政治 歴史 毎日の日記

アンナ・トーヴェの証言!ウクライナ爆撃で家族が殺された

投稿日:2022年4月27日 更新日:

Burned and destroyed manor on the line of confrontation between the Russian-Ukrainian war in Donbass

▲この写真はイメージ図です。実際のアンナ・トーヴェさんの爆撃された家とは関係ありません。

この記事は、ウクライナ東部に住んでいたアンナ・トーヴェさんの家が、ウクライナ空軍の爆撃にあい体の一部を失い、家族を失った経験の証言記事です。

これを読むと、誰がウクライナ市民(ロシア系ウクライナ人)を集団詐害しているかわかります。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

アンナ・トーヴェの証言記事は?(Anna Tove’s Testimonial Article)

では、アンナ・トーヴェさんの証言記事を紹介します。

https://skif1959.livejournal.com/1729583.html

この記事は自動翻訳ソフトを使い、ロシア語から英語、そして、日本語に翻訳しました。和訳のおかしなところをチェックして、自然な日本語にしています。一部、意味がとりにくいところもあるかも知れませんが、ご了承下さい。

記載の仕方は、最初に英文訳、次に日本語訳としています。

アンナ・トーヴェさんの家族構成場所の説明を先に読むと、記事を理解しやすいです。

 

アンナ・トーヴェの家族構成は?

アンナ・トーヴェの証言記事を読んでいると、家族構成で少し混乱してしまいました。そこで、皆さんにはわかりやすいように事前に、その構成を紹介しておきます。

  • Anna Tove: アンナ・トーヴェ(生き残った母)。3人の子供を生んだ。
  • Yura:ユラ。夫。
  • Milana:ミラナ。長女。
  • Katya:カチャ。10歳の娘。
  • Zakhar: ザハル。2歳の息子。

 

アンナ・トーヴェの証言記事 / Anna Tove’s Testimonial Article

▲引用元:https://by-julietbonnay.com/2021/06/seven-years-of-bombing-in-eastern-ukraine-anna-tuv-interview/
アンナ・トーヴェのインタビュー記事より

“Anna Tove. “Confessions of a Terrorist.” Confession of Anna Tove from Donbass: Family Killed, Nominated for Nobel Prize. She lost her husband and daughter in Gorlovka during shelling and found the Ukrainian military who destroyed them. Ukraine would have given much for this woman to have remained under the rubble of her house in Horlivka with her husband and older daughter in May 2015. For her to be gone altogether.

アンナ・トーヴェ “テロリスト”の告白/ドンバス出身のアンナ・トーヴェの告白。家族が殺され、ノーベル賞候補に。彼女はゴルロフカで砲撃の際に夫と娘を失い、後に、彼女の家を破壊し家族を殺害した犯人を発見する事になります。ウクライナは、この女性が2015年5月夫と長女とともにホルリフカの自宅の瓦礫の下に埋もれていたら、大いに助かったことでしょう。なぜなら、みんな死んでしまって(生き残りの証言者もいなかっ)たはずだからです。

Included in the Ukrainian “Peacemaker” database as a terrorist and separatist, 35-year-old Anna Tuve nevertheless travels all over Europe with anti-war speeches. Dozens of articles and reports about her have appeared there.

ウクライナの「ピースメーカー」データベースにテロリスト、分離主義者として登録された35歳のアンナ・トーヴェは、それでも反戦の演説でヨーロッパ中を駆け巡っています。彼女に関する記事やレポートは、何十本も掲載されています。

After Anna’s speech at the Palais des Nations in Geneva at the 2017 session of the Human Rights Council at the United Nations, the hall fell silent.

ジュネーブのパレ・デ・ナシオンで行われた、国連人権理事会2017年会合でのアンナのスピーチの後、会場が静まり返りました。

Oddly enough, only we, in Russia, know almost nothing about Anna Tove, a candidate for the 2019 Nobel Peace Prize. She was also nominated for this award by the Europeans.

奇しくもロシアの我々だけが、2019年のノーベル平和賞候補であるアンナ・トーヴェのことをほとんど何も知りません。彼女はヨーロッパ勢からもこの賞の候補で推薦されています。

She is the pain of the Donbass. Its only voice heard in the world.

彼女はドンバス(Donbas)の痛みです。世界で聞こえる唯一の声です。

The nomination of a simple Gorlovka resident should help with media coverage of the conflict in eastern Ukraine, Mr. Ennio Bordato, chairman of the Italian charity Help Save the Children, said in an interview.

イタリアの慈善団体「ヘルプ・セーブ・ザ・チルドレン」の会長であるエンニオ・ボルダート氏は、インタビューで、「平凡なゴルロフカの住民が推薦されたことで、ウクライナ東部の紛争に関するメディアの報道を助けるはずだ」と述べました。

Anna’s candidacy, as required by the rules of the Nobel Prize, was proposed by Vito Comencini, a member of the Italian national parliament. Anna Tuve’s case against the Ukrainian military who killed her family has become one of the most high-profile in Strasbourg.

アンナの立候補は、ノーベル賞の規定に従って、イタリア国民議会議員のヴィト・コメンチーニ氏によって提案されたものです。アンナ・トーヴェの家族を殺したウクライナ軍に対する訴訟は、フランスのストラスブールで最も注目されるもののひとつとなりました。

With one surviving hand, Anna Tuve dug up her newborn Milana.

アンナ・トゥーヴェは、生き残った片方の手で生まれたばかりのミラナを掘り起こしました。

“Every morning we woke up, thinking that yesterday was the worst day ever,” Anna Tove begins her story.

「毎朝、昨日は最悪の日だったと思いながら目が覚めました。」とアンナ・トーヴェは話を始めます。

Anna is short, thin, and has a bionic prosthetic arm instead of a hand. Her voice is soft. And at first glance there is nothing remarkable about her – not the Maid of Orleans with the glowing eyes. An ordinary wife and mother, an ordinary woman. More often than not, fate chooses the most ordinary ones.

アンナは背が低く、痩せていて、失われた手の代わりにバイオニック義手を付けています。彼女の声は柔らかくて、一見したところ、彼女に目立った特徴はありません。輝く瞳を持つオルレアンの乙女でもないです。平凡な妻であり、母であり、平凡な女性運命はしばしば、最も平凡な者を選びます。

Dozens, hundreds of times she had to speak in front of people who do not know Russian, to talk about what many would prefer not to know at all.

何十回、何百回と、ロシア語を知らない人たちの前で、多くの人がまったく知りたくないと思うようなことを話さなければいけませんでした。

What she tells me today – about the orange squeaking chickens in the cage she tried to save moments before shells rained down on her house, how the dust from the bombing settled on her bleeding face, how she dug her newborn daughter into the ground with her arm hanging from one skin, her eardrums ruptured, who was only a few weeks old, holding with her other hand a two-year-old son who was wrenching and terrified, how she saw that only half of her husband and the older girl were left, all this she repeated countless times in front of the others. ..

今日、彼女が私に語ったこと…家に砲弾が降り注ぐ瞬間彼女が助けようとしたケージの中のオレンジ色の鳴く鶏のこと爆撃の粉塵彼女の出血した顔に降りかかったこと鼓膜が破れ、片方の前腕部が皮一枚で肘からぶら下がった状態でもう一方の手で、もがきながらおびえる2歳の息子を地面を掘って助けたこと夫と上の女の子の体半分だけが残されているのを見たこと…彼女は他の人達の前で、これらの証言を数え切れないほど繰り返して言いました。

“Every morning we were sure that yesterday was the worst day ever,” she says almost expressionless. Almost never looking at me. Gazing into someone, invisible and disembodied, standing behind me.

「毎朝、昨日は最悪の日だったと確信します」 彼女はほとんど無表情で言います。
彼女はほとんど私を見ていません。私の後ろに立っている、何か見えない、実体のない誰かを見つめています。

“I am Anna Tove, a resident of Donbass“…
She has learned her speech by heart. Told dozens, hundreds of times, it bounces off her teeth. As if it were a retelling of a newspaper article or a scary book. Otherwise, I think Anna would just go crazy.

「私はドンバス地方に住むアンナ・トーヴェです。」 彼女はこのスピーチを暗記しています。何十回、何百回と繰り返し、歯に衣着せぬ物言いで。まるで新聞記事か怖い本の再録をするように。でないとアンナは発狂するでしょう。

“My husband wouldn’t let me go to rallies.”

「夫は集会に行かせてくれませんでした。」

“I was born and grew up in Ukrainian Gorlovka. My parents are miners, they were brought to the Donbass from the Kursk region when they were young. By education I am a medic and most of my life I worked as a nurse in the surgical department of the city hospital. 

「私はウクライナゴルロフカ市で生まれ育ちました。両親は鉱山労働者で、幼いころにクルスク地方からドンバス地方に連れてこられました。私は医療従事者であり、人生の大半を市立病院の外科看護師として働いてきました。

My husband and I lived well. We kept a large farm, pigs, chickens, vegetable garden, had a small business: my husband worked as a car salesman and I also distributed cosmetics.

主人も私も元気に暮らしました。大きな農場に豚、鶏、菜園、そして夫は車の仕事、私は本業の傍ら化粧品の販売と、小さなビジネスを営んでいました。

We were absolutely apolitical about everything that was going on in Ukraine. We didn’t go to rallies and demonstrations, we didn’t fight for anything. We saw what was happening in Kiev in 2014 as just another “Orange Revolution” – they would just make a rally and stop. It had nothing to do with our own lives.

ウクライナで起こっていることについては、まったく無関心で、いつもテレビを見る時間すらありませんでした。集会やデモに出るわけでもなく、何かのために闘うわけでもない。2014年にキエフで起きていたことは、単なる「オレンジ革命」であり、彼らはただ集会を開いてはやめていくだけだと見ていました。自分たちの生活とは関係ないことでした。

Her husband did not let Anna go to the referendum on autonomy of the Donetsk Republic either, he was afraid of provocations.

彼女の夫は挑発行為を恐れて、アンナをドネツク共和国の自治権を問う住民投票にも行かせませんでした。

“I was either pregnant or nursing, and Yura wouldn’t let me turn on the news so as not to burn out my milk.”

「私は妊娠中授乳中で、ユラは私がミルクが焦げ付かないようにするため、ニュース番組を見させてくれませんでした。」

(訳者注:※ユラとは、恐らくアンナの夫のことだと思います。)

Donetsk, Slavyansk-it was like another reality. Yes, her family had also seen warplanes flying in the sky. But they didn’t think they were carrying death.

ドネツク、スラビャンスク……まるで別の現実のようだった。そう、彼女の家族も空を飛ぶ戦闘機を見たことがあります。しかし、それが死を運んでくる飛行機だとは思っていませんでした。

“And then the bombs started falling on the center of our city. We got scared, threw the sleepy children into the car and drove to the Crimea. We were sure that in a week everything would calm down – and we could go back: my husband believed that we should not leave the farm for a long time without supervision.”

「そして、爆弾が私たちの街の中心部に降り注ぎ始めました。私たちは怖くなり、眠っている子供たちを車に放り込んで、クリミアに向かいました。1週間もすれば落ち着くだろう、そうすれば戻れるだろうと。夫は、農場の管理なしに長い間、農場を離れてはいけないと信じていたんです。」

(※訳者注:「クリミア」とありますが、これは多分、クリミア半島の事ではないでしょうか?)

July 2014. Destroyed Gorlovka. A murdered baby girl in the arms of a dead mother who tried to save her child in one last embrace – a photo that went around the world. “Gorlovka Madonna” is the name of this picture. The murderers of this young and innocent girl and her daughter were called Ukraine, Russia, or the militia. Depending on the situation and political interests…

2014年7月 ゴルロフカは破壊されました。最後の抱擁で我が子を救おうとする死んだ母親の腕の中で殺された女児-この写真は世界中を駆け巡りました。「ゴルロフカの聖母(マドンナ)」は、この写真のタイトルです。この若く無垢な少女とその娘を殺害したのは、ウクライナ、ロシア、あるいは民兵だと言われています。状況や政治的利害によって…

The deceased girl’s name was Kristina Zhuk and she was 23 years old. Her daughter Kira was 11 months old. The photographer, a random passerby who captured the inferno, recalled the inhuman scream in his ears of a grandmother in an old shabby dress, confused and incongruously holding a piece of window frame, looking at the hole in the building where her house stood.

2014年7月に、ウクライナ側からの砲撃で亡くなった少女の名前は、クリスティナ・ジュク23歳でした。娘のキラは生後11カ月でした。その地獄を写したカメラマン(無作為の通行人)は、古いみすぼらしいドレスを着たおばあさんが、混乱しながらも不自然に窓枠の破片を持ち、自分の家のビルの穴を見て、人間離れした叫び声を耳にしたと回想しています。

ジュクの写真は、こちらの記事にも掲載されています。
   ↓
ゴルロフカのマドンナ:ウクライナ空爆で若き母と娘に起きた悲劇とは?

“We were considered separatists only by the fact of being born and living in the Donbass, air bombs flew in from that side, that summer Ukraine burned out entire neighborhoods of us, who could, they left, in eight neighboring streets only five families remained,” Anna Tove continues her story. – I didn’t want to be a refugee in Crimea, I wanted to go back home. We’re not homeless, not homeless, not vagrants. After a week Yura left, but the children and I stayed.

私たちはドンバスに生まれ住んでいるという事実だけで、分離主義者とみなされました空爆があちら(ウクライナ軍)から飛んできて、その夏、ウクライナ(軍)は私たちの近所全体を(爆弾で)焼き払いました。避難できる人たちは出て行きました。隣の8つの通りで5つの家族だけが残りました。」
アンナ・トーヴェは話を続けます。「クリミアで難民になるのは嫌でした。故郷に帰りたかったです。私たちはホームレスでも浮浪者でもないです。1週間後、ユラは出て行きましたが、私と子どもたちは残りました。」

※分離主義者とは、国内で民族的、宗教的、人種的に少数派である事から、中央からの分離独立を目指している人達の思想。

She worked as a bartender at a beachside cafe. There was no money, maternity benefits were only available in Ukraine, but it was impossible to get there; every three hours 10-year-old Katya brought her mother to feed little Zakhar.

彼女は海辺のカフェでバーテンダーとして働いていました。お金はなく、出産手当金ウクライナにしかありませんでしたが、ウクライナに行くのは不可能でした。10歳のカチャは3時間ごとに母親を連れてきて、小さなザハルに食事をさせました。

“The seasonal work was coming to an end. My husband came many times and persuaded me to return to Gorlovka. If I refused, our family would be destroyed. The children cried and asked to go back to their father. I complied, but it was our joint decision.

「季節労働は終わりに近づいていました。夫は何度も来て、私にゴルロフカに戻るように説得しました。断れば家族は崩壊します。子供たちは泣いて、『お父さんのところに帰りたい』と言います。しかし、それは私たち夫婦が決めたことです。」

They were back by the fall of 2014. Because they were confident that the first Minsk Protocol, which had just been signed by the parties to the conflict, providing for a cease-fire in Donetsk and Luhansk, would bring an end to the war.

彼らは2014年の秋には戻っていました。なぜなら、紛争当事者が署名したばかりの、ドネツクとルハンスクの停戦を定めた第一次ミンスク議定書が、戦争に終止符を打つと確信していたからです。

ミンスク議定書は、2014年9月5日にウクライナ、ロシア連邦、ドネツク人民共和国、ルガンスク人民共和国が調印した、ドンバス地方における戦闘(ドンバス戦争)停止についての合意文書です。。

これは欧州安全保障協力機構(OSCE)の援助の下、ベラルーシのミンスクで調印されました。以前から行われていたドンバス地方での戦闘停止の試みに添い、即時休戦の実施に合意しています。しかし、ドンバスでの休戦は失敗しました

2015年2月11日には、ドイツとフランスの仲介によりミンスク2が調印されました。2021年10月末のウクライナ軍のトルコ製攻撃ドローンによるドンバス地方への攻撃に端に発したロシア・ウクライナ危機 (2021年-2022年)が対立の激しさを増し、2022年2月21日にロシアのプーチン大統領ドンバス地方の独立を承認し、翌22日の会見で、ミンスク合意は長期間履行されずもはや合意そのものが存在していない、として破棄しました。

参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/ミンスク議定書

Other people, encouraged by the negotiations, were returning as well. Anna became pregnant with her third child. And then all hell broke loose again.

その他の人たちも、この交渉に勇気づけられて続々と(ゴルロフカに)戻ってきました。アンナは、3人目の子供を妊娠しました。そして、再び大混乱に陥りました。

“They bombed every laziness. They didn’t talk about it anywhere, because officially it was “Minsk”. We didn’t have a cellar, we hid at a friend’s house on a nearby street, ran through the snow at night, and sat in a cold cellar. The children caught pneumonia that winter. We were exhausted. We lost our vigilance. We were tired of being afraid. In time, you get used to everything. Every day we woke up thinking that yesterday was the last shelling. It was just that belief that kept us going.

“彼らは全ての怠慢な人たちを爆撃しました。公式には「ミンスク」だから、その事については彼らは一切口にしませんでした。地下室もなく、近くの通りにある友達の家に隠れ、夜は雪の中を走り、寒い地下室に座りました。その冬、子どもたちは肺炎になりました。私たちは疲れ果ててしまいました。警戒心を失いました。恐れることに疲れたのです。やがて、何事にも慣れるものです。毎朝、「昨日が最後の砲撃だ」と思いながら目を覚ましていました。そう信じることで、私たちは生きることができました。

She registered her pregnancy the day before she was due to give birth. Being in the hospital was not safe either. She gave birth to Milana and an hour later went home under another bombardment – targeting civilian objects.

出産予定日の前日に妊娠届を出しました。病院内も安全とは言えませんでした。ミラナ出産し、その1時間後に家に帰ると、またもや民間人を標的にした砲撃が待っていました

The older daughter was sent to school with a note in her backpack telling her how to behave if they started shooting at the school. Anna was looking forward to summer, so she wouldn’t let go of Katya.

彼らが学校で銃撃し始めたらどう行動するかを書いたメモをリュックサックに入れて、上の娘を登校させました。アンナは夏が待ち遠しくて、カチャを放そうとしませんでした。

On May 21, Katya turned 11 years old. Five days later she was gone.

5月21日、(娘の)カチャは11歳になりました。その5日後、彼女はこの世を去りました。

“We celebrated her birthday. Neighborhood kids came over. And in the evening the cannonade started again,” Anna continues. – I made up my mind that Katya would finish fourth grade, and we’d go away at least somewhere… We were just a day away from the start of her vacation.

「彼女の誕生日を祝いました。近所の子供たちも来てくれました。そして夕方になると、また砲撃が始まりました。」とアンナは続けます。- 「私は、カチャが4年生を卒業したら、せめてどこかへ出かけようと心に決めていました…。彼女の休暇が始まるまであと1日でした。」

 

Does she remember that day?
 彼女はその日のことを覚えているのでしょうか?

Katya came home from school happy, anticipating the last bell. Hay was brought in, it had to be tedded to dry, the vegetable garden was watered, and a Ukrainian reconnaissance drone flew low. It was business as usual.

カチャは嬉しそうに学校から帰ってきて、終業のベルを待ち望んでいました。干し草が運ばれ、それを乾燥させるために草取りをし、菜園に水をやり、ウクライナの偵察用ドローンが低空飛行をしていました。いつも通りの生活でした。

“We didn’t have time to get our bearings before they started shooting again. I quickly took the cages with the chickens from the street to the shed, my daughter ran out into the yard to help me. I asked Yura to turn the TV set louder, so I wouldn’t have to hear the noise of the falling shells.

「慌てて逃げる間もなく、再び銃撃が始まりました。私は急いで鶏の入ったかごを通りから小屋に運び、娘も庭に飛び出して手伝ってくれました。ユラに頼んでテレビの音を大きくしてもらい、砲弾の落ちる音が聞こえないようにしました。」

Anna says there was a loud whistle and she ran towards the house. She barely made it over the threshold and slammed the door behind her. И… nothing happened.

アンナによると、大きな笛が鳴ったので、家に向かって走ったそうです。彼女はかろうじて敷居を乗り越え、後ろ手にドアをバタンと閉めました。何も起きませんでした。

The bomb hit between the hallway and the nursery. The young woman was thrown outward by the blast wave. She lost consciousness. “I woke up with a loud screeching in my ears and the smell of gas. I was covered in dust and lime. I couldn’t open my eyes. A broken gas pipe was pointed right in my face, it hissed, and I couldn’t turn around or move.”

爆弾は廊下と子供部屋の間に落ちました。その若い女性は爆風で外側に投げ出され、意識を失いました。「耳元で大きな音がして、ガスの臭いで目が覚めました。埃と石灰にまみれていました。目が開けられませんでした。割れたガス管が顔の方に突き出していて、ヒューと鳴り、振り向くことも動くこともできませんでした。」

A neighbor helped her free herself from under the remains of the door, which had fallen on top of her. Anna could hear Zakhar gasping for air somewhere nearby, covered in earth. She screamed and called out for Yura and Katya. But there was no answer.

近所の人が、落ちてきたドアの残骸の下敷きになった彼女を助けてくれました。アンナは、近くのどこかで、ザハルが土にまみれて息を切らしているのが聞こえました。彼女は叫びながら、ユラカチャを呼びました。でも、返事がありません。

“Another shell exploded next to the refrigerator. I don’t remember how I managed to free Zakhar. He was screaming very hard and kept pointing at my left arm. I didn’t understand what was wrong with him, it didn’t hurt at all, and I looked – what was left of my arm was hanging on a single flap of skin.

「冷蔵庫の横で別の砲弾が爆発しました。どうやってザハルを逃がしたか覚えていません。彼はとても激しく叫んでいて、私の左腕を指さし続けていました。何が悪いのか理解できませんでした。全然痛くないし、見てみると、私の腕の残りの部分が一枚の皮にぶら下がっていました。

The cell phones were drowned in the aquarium. Its glass burst, and everything around it was in the water. The second explosion left Anna trapped in the house with her two children. Bandaging her arm with Zakhar’s tights, she dug out Milana. “I couldn’t leave my son and run to find Katya and Yura, because Zakhar wouldn’t let me go for a second, barefoot in blood he was running on the shrapnel, and I had to hold him to me hard so he would quiet down. I knew it was all I could do at the moment.”

携帯電話は水槽に水没しました。水槽のガラスは割れ、周りのものはすべて水浸しになりました。2回目の爆発で、アンナは2人の子供と一緒に家の中に閉じ込められました。ザハルのタイツで腕を包帯して、彼女はミラナを掘り出しました。「ザハルは血まみれの裸足で破片の上を走っていたので、彼を落ち着かせるために強く抱きしめなければならず、そのため、カチャユラを探しに行く事ができませんでした。今できることはそれしかありませんでした。」

She heard one of the male rescuers, breaking through to them, shout loudly: “Baby, baby!” Anna was sure it was Katya they had found and she was unconscious. But the rescuers were white as chalk.

彼女は、彼女達の元へ割って入った男性救助者の一人が、大声で叫ぶのを聞きました。「赤ちゃん、赤ちゃん!」 アンナは、自分たちが発見したのがカチャであり、彼女は意識を失っていることを確信しました。しかし、救助隊員はチョークのように顔面蒼白でした。

“And I saw half of my Katya’s torso left. There was Yura lying next to her, face on the cinder blocks. No arms, no legs. He was torn to pieces on the doorstep of his house.”

「そして、カチャの胴体の半分が残っているのが見えました。隣にはユラが倒れていて、顔が石膏ブロックの上になってうつ伏せになっていました。腕と足がありませんでした。彼は家の玄関先でバラバラに引き裂かれていました。」

After her husband and daughter died, Anna did not want to live.

夫と娘を亡くして、アンナは生きていくのが嫌になりました。

 

The Long Road Home
 
故郷への長い道のり

It was not only Anna Tuv’s family that died that day. On May 26, 2015, shelling by the Ukrainian Armed Forces killed five more civilians in Gorlovka. All night long, the ambulances in the city did not stop humming, carrying the wounded.

その日亡くなったのは、アンナ・トーヴェの家族だけではありません。2015年5月26日、ウクライナ軍による砲撃で、ゴルロフカではさらに5人の市民が死亡しました。一晩中、市内の救急車は負傷者を乗せ、甲高い音が鳴り止みませんでした。

Anna refused to go to the hospital without her younger children. But they were placed in different wards. After the amputation, she begged to be taken downstairs to the babies.

アンナは、幼い子供たちを置いて病院に行くことを拒みました。しかし、彼らは別々の病棟に入れられました。腕の切断の手術が終わった後、彼女は「下の階の赤ん坊のところに連れていってほしい」と懇願しました。

“I was on the seventh floor, and I realized that if a landmine were to hit here, there would be nothing I could do to help my children. Nothing. I worked in this building, I knew every nook and cranny of it, I alone could save them.”

「私は7階にいたのですが、もしここに地雷があったら、子どもたちを助けるためにできることは何もないと思いました。何もできない。このビルで働き、隅々まで知り尽くしている私だけが、子供たちを救うことができるのだ」と思いました。

Milana was shredded with buckshot, Zakhar’s tongue was sticking out, and he was like a hedgehog covered in iron splinters that battered his shoulders and back. The boy could no longer speak. He wasn’t himself. Later he would even be diagnosed as autistic, a consequence of the shock.

ミラナは散弾で切り裂かれ、ザハルは舌を突き出し、肩や背中を打ち付けた鉄片で覆われたハリネズミのようでした。少年はもう話すことができませんでした。自分が自分でなくなったのです。後に彼は、ショックからくる自閉症と診断されました。

Anna didn’t want to live. The English reporter Graham Phillips didn’t let her die – he was always there, in her room, chronicling the war.

アンナは生きる気力がありませんでしたイギリス人記者グラハム・フィリップスは、彼女を決して死なせませんでした。彼はいつも彼女の部屋にいて、戦争の記録を残していたのです。

“After the funeral, the Angel Humanitarian Battalion took me and my children to Donetsk. They put me up in the apartment of a sailor who went to work in Europe. The landlord said: “If a person in a difficult life situation comes, give him my keys.””

「葬儀の後、天使人権大隊が私と子供たちをドネツクに連れて行ってくれました。ヨーロッパに出稼ぎに行った船員のアパートに泊めてくれたんです。大家さんはこう言いました。『生活が苦しい人が来たら、私の鍵を渡しなさい。』」

It became a temporary shelter for her and the children. A safe place for many months. They were taken to various hospitals, trying to rehabilitate Zakhar’s psyche.

それは彼女と子供たちの一時的な避難場所になりました。何カ月もの間、そこは安全な場所でした。彼らは様々な病院へ連れて行かれ、ザハルの精神的なリハビリを試みました。

Anna got her first prosthesis in St. Petersburg. A working traction prosthesis. She was not able to get a bionic one right away, as the stump had not yet formed.

アンナはサンクトペテルブルクで初めて義肢を手に入れました。動く牽引式の義肢です。断端ダンタンがまだ形成されていなかったので、すぐにバイオニック義肢を手に入れることはできませんでした。

For a year she was unable to go abroad, as the Europeans insisted, ready to pay for the operation. But it was only possible to obtain a passport in Kiev, and there Anna was considered a separatist, she was even included in the “Peacemaker” database, claiming that she had not suffered from the bombing, had not lost her family, but was a nurse of the DNR militia.

ヨーロッパ人たちが手術代を払う用意があると主張したため、彼女は1年間、海外に行くことができませんでした。しかし、パスポートを取得できたのはキエフだけで、そこでアンナは分離主義者とみなされ、爆撃の被害を受けず、家族を失わず、DNR(ドネツク人民共和国)市民軍の看護師であると主張し、「ピースメーカー」データベースにさえ登録されました。

Yes, during this time she found out who killed her husband and Katya. Not some hypothetical Kiev, but specific names and ranks of Ukrainian officers. The Investigative Committee of the Russian Federation and law enforcement agencies of the DNR investigated the crime.

そう、この間に彼女は誰が夫とカチャを殺したのかを突き止めたのです。仮想のキエフではなく、ウクライナの将校の具体的な名前と階級が分かったのです。ロシア連邦の調査委員会とDNRの法執行機関がその犯罪を調査したのです

According to their information, Lieutenant Colonel Viktor Yushko, commander of the 1st Howitzer Artillery Division of the 44th Independent Artillery Brigade of the Armed Forces of Ukraine (Ternopil), was commanded the shelling of Gorlovka that day. This unit was part of the 44th Independent Artillery Brigade, whose commander is Colonel Oleg Lisovoy. It was he who gave the order to shoot at civilians. Yushko carried it out.

彼らの情報によると、ウクライナ軍第44独立砲兵旅団ホウヘイリョダン(テルノピル)の第1榴弾砲リュウダンホウ師団長ビクトル・ユシュコ中佐が、その日ゴルロフカへの砲撃を命じられました。この部隊はウクライナ軍 第44独立砲兵旅団に所属し、その司令官はオレグ・リソヴォイ大佐でした。民間人への射撃を命じたのは彼でしたユシコはそれを実行に移したのです

Surely they have families somewhere, too… They kiss their children and wives as they return from another business trip to Donbass. Living people, not soulless robots, not automatons.

きっと、彼らもどこかに家族がいるのだろう……。ドンバスへの出張から戻ると、子供や妻にキスをするのだ。生きている人間、魂のないロボットでもなく、機械でもない。

 

How can they forgive themselves?
 彼らはどうやって自分を許せるのだろう?

“They knew very well that there were no militiamen among us. (This means that there was no reason for them to kill us.) The shelling took place after a reconnaissance drone flew over our neighborhood, so they knew that there were normal residential buildings here.

「彼らは、私たちの中に民兵がいないことをよく知っていました。(つまり私達を殺す理由がない事を知っていたのです。偵察用ドローンが私たちの周辺を飛行した後に砲撃が行われたので、ここに普通の住宅があることを彼らは知っていたのです。」

Civic activists from Donetsk sent the investigation materials and Anna’s video testimony to Strasbourg along with lawyer Damien Wegier. The European Court of Human Rights accepted them, Anna Tove’s case in ECHR No. 56288/15, but there are dozens, hundreds of such lawsuits and appeals… And it’s not in line with today’s political agenda to blame the Ukrainian government.

ドネツクの市民活動家は、調査資料とアンナのビデオ証言を、弁護士のダミアン・ウェジェと共にストラスブールに送りました。欧州人権裁判所はそれらを受理しました。アンナのケースはECHR No.56288/15ですが、こうした訴訟や上訴は何十、何百とあります…。そして、ウクライナ政府を非難することは、今日の政治的議題に沿うものではありません。

“My friend in Gorlovka had three children killed at once, so I’m still lucky,” Anna grins bitterly.

ゴルロフカの友人は、一度に3人の子供を殺されたから、私はまだましよ。」とアンナは苦笑します。

For the sake of her loved ones’ memory, all she could do from now on was talk.

大切な人の思い出のために、これからできることは、話すことだけです。

 

Witness for the Prosecution
 検察側証人

Italy, San Marino, Germany, France, Switzerland… The world is also split in two. Where, on the one hand, are the human rights activists and journalists who have covered her story. And on the other – the well-fed burghers, the functionaries who “knew” exactly how it was in reality and who was “to blame” for this war, it is still incredibly difficult to change their attitude toward what is happening in Donbass.

イタリア、サンマリノ、ドイツ、フランス、スイス…。世界も真っ二つに割れています。一方は、彼女の話を取材した人権活動家やジャーナリストたちのいる場所。そしてもう一方は、現実がどうなっているのか、この戦争で誰が「責められるべき」なのかを正確に「知っている」、よく肥えた市民や官僚たちで、ドンバス地方で起こっていることに対する彼らの態度を変えることは、いまだに信じられないほど難しいです。

If Anna were a real politician, these people probably wouldn’t even listen to her, no matter how convincing her arguments might be.

アンナが本物の政治家だったら、彼女の主張にどんなに説得力があっても、この人たちは聞く耳すら持たないでしょう。

But that’s the thing, she was just an ordinary woman. Ripped out of her ordinary life by a terrible explosion, where the vegetable garden, the chickens, her eldest daughter’s soon-to-be vacations, her youngest feeding by the hour…

しかし、それはそれとして、彼女はごく普通の女性でした。ある日、爆発が起こり、平凡な生活が一変したのです。菜園、ニワトリ、長女のもうすぐやってくる休暇、一番下の子の時間決めで与える食事…。

“My last speech at the UN in Geneva, there were speakers from different countries, including Ukraine. That side was represented by a woman who herself had been living in the U.S. for 10 years. She was convincing those present that the Russian army was in the Donbass and that Ukrainian troops were shelling non-residential houses and facilities of the separatists, not children. But I have pictures, evidence, evidence of the deaths of my family and my acquaintances, data from ballistic expertise, which side the shells came from. This woman had nothing to contradict me, because she’s doing well.”

「前回のジュネーブの国連でのスピーチでは、ウクライナなどさまざまな国から講演者が来ていました。その代表が、彼女自身10年前からアメリカに住んでいる女性でした。彼女は、ロシア軍がドンバス地方に入り、ウクライナ軍は子どもたちではなく、分離主義者の居住していない家や施設を砲撃していると、出席者を説得していました。しかし、私には写真や証拠、私の家族や知人が亡くなった証拠、弾道検査のデータ、砲弾がどちらから飛んできたか、などがあります。この女性は私に反論できるものは何も持っていませんでした。なぜなら、彼女は元気でやっていたからです。」

For the first time, the UN audience was silent. Not a single question was asked of Anna after her speech.

国連の聴衆は初めて沈黙しました。スピーチの後、アンナへの質問は一つもありませんでした。

The French did interviews, telling the tragic story of Anna Tuve in their media, the Italians staged street protests, demanding to put Petro Poroshenko and for the first time the national Ukrainian battalions on trial, recognizing them as terrorists, German parliamentarians promised to bring the terrible truth to their voters…

フランス人は取材を行い、メディアでアンナ・トーヴェの悲劇を語り、イタリア人は街頭抗議行動を行い、ペトロ・ポロシェンコとウクライナの国軍を初めて裁判にかけテロリストとして認定するよう要求しドイツの国会議員は有権者に恐ろしい真実を伝えると約束しました……」。

ペトロ・ポロシェンコとは?

ポロシェンコ(1965年9月26日~)は、ウクライナの実業家、政治家。 第5代大統領。ウクライナ有数の富豪。

2014年にヤヌコーヴィチ政権を崩壊させたウクライナ反政府デモでは、デモを財政面で支援したとも報じられました。その後、2014年5月に行われた大統領選挙に出馬し、1回目の投票で54%超えの票を獲得して、第5代ウクライナ大統領に選出されました。2019年の大統領選挙では落選し、1期で大統領を退任しました。

参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/ペトロ・ポロシェンコ

The frail little woman – not the thunderous Russian politicians – broke the information blockade in Europe with the truth about her bleeding homeland.

か弱い小柄な女性が…雷を落とすようなロシアの政治家ではないですが…血を流す祖国の真実ヨーロッパの情報封鎖を破ったのです

After Anna’s speech in Verona, Petro Poroshenko was stripped of his title of honorary Italian citizen.

アンナのヴェローナでの講演の後、ペトロ・ポロシェンコはイタリア名誉市民の称号を剥奪されました。

“Thousands of people, my countrymen, are writing to me via social media about what is happening now. Nothing is over yet. There is no peace. Of course, many in the West and in Kiev don’t like it. I get threats all the time. At first it was very difficult to travel abroad, because I was a citizen of Ukraine and they tried not to let me out. Only at the end of 2018 I finally managed to get Russian citizenship as a native Russian speaker. To do this I had to prove that my parents were from the Kursk region and that I had every right to do so. My Russian maiden name is Golovina. But it was incredibly difficult to convince Russian officials of anything, although even the deputies of the State Duma stood up for me.”

「何千人もの同胞が、今起こっていることについて、ソーシャルメディアを通じて私に手紙を寄せてくれています。まだ何も終わっていません。平和は存在しません。もちろん、西側やキエフの多くの人々は、それを好みません。私はいつも脅迫を受けています。最初は、私がウクライナ国民であるため、海外に渡航するのは非常に難しく、私が外に出ない(海外に渡航しない)ようにされました。2018年末になってようやく、ロシア語を母国語とする私は、ロシアの市民権を取得することができました。そのためには、私の両親がクルスク地方の出身であること、そして私にはその権利があることを証明しなければなりませんでした。私のロシアの旧姓はゴロヴィナです。しかし、ロシアの役人に何かを納得させるのは、信じられないほど難しいことでした。国会の代議士たちでさえ、私のために立ち上がってくれたのですが。」

 

アンナ・トーヴェの証言!場所の説明

ドンバス地方

ドンバス(ウクライナ語では「Донба́с」、ロシア語では「 Донба́сс」と書く)は、ウクライナの東南部に位置する地方です。ウクライナのドネツィク州ルハーンシク州を指します、ドンバス地方はウクライナ国土面積の10%を占めています。

参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/ドンバス地方

 

ドネツィク州

ドネツィク州(ウクライナ語: Донецька область)は、ウクライナの州の一つ。州都はドネツィクですが、分離・独立派による同地の行政庁舎の占拠により、一時的にマリウポリ、後にクラマトルスクに移していました。ロシア語名はドネツク州。

ドネツィク州には石炭(250億トン)、岩塩、石灰岩、耐火粘土、水銀、白亜などの資源があります。これらの資源はドネツィク石炭地区、スロヴヤンシク岩塩地区、ノヴォライシク耐火粘土地区、チャソヴォ=ヤルシク耐火粘土地区などを中心に採掘されています。

参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/ドネツィク州

 

ホルリフカ(ゴルロフカ)市

ホルリフカ(ゴルロフカ)市はウクライナ ドネツク州にある工業都市です。爆撃されたアンナ・トーヴェさんの家がこの市にあります。この場所はウクライナ東部になります。以下の地図を参照してください。

ウクライナ語の名称は、ホルリフカ:”Horlivka”(Горлівка )/ロシア語の名称は、ゴルロフカ(Gorlovka/Горловка [ˈɡorləfkə])

 

最後に

このアンナの証言を読んだら、ドンバスの地域の住民たちに攻撃をしかけたのはロシアではなく、ウクライナ軍だと言うことがわかります。この頃何が起きていたか調べてみると、ドンバス地方のウクライナ市民にウクライナ軍が砲撃をしかけていて、やられているウクライナ市民を助けるためにロシア軍がおりてきていたようです。この戦争を通称ドンバス戦争と呼びます。

アンナと彼女の家族は、この戦争のせいで被害を受けたようです。

恐らく、ロシア軍はウクライナ軍に攻撃されていたロシア系ウクライナ人を助けようとしていた可能性があります。

この彼女の記事を読んでいくと、今のウクライナ危機を理解する助けになりますね。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-政治, 歴史, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

沖縄戦で日本軍は沖縄の人々を命をかけて守ろうとした!

壕から出てきた避難民   いろんな資料で沖縄戦をしらべても真実は何故か良くわからないところがあります。そのわからないところというのは本当に日本軍兵士が沖縄県民を無残なやり方で殺したのだろうか …

長瀞の紅葉2018!ライトアップや川下り・レンタサイクルは?

埼玉県にも京都、もしくは、それ以上に紅葉が美しい場所「長瀞」 そこには荒川という川が流れていて、 とても美しい秋の紅葉の景観が楽しめます。 今回は長瀞で、いろんな紅葉の楽しみ方を調べた結果を 紹介しま …

埼玉県のインスタ映え観光スポット!いいねされるベスト7!

★提供:インスタグラム 埼玉県の皆さんこんにちは。または、埼玉県に遊びに来たい人たち、こんにちは。 最近、元SMAPの香取・草なぎ・稲垣の3人が72時間ホンネテレビをしましたが、彼らがInstagra …

イソプロピルメチルフェノールの特長や副作用は?殺菌は健康に良い?

足の臭いの原因が何なのか調べてみると それが皮膚常在菌が作る脂肪酸であることが わかりました。 最近、特に若い人たちの間で、自分の体臭をなくす のが、一つのマナーであると言う認識が強くなって きていま …

読書感想文で小学生低学年用に書き出しのコツや例は?書き方は?

皆さん、こんにちは。 読書どくしょかんそう文を夏休みの宿題しゅくだいで書くときに 本も買ってよんでみて いざかんそう文かんそうぶんを書こうとしたときに、 頭あたまの中がまっしろになって、 何も書けなか …

スポンサードリンク