ってから明らかになることが多いのです。

だから、私はあなたに自問自答してほしいのです…。

同じ親として、自分の子供を、人類史上最も過激な実験に参加させたいのか?

最後にもう1点、彼らがあなたに説明している、子供に枠沈を打つ為の理由は、全部 嘘です。
あなたの子どもは、両親や祖父母にとって危険な存在ではありません
むしろ、それは逆で、新型567に感染した後の子供達の免疫力は、あなたの家族を、いや、世界をこの病気から救うために非常に重要なのです。

最後に、まとめると、親として、あなたとあなたの子供が一生付き合っていかなければならないかもしれない枠沈の既知の健康上のリスクを考えると、あなたの子供やあなたの家族にとって、小さなリスクでしかないウイルスに対する枠沈を接種するメリットは、全くありません

リスク・ベネフィット分析は、あなたの子供たちにとっての枠沈の本質とはかけ離れたものです。

親として、祖父母として、私が皆さんに強くお勧めするのは、この新型567ウイルスに対する注射(枠沈)から子どもたちを守るために、抵抗し、戦うことです。」

 

ロバート・マローン博士とは?

Robert Wallace Malone(ロバート・ワレス・マローン)は、アメリカのウイルス学者、免疫学者。mRNA技術、医薬品、薬剤再利用の研究に重点を置いています。新型567パンデミックの際、新型567枠沈の安全性と有効性に関する誤った情報を広めたとして主流のメディアから批判されていました。

ロバート・マローンは、カリフォルニア大学デービス校を卒業し、ノースウェスタン大学で医学博士号を取得しました。

彼のキャリアについて説明すると、

1980年代、ソーク生物学研究所の研究員であったマローンは、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)技術に関する研究を行い、リポソームで保護したmRNAを培養細胞に転送し、タンパク質の生成に必要な情報を伝達できることを発見しました。

Maloneは、Avancer Groupの臨床担当ディレクター、EpiVaxの科学諮問委員会メンバー、メリーランド大学ボルチモア校医学部の助教授、ケネソー州立大学のバイオテクノロジーの非常勤準教授を務めています。 彼はAtheric PharmaceuticalのCEO兼共同設立者であり、2016年に米軍感染症医学研究所から既存薬の有効性を評価してジカウイルスに対する治療法の開発を支援する契約を結びました。2020年までに、マローンはAlchem Laboratories(フロリダ州の医薬品会社)の最高医療責任者を務めていました。

 

最後に

枠沈を摂取したら、死ぬまでずっと、その致命的な体への損傷が続き、その治療法は一切ありません。

また、致命的な副作用の一つに、子供を作れなくなることです。生殖器にスパイクタンパク質が蓄積され、致命的な損傷を与えてしまいます。

これは人口削減と同じ目的で意図的に作られたものです。

私達は、断固、新型567ウイルスの枠沈に反対し、拒否し続けなくてはいけません。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

鎮守(ちんじゅ)神社と御礼参りについて

産土神社とセットになる鎮守神社についてお伝えします。会社や学校の鎮守神社、自分や家族の入院している病院の鎮守神社もあるのです。 目 次1 鎮守神社とは2 鎮守の大神とは 3 鎮守神社のサポート隊3.1 …

2週間断食6日目!体重や飲み物・体調の変化・おすすめの商品は?

みなさん こんにちは。 この記事は、 断食2週間でデトックス1〜5日目!体重の変化や飲み物は何がいい? の続きです。 まだ上の記事を読んでない方は、そちらから先に 読んでくださいね。 それでは2週間断 …

3日断食の準備食2日目!メニューや食事の作り方・体重・体調は?

みなさん、こんにちは。 3日断食の準備食2日めです。 今日は、できるだけ粗食で1日を過ごす予定です。 準備食の内容や、体調の変化、体重の変化など 紹介していきますね。 関連記事 断食初心者 断食が初め …

コロナワクチンの抗体はデルタ株の感染を助けることが判明!

この動画は、クリスティーナ・パークス博士が、ミシガン州議会で枠沈に関する証言をしているところを撮影したものです。 内容が枠沈接種が人に良くないことをmRNA型枠沈の専門家の観点から伝えようとしています …

断食でデトックス期間2週間の体験記録13日目!スーパーオータカ

みなさん、こんにちは。 この記事は、長期断食5日目から14日目まで連載です。 まだ、前の記事を読んでない方は、以下の関連記事 の方から読んでみてください。 では、今日で13日目になりました。 今日も断 …

スポンサードリンク