政治 毎日の日記

ウクライナの元SBU捜査官が拷問刑務所と完全腐敗を暴く!

投稿日:2022年5月4日 更新日:

ウクライナとロシアの戦争が最近もニュースで報道されていますが、今日は、これが意図的にDSにより計画されていたものであった事を証明する証言が見つかりましたので、皆さんに紹介します。

その証言はウクライナ政府のとある組織の内部告発者がしているものです。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

ウクライナの元SBU捜査官が拷問刑務所と完全腐敗を暴く!

では、その内部告発者の動画から内容を紹介します。

Host of a TV News program:Let’s begin with the high-profile revelations, which were heard today during the press conference of an ex-officer of the Ukrainian Security Services (=Sluzhba bezpeky Ukrayiny = SBU). He gathered journalists to share the scandalous facts about what has been happening and is still happening in Ukraine. From secret prisons and torture to total corruption in the upcoming Presidential Elections.

Georgiy Olisashvili has the details.

ずは、本日行われたウクライナ保安庁(SBU)の元職員の記者会見で明らかになった、注目の事実について紹介しましょう。彼はジャーナリストを集め、ウクライナで起きていること、そして今も起きていることについてのスキャンダラスな事実を共有したのです。秘密刑務所や拷問から、今度の大統領選挙での完全な腐敗まで。

ゲオルギー・オリサシュヴィリ氏が詳細をお伝えします。

Georgiy Olisashvili : The topic stated in the announcement was as far-reaching as possible. Titled: “A press conference on the events of post-Maidan Ukraine”. The name of the speaker was kept in secret, which was an unusual intrigue; the journalists did not know who was going to ansder their questions until the very end.
オルギー・オリサシュヴィリ:発表に記載されたテーマは、可能な限り広範囲に及びました。タイトルは、「マイダン1後のウクライナの出来事に関する記者会見」。講演者の名前は伏せられており、記者たちは最後まで誰が質問に答えるのかわからないという、異例の趣向でした。

The hall did not contain any regular nameplates of the participants. Even with the appearance of the speaker, it did not make things clearer. This main character wasn’t recognized by anyone, so he had to begin by making an introduction himself.
場には、参加者の正規のネームプレートがありませんでした。講演者が登場しても、事態を明確にすることはできませんでした。この主人公は誰にも知られていなかったので、まず自分で自己紹介をすることから始める必要がありました。

Prozorov : “My name is Prozorov Vasily Nikolayevich. From 1999 to 2018, I was an employee in the Security Service of Ukraine (SBU). “
ロゾロフ:私の名前はプロゾロフ・ヴァシリー・ニコライェウィッチです。1999年から2018年まで、私はウクライナ保安庁(SBU)の職員でした。

Georgiy Olisashvili : After Maidan, Prozorov went to the Russian Special Services himself. In his words, he was working undercover in the Central Office of the SBU – in the headquarters, where they were directing the ATO in Donbass. Even before the start of combat actions, when a civil war was believed to have been able to avoid, Ukrainian Special Services planned for the strongest of scenarios – precluding a peaceful solution to the conflict. As Prozorov remarks, since the beginning of the combat actions in the East of Ukraine, vertical corruption was established and has been operating on all levels.

The interests of the local population was not taken into account by anyone.

Moreover, Prozorov claims that the SBU has opened a secret prison in Mariupol, where all the unwanted by the Kiev authorities were questioned with predilection, tortured – sometimes to death.

オルギー・オリサシュヴィリ:マイダンの後、プロゾロフは自らロシア特務機関に行きました。彼の言葉を借りれば、彼はSBUの中央局、つまりドンバスでのATOを指揮する本部で潜入捜査をしていました。内戦を回避できると思われた戦闘行為開始前から、ウクライナ特殊部隊は最も厳しいシナリオを計画しており、紛争の平和的解決は除外していました。プロゾロフが言うように、ウクライナ東部での戦闘行為が始まって以来、縦の腐敗が確立され、その腐敗があらゆるレベルで横行し続けています。

地元住民の利益は、誰からも考慮されませんでした。

さらに、プロゾロフは、SBUがマリウポル秘密刑務所を開設し、そこでキエフ当局に指名されなかったすべての人々が、好き勝手に尋問され、拷問され、時には死に至ることもあったと述べています。

Prozorov : I can say a lot about the prison located on the Mariupol aerodrome.  In casual language, they were calling it “The Library” and those detained were called “books”.  People were questioned there in technical rooms. In boiler rooms, storerooms – and if the repairs weren’t finished, the blood would be soaked into the concrete.  And the walls had scratch-marks of those detained because it was really terrible – it was a real concentration camp or whatever you could compare it with, “behind the walls of the Gestapo”, etc.

Without some kind of exaggeration, believe me. This is not some Russian propaganda. People were killed there, really.

プロゾロフ:マリウポリ飛行場にあった刑務所について、私は多くを語ることができます。くだけた言葉で彼らはその刑務所を「図書館」と呼んでいて、拘束されている人たちは「本」と呼ばれていました。そこでは、技術室で人が尋問を受けました。ボイラー室、倉庫……修理が終わっていなければ、コンクリートに血がしみこんでいることもありました。そして、壁には拘留された人たちの引っ掻き傷がありました。それは本当にひどいもので、本当の強制収容所か、例えるなら「ゲシュタポの壁の向こう側」などのようでした。

誇張はしていません。本当です。これはロシアのプロパガンダではないんだ。そこで人が殺されたんだ、本当に」。

Georgiy Olisashvili : According to Prozorov, Ukrainian Special Services are behind the high-profile killings, like that of DNR Head Zakharchenko and other leaders of the unrecognized Republics.  At the same time, the members of the SBU are constantly, as it is called, “led” by their foreign colleagues.
リサシュヴィリ:プロゾロフによれば、DNRの議長ザハルチェンコや、その他の未承認の共和国の指導者などの有名人の殺害の背後には、ウクライナの秘密諜報機関が存在しているといいます。同時に、SBUのメンバーは常に、いわゆる外国人の同僚に「指導」されています。

Question from an audience: There has been information that there is a separate floor, in the HQ of the SBU, where only foreign military is working, including American. Is this true? Could you name them? And, where do they belong in the relation of the SBU to the territorial battalions? Thank you.
観客からの質問:SBUの本部の中に、アメリカなど外国の軍隊だけが働いている別フロアがあるという情報があります。これは本当ですか?彼らの名前を教えてください。また、SBUと地域大隊の関係では、彼らはどこに属しているのでしょうか?ありがとうございました。

Answered by Prozorov: I’ll tell you honestly: this is not true. Such practice existed in 2005 after the victory of Yushchenko in the first Maidan. Back then, representatives of the CIA could be found in the Central Office of the SBU in Kiev.

After 2014, and I don’t know with what motives; maybe security or conspiracy. Members of the CIA are present in Kiev. They are in safe houses, in country houses – they arrive frequently to the Central Office of the SBU. But, these are specific meetings where concrete operations are planned.

For example, I know very well about the visit of a certain representative – the Director for Defense Intelligence, Garry Reid. In the autumn of 2017, he seemed to be the Director of the Defense Intelligence Agency (DIA). He came to Kiev in line of Special Operations Forces but then went to Berdychiv where there is a training center of the Special Operations Forces (CCO), because he was directly supervising the development of the Ukrainian Special Forces. And in Berdychiv, he checked up on the activities of an American group of Green Berets that were there as instructors. He went there to check on them and their work.

ロゾロフの回答:正直に言うと、これは事実ではありません。このような慣行は、第一次マイダンにおけるユシチェンコの勝利後の2005年に存在しました。当時は、キエフのSBU中央事務所にCIAの代表がいることがありました。

2014年以降、そしてどんな動機でかはわからないが、セキュリティか陰謀か。CIAのメンバーはキエフに滞在しています。彼らは隠れ家や田舎の家に住んでいて、SBUの中央事務所を頻繁に訪れます。しかし、これは具体的な作戦が計画されるような特定の会議です。

例えば、私は、ある代表者、つまり国防情報局長官のギャリー・リードが訪問したことを良く知っています。2017年秋、彼は防衛情報局(DIA)の局長になったようです。リードは特殊作戦部隊の用事でキエフに来たが、ウクライナ特殊部隊の育成を直接監督していたので、特殊作戦部隊(CCO)の訓練センターがあるベルディキフに行きました。

ベルディキフでは、指導者として滞在していたグリーンベレーのアメリカ人グループの活動をチェックしたんだ。彼はそこに行って、彼らの仕事をチェックしたんです。

Georgiy Olisashvili : Journalists asked Prozorov about the pre-election affairs in Ukraine. Despite all the opinion surveys, the favorite to win according to the ex-SBU agent is the current President, Poroshenko. This is why.
リサシュヴィリ:ジャーナリストはプロゾロフに、ウクライナの選挙前の状況について尋ねました。あらゆる世論調査にもかかわらず、元SBUエージェントによれば、当選候補は現大統領のポロシェンコだそうです。その理由は…

Prozorov : In each territorial election campaign, there will be up to five officers of the Security Service of Ukraine, who, among other things, will protect the already decided election results – ballots, accompany them to the CEC. The SBU, with its Head Vasyl Hrytsak, is a completely Poroshenko-controlled structure.”
ロゾロフ:各地の選挙キャンペーンで、ウクライナ治安局の役員が5人までいて、様々な事柄の中でも特に、すでに決定した選挙結果である投票用紙を保護し、ウクライナ中央選挙管理委員会(CEC)にその結果を持っていくのに同行します。SBUは、その長ウィシリー・フリツィックと共に、完全にポロシェンコ(Poroshenko)の支配下にある構造です。

Georgiy Olisashvili:Vasily Prozorov did not comment on his present work. In his words, he does not feel like a defector as he did not change in regards to the interests of his own people, in contrast to those that came to power on the wave of Maiden. Working for the SBU, he was collecting information until the very end and passed on this information to Russian Special Services. 

Now, he’s ready to make it public in his book. It is very likely that he still has things to say. Today, Prozorov’s colleagues will undoubtedly have an uneasy day.
リサシュヴィリ:ヴァシリー・プロゾロフ氏は、現在の仕事については何も語りませんでした。彼の言葉を借りれば、マイデンの波に乗って政権を取った者たちとは対照的に、自国民の利益に関しては彼は変わらなかったので、離反者という感じはしないそうです。SBUに勤務し、彼は最後の最後まで情報を収集し、その情報をロシア特殊部隊に伝えていました。

今、彼はそれを本にして公開する準備ができています。恐らく、彼はまだ言いたいことがあるでしょう。今日、プロゾロフの同僚たちは、疑いなく不安な一日を過ごすことになるでしょう。

Prozorov:Today is the Security Services Day in Ukraine. Why not congratulate my former colleagues?
ロゾロフ:今日はウクライナの治安維持の日です。かつての同僚を祝ってみるのはどうでしょう?

A report by: Georgiy Olisashvili. Pavel Volkonskiy, Olga Khitrina, Nataliya Sidorova. Channel One.
ポート執筆者:ゲオルギー・オリサシュヴィリ. パヴェル・ヴォルコンスキー、オルガ・ヒトリナ、ナタリヤ・シドロヴァ。チャンネル・ワン

ここまでの内容は、以下の動画で見られます。

REVEALED: Ukrainian ex-SBU agent uncovers torture prison and total corruption in Ukraine
暴露。ウクライナの元SBU捜査官が暴く、拷問刑務所とウクライナの完全腐敗

https://rumble.com/v13dcvp-sbu.html?mref=mr4wp&mc=9dt3i

 

人物・組織

ATOとは?

対テロ作戦地帯(ウクライナ語:Зона проведення антитерористичної операції、ローマ字表記:Anti-Terorist Operation Zone)のこと。ATO地区は、ロシア軍と親ロシア派の分離主義者の支配下にあるドネツク州とルハンスク州のウクライナ領を示す用語として、メディア、ウクライナの広報・政府、OSCEなど外国機関が使用している言葉です。ATO地帯のかなりの部分がウクライナの一時的な占領地とされています。

参考URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Anti-Terrorist_Operation_Zone_(Ukraine).

 

ペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)

ウクライナの実業家、政治家であり、2014年から2019年までウクライナの第5代大統領を務めました。

参照元:https://en.wikipedia.org/wiki/Petro_Poroshenko.

 

ウィシリー・フリツィック

ウクライナ治安維持局長官(2015年~2019年)

引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/Vasyl_Hrytsak

 

Security Service of Ukraine

ウクライナ保安庁(ローマ字:Sluzhba bezpeky Ukrayiny)またはSBU(ウクライナ語: СБУ)は、法執行機関であり、防諜活動テロ対策の分野でウクライナ政府の主要情報・治安機関です。また、SBUは独自の特殊部隊「アルファグループ」を運営しています。

SBUは、1991年のウクライナ独立宣言後に創設されたソ連KGBウクライナ支部を継承しています。

ドンバス戦争やより広範囲な露土戦争が始まった後、SBUはドンバスのロシアや親ロシアの分離主義者に対する作戦に関与しています。

参考URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Security_Service_of_Ukraine

 

ウクライナ中央選挙管理委員会(CEC)

この委員会は英語で書くと「The Central Election Commission of Ukraine」となります。

参考URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Central_Election_Commission_(Ukraine)

.

DNRとは?

ドネツク人民共和国【ロシア語で、「Донецкая Народная Республика」(ラテン文字表記:Donetskaya Narodnaya Respublika)で、略称はДНР(DPR or DNR)】は、ウクライナから分離した国家で、2014年4月7日に結成されました。首都であり、DPR内最大の都市は「ドネツク」です。2018年からデニス・プシリンがDPRの国家元首を務めています。

ウクライナ政府はDPRと「ルガンスク人民共和国」(LPR)の両方をテロ組織とみなしています。しかし、その本当の意味は、自立した国家を作りたいと願う市民が、自治共和国を創り、ウクライナから離れることは、元ウクライナ領土であった土地の資源とそこに住む人的資源の流出を盗み、それがウクライナにとっては経済的な大打撃になるので、国に対する反逆罪、または、国家の経済的利益に打撃を与えると言う意味で、「テロ組織」とみなしているのです。

ウクライナはそれらの地域をロシアの軍事介入の結果、クリミア自治共和国とセヴァストポリとともにロシアに一時占領されたウクライナの4地域(一時的占領地域(ロシア語版、ウクライナ語版))のうちの2地域と考えています。しかし、現実は、東ウクライナ市民がウクライナ軍に攻撃されていたので、その市民達を助けるためにロシア軍が入っていったのが真実です。

 

最後に

この記事の元になる動画は、三年前に放送されたものです。それから3年の月日が流れた今、未だにロシアを犯人扱いしていると言うのはどういうことなのでしょうか?恐らく、ロシアがDSに関係する人たちを取り締まっているからか知れません。

DSに対抗している数少ない国々の中にロシアがいますので、私達はロシア、そして、ロシアのプーチンを応援していかなくては行けませんね。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-政治, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

長瀞の月の石もみじ公園近くの駐車場や紅葉イベント・宿泊は?

皆さん、こんにちは。 秋の紅葉を見に行くなら、やはり「長瀞」の紅葉ですね。 でも、長瀞に行く場合、 気軽に車で行きたい人は多いはずですね。 長瀞のイベントの中で、見に行きたいものを考えてみると 月の石 …

no image

ライオンズゲート病院で24時間に13件の死産が!コロナワクチンが原因!

ライオンズゲイツ病院で24時間に13件の死産が発生したという記事が、海外の告発関係の記事を良く掲載してくれるサイトで公開されました。原因はコヴィド枠沈枠沈だったと内部告発者が発言した模様です。 今日は …

栂池高原スキー場近くの宿泊は?ホテル・旅館・ロッジは?「さ」行

皆さん、こんにちは。 この記事では、 「栂池高原スキー場近くの宿泊は?ホテル・旅館・ロッジ」の紹介で、 「さ」行で始まる宿泊先名の紹介をしますね。 その他の宿泊先の紹介は、各見出しのリンクをクリックし …

世界花火師競技会2018!日程や時間・チケットや穴場は?

皆さん、こんにちは。 異国情緒たっぷりの長崎で、 とても素敵な花火大会が、ハウステンボスで開催されています。 ハウステンボスの花火大会には、 年に何回か行われていますが 今日は、「世界花火師競技会」に …

九州の梅雨入りと梅雨明け予想!2019年の時期や降水量は?

皆さん、こんにちは。 もうすぐ、雨がたくさん降ってくる、梅雨の季節に なりますね。 気になるのは、梅雨がいつから始まり、いつごろ 終わるのか、そして、降水量がどのくらいに なるのかですね。 そこで、今 …

スポンサードリンク