毎日の日記

ヴァーノ○・コールマ○─ワクチン接種者は皆秋から来年冬に死ぬ?!

投稿日:2022年7月18日 更新日:

皆さん、こんにちは。ヴァーノ○・コールマ○は新型567枠ちんについて警告している人たちの中でも、かなり知られている人物です。

その彼が、枠沈を打った人たちは一体どうなると言ってるのでしょうか?そこが誰でも気になる点だと思いますが、実は、私は異論があります。

そこで、今日は彼の証言について説明していきます。この記事は、あくまでも彼の意見を参考にしていただくために紹介しています。

彼の意見、また、彼が3番目の問題で紹介しているウイルスの権威者ボッシェ博士の理論に触れいますが、同博士の意見においても、抜けている重大なところが実はあります。その抜けてる点について、「ヴァーノ○・コールマ○の説明(ボッシェ博士の論理)のおかしな点は?」で説明しますので、最後までぜひお読みください。

ちなみに、「ヴァーノ○・コールマ○」の名前の○のところは「ン」に置き換えてお読みください。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

ヴァーノ○・コールマ○の証言

2021年4月28日

 

以前から私の記事を読んでくださっている方は、私が決して大げさなことを言わないことをご存じだと思います。また、この1年、私の予測、評価、解釈が正しかったことが証明されたこともご存じでしょう。

今こそ、あなたの力が必要なのです。協力し合わなければ、私たちは破滅してしまいます。この記事を何百万人もの人に届ける必要があるので、あなたの力が必要なのです。そして、大きなプラットフォームと大きなメディアが私を禁止したため、あなたなしではその何百万人もの人々に到達できないのです。

この記事は、あなたがこれから読む中で最も重要な記事だと思います。共有する必要があります。

ビルとメリンダ・ゲイツが座って、次のパンデミックがどのように人々を反応させるかについて、微笑んでいたビデオを覚えていますか?

まあ、どうなるかは分かっているつもりです。アジェンダ21とグレートリセットの推進者である邪悪なエリートは、世界人口の90~95%を殺すことをずっと意図していたことを、私たちは皆知っています。

残念ながら、枠ちんを接種した人の多くを救うには、おそらく遅すぎるのではないかと危惧しています。何百万人もの人々が運命づけられており、次にコロナウイルスに接触したときに、多くの人が死亡するのではないかと心配しています。

その結果、枠ちんを接種していない私たちも、大きな危険にさらされているようです。食事に気を配り、ビタミンDのサプリメントを摂取することで、免疫システムを最高の状態に保つ必要があります。ある時期から、枠ちんを接種した人たちとは、距離を置かなければならないかもしれません。彼らは今、種の存続に関わる非常に危険な存在だと思います。

私は、思えば長い間、新型567の枠ちんの危険性を警告してきました。本当は枠ちんと呼ぶべきではないのでしょうが(公式な定義は変更されましたが)、遺伝子治療と呼ぶと、枠ちんと言われてきた私たちが訴えようとしている人たちは、何のことかわからなくなります。

ちょうど1年前、私はコロナウイルスのリスクが誇張されている理由の一つは、強制予防接種プログラムを導入するためだと警告しました。

偽の新型567のパンデミックは、枠ちん接種の口実を与えるために作られたもので、新型567がもたらす脅威に対する解決策として、枠ちんを提案することができるようにしました。

私は何ヶ月も前から、実験的な枠ちんは危険であり、致命的な副作用を引き起こす可能性があることを警告してきました。有名人や多くの医師が、市民に対して安心感を与えるのは間違っています。私は、枠ちんは新型567よりも多くの人を殺す可能性があることを示唆しました。

しかし、現在では、枠ちんを接種していない何億人もの人々の死にも、枠ちんが関与している可能性があるようです。

長期的に見れば、新型567パンデミック詐欺は、高齢者や体の弱い人を一人でも多く殺し、枠ちん接種を義務付けるという目的のために計画されたと、私はずっと考えてきました。これは、2020年3月中旬の最初の動画で言ったことです。もちろん、「アジェンダ21」と「偉大なる新体制」の要求に合わせて、経済を破壊し、再創造するという計画もありました。

この映像が公開された数日後、私はインターネット上で猛烈な攻撃を受けました。私のウィキペディアの項目は根本的に変わりました。私の本、テレビシリーズ、コラムの詳細がすべて削除されました。私は陰謀論者と評されました。私のウィキペディアの項目が、いかにして私を悪者扱いし、信用を落とすために、私の項目が変更されたかを説明するビデオを作りました。新型567の公式見解に疑問を持った他の多くの人たちも、同じ苦しみを味わっています。そしてもちろん、BBCや全国紙も彼らと一緒になって、公式路線にあえて疑問を呈する人々を、受け入れられない「真実」を流すことで攻撃しているのです。

しかし、私は今、この詐欺を計画した大量虐殺の狂人、黙示録の騎兵が、私たちをハルマゲドンに導いているのではないかと恐れています。

私は以前から、この詐欺の立役者は何百万人もの人々が死ぬことを予期していたと考えています。

しかし、私は今、この詐欺を作り出した悪人たちは、自分たちが盛んに宣伝した実験用枠ちんの危険性を劇的に過小評価していたと考えています。新型567枠ちんの接種を受けた何百万人もの人々が、これらの枠ちん接種のあとに死亡する可能性があります。その方法と理由を説明します。

詐欺の始まりは、インペリアル・カレッジのファーガソンの妄想的な予測にありました。ファーガソン氏は数学的モデラーで、ひどい実績があります。詐欺を組織した人々は、ファーガソンの予測が不合理であることを知っていました。彼らは、ファーガソンの記録が嘆かわしいものであることを知っていたに違いないです。しかし、彼の予言は、監禁、社会的疎外、マスク、学校や病院の閉鎖の口実として使われたのです。それは、まさに狂気の沙汰でした。インフルエンザにかかった人に自宅待機を指示するのと同じように、感染者を隔離し、心臓や胸部に疾患のある高齢者を中心に、最も弱い人々を保護することが論理的に必要だったのです。しかし、政治家やアドバイザーはそれを見誤ってしまいました。そして、起こっていることに疑問を持つ人々は、悪者扱いされ、沈黙させられました。

実は、健康な人の免疫力は、他者との交流によって強化されるのです。健康な子供や若者は、非常に強い免疫力を持っています。新型567ウイルスの脅威にさらされる可能性が高いのは、高齢者だけです。

しかし、世界の政治家とそのアドバイザーたちは、意図的に私たちを集団予防接種プログラムに誘い込んでいるのです。

国民は当初、(政府から、または、WHOから?)大規模な枠ちん接種プログラムによってのみ、失われた自由を取り戻すことができると断言されていました。これは昔から危険な戯言です。

しかし、これほど早く承認された実験用枠ちんは、決して期待通りの効果を発揮することはありませんでした。この「枠ちん」と称されるものは、感染や伝達を防ぐために設計されたものではありません。新型567用の枠ちんは、新型567に感染することを防ぐものではなく、感染した場合の感染を防ぐものでもないです。これは、注射を受けた人の中には、単に症状の重さを抑えるだけのものです。もちろん、これは多くの人が信じていることではありません。

枠ちん接種を受けた人の大半は、感染から守られていると考えています。これも詐欺だったんですね。

 

3つの問題

枠ちんには、人々が考えているような効果はないという重要な事実を除けば、3つの大きな問題があります。

 

1つ目の問題…実験的な枠ちんは既に危険であることが証明されていた?

もちろん、第一の問題は、これらの実験的な枠ちんは、既に危険であることが証明されていることです。すでに多くの人が死亡し、他の多くの人に深刻な副作用を引き起こしています。この問題の規模は、当局でさえ、枠ちん関連の死亡や重篤な副作用が報告されるのは、おそらく100人に1人であろうと認めていることから判断できます。アレルギー、心臓疾患、脳卒中、神経疾患、あるいは失明や半身不随で亡くなる人が何人いるかは推定できません。私のホームページには、枠ちんで怪我をしたり病気になったりしている人たちのリストがありますが、読むと恐ろしくなります。死者の数は恐ろしいほど多いが、ほとんどの当局者は、まだこれらを単なる偶然だと主張しています。新型567の陽性反応が出てから、60日以内あるいは28日以内に死亡した場合、たとえ、検査結果が間違っていたとしても、自動的に新型567の死亡例として扱われ、数字を押し上げることになります。しかし、健康な若者が枠ちん接種後数時間で死亡した場合、これらの死亡は単なる偶然として扱われます。なんという悲劇的な偶然なのでしょうか。

 

2つ目の問題…免疫システムが暴走する?

2つ目の問題は、病原体のプライミングやサイトカインストームと呼ばれる免疫システムです。何が起きるかというと、枠ちんを受けた人の免疫システムは、その人が将来ウイルスに接触したときに、劇的に反応するように呼び起こされます。その結果、大惨事になる可能性があり、私は今年の秋と来年の冬にそれが起きることを恐れています。枠ちんを接種した人は、次にコロナウイルスに接触した時に大きな問題を抱えることになります。免疫システムが過剰に反応し(暴走し)、その時に多くの死者が出るでしょう

この問題については、2020年10月に国際臨床医学会誌にエビデンスが掲載されましたが、患者さんには正式な警告がなされていません。論文のタイトルは「インフォームド・コンセント時の枠ちん治験被験者への新型567枠ちんによる臨床病態悪化リスクの開示」です。

しかし、患者へのインフォームド・コンセントはなく、私は次のように考えています…

ほとんどの医師はその危険性を知らないままです。

特に高齢者や免疫力の弱い人は死にやすいと言われています。そして、何が免疫力を低下させるのでしょうか?

  • マスクの着用
  • 他人から距離をとる(三密を避ける)
    • 密閉:換気が出来ていない閉ざされた空間にいること
      • 電車の中、レストラン、学校の教室
    • 密集:多くの人が同じ場所に集まっているところに行くこと
      • コンサート、野球場、電車の中
    • 密接:近距離で人と会話をしたり、人の近くで発声したりすること
      • 居酒屋、カラオケ
  • 日光浴の不足

の3つが明らかな原因です。謹慎中に酒を飲みすぎたり、タバコを吸いすぎたりしても、何の解決にもならないです。

枠ちん接種者がウイルスにさらされる可能性が最も高い秋にさらなる死者が出る可能性があります。コロナウイルスは、秋から冬にかけて最も急速に広まります。

病気や死が蔓延してしまうからです。そこで、政府は、次の予防接種の推進を開始する予定です。

もちろん、突然変異の話もたくさん出てくるし、急ごしらえの新しい枠ちんが作られ、医学や枠ちんのことを何も知らない有名人たちが大々的に宣伝することになるでしょう。危険性を理解し、枠ちんに疑問を持つ医師は、いつものように黙殺するでしょう。

意外なことに、この不正を行った人たちは、こうなることが分かっていたのではないでしょうか。それは、彼らの邪悪な計画の一部だったのです。

今年(2021年)の秋から来年(2022年)の冬にかけて、死者が増えることは分かっていました。彼らはまた、これらの死者を新しい変異体の新型567のせいにするつもりです。

– 秋には何千もの変異体が存在することになります。私は以前から、2ヶ月に1回、あるいはもっと頻繁に、1ヶ月に1回程度の予防接種を推進することになるのではないかと思っていました。もともと私は、インフルエンザのようなウイルス感染症への対応を批判するために「デマ」という言葉を使いました。手応えは大きかったです。

ビルとメリンダ・ゲイツが「最初のパンデミックは深刻に受け止められないかもしれないが、次のパンデミックはもっと深刻に受け止めるだろう」と言ったのは、このためではないでしょうか。

そして、彼ら、そしてこの詐欺に関わったすべての人たちが、実際には枠ちんを接種していないので、完全に安全だと信じ込んでいたのだと思います。エリートや有名人の中には、実験的な枠ちんの代わりに、プラセボを投与された人もいたのではないでしょうか。

枠ちんで死んだり、重い病気になったり、発症したりすることはなく、次にウイルスに接触したときに信じられないほど脆弱になることもありません。

エリートは自分たちは安全だと思ったのでしょう。何百万人もの死者を出しても、自分たちには害のない計画を練ったのでしょう。

彼らは大きな決定的なミスを犯したと思います。

 

3つ目の問題…枠ちんは変異体を強化させる?

そして、3つ目の問題、つまり彼らが想定していなかった問題に行き着くのです。

この問題は、枠ちんの第一人者であるガート・ヴァンデン・ボッシェ(Geert Vanden Bossche)博士が概説しているところです。というのも、ボッシェ博士は以前、GAVIやゲイツ財団と仕事をしていたことがありました。彼は枠ちん接種に反対する最後の人間です。

ボッシェ博士は、現在使われている枠ちんは、このウイルス感染症との戦いに使うべき正しい武器ではない、と指摘しました。

何百万人もの人々枠ちんを接種することで、私たちはウイルスを変異させ、より強く、より致命的なものにするよう働きかけているのです。新しい突然変異に対応する新しい枠ちんを設計しようとしても、状況は悪化するばかりです。
なぜなら、科学者はウイルスの変異を先取りすることができないからです。

そして、枠ちんを接種した人が、変異したウイルス周囲に放出するようになりました。突然変異より強くより致命的になっていきます。

封じ込め措置の終了は、新しい新型567の突然変異が広く普及することを確実にする絶妙のタイミングとなります。

※訳者注:封じ込め措置とは、都市封鎖《ロックダウン》や町封鎖など

また、もう一つ関連する問題があります。

通常、私たちの体には白血球があり、感染症に対抗しています。NK細胞(NKはナチュラルキラーの略)と呼ばれる細胞は、体内に侵入してきた悪い細胞を撃退する働きがあります。NK細胞が仕事を終えると、抗体が現れ、その混乱を一掃してくれます。

しかし、ボッシェ博士によれば、新型567の枠ちんは、非常に特殊な抗体の産生を誘発し、枠ちん接種を受けた人の自然な防御力と競合するとのことです。

枠ちんによって作られた特定の抗体が、免疫系の仕事を引き継ぐため、枠ちん接種を受けた人の自然免疫は機能しなくなります。

そして、この特定の抗体、つまり枠ちんによって作られた抗体は永久的なものです。枠ちん接種を受けた人の体内に、それは永遠に存在することになります。

悲惨なことに、枠ちんを接種された何千万、何億という人々の自然免疫系が、事実上破壊されてしまいます

免疫システムは、体内で発生したウイルスの変異型を撃退することができません。そして、これらの変異したウイルスは、コミュニティーの中で広がっていきます。そのため、枠ちんを大量に接種した地域では、ウイルスの新しいバリエーションが出現するのだと思います。

要するに、枠ちんの投与は、ウイルスが限りなく危険な存在になる機会を与えてしまうということです。枠ちんを接種した人は、体が致命的なウイルスを製造する実験室となるため、全員が大量殺人犯になる可能性があります。さらに悪いことに、枠ちん接種を受けた人の中には無症状の保菌者となり、致命的なウイルスを周囲にまき散らす可能性があります。

なぜなら、彼らの免疫システムは、枠ちんによって与えられた、新型567ウイルスの原型と戦うために作られた、人工的な防御システムに乗っ取られてしまっているからです。

新しい変異体が広がり始めると、枠ちん接種者は高いリスクを負うことになります。

彼らの体は、急速に死滅しつつあるウイルスの一種から自らを守るために、永久的かつ独自に開発されているのです。

新しい枠ちんを投与しても、変異したウイルスは弱体化しないので、何の役にも立ちません。枠ちんを作る科学者は、ウイルスの変異を先取りすることはできません。これは予測できたはずです。そのため、インフルエンザ枠ちんは効果がないことが多いのです。

政治家とそのアドバイザーは嘘をつき、新しい突然変異の発生や死亡者数の増加について、枠ちんを接種していない人々を非難するでしょう。

しかし、もしボッシェ博士が正しいとすれば、そして私がそう信じているならば、人類を脅かすのは枠ちん接種を受けた人々です。枠ちんを接種している人たちにとっても、大きな脅威となるだろう。しかし、彼らが排泄するウイルスは、本来のウイルスよりも危険であるため、枠ちん接種を受けていない人にとっても、大きな脅威となるだろう。

* * *

私たちは非常に危険な領域にいます。

今、この枠ちん接種計画を止めなければ、人類の未来が危うくなるといっても過言ではないです。グレート・リセットを売り込もうとした人たちは、こんなことを考えていたでしょうか。どうでしょうね?

もしかしたら、彼らの目的は私たち全員を殺すことだったのかもしれません。

あるいは、彼らの邪悪な企みが、手に負えなくなったのかもしれません。英国では、Ferguson、Hancock、Whitty、Vallance の4人は、国の対応をリードする人物として、いつも間違っているように思えました。アメリカでは、ファウチ博士が悪い人物でした。

私は以前から、彼らが選ばれたのは、彼らが悪い人間だから選ばれたのではないかと、危惧していました。彼らがやったことはすべて、我々にとっては悪いことですが、彼らや、アジェンダ21グレートリセットを推進する悪の組織にとっては良いことなのです。

自由な議論の抑制に固執した結果、この奈落の底に突き落とされました。このような人々が、私たちの生活に対して支配力を行使することは許されるべきではありませんでした。しかし、疑問を呈する反対意見をかつてない方法ですべて弾圧し、真実を隠蔽することによって、主流メディアとインターネット大手は事態を限りなく悪化させました。これで安全だと思ってるのでしょうか?

悪のエリートが本来意図したように90〜95%の人を殺すのではなく、間違って全員を殺してしまう、つまり人類が滅亡してしまう危険性があります。

私たちに残された時間はわずかです。私たちは免疫力を強化する必要があり、皮肉なことに、枠ちんを接種した人には近づかない方がいいかもしれません。1週間以内に、免疫力を強化する方法について記事を書く予定です。

これで、なぜこの記事が私が新型567について書いた最も重要な記事であり、あなたが今まで見た中で最も重要な記事なのか、お分かりいただけたでしょうか?

ただ真実を押さえつけ、一切の議論や討論を拒否する主流メディアでは、自由な主張が出来ません。例えば、YouTubeは、邪悪な体制が推進するものに疑問を呈するビデオを受け付けません。

ですから、この記事を医師やジャーナリスト、友人や親族に送ってください。シェアしてください。私たちは、権力者たちに、これから起きる災難に対して免疫がないことを説得することができるかもしれません。ここから簡単にシェアできます。

ボッシェ博士が間違っていることを祈ります。間違っていればいいのですが。

しかし、この記事に書かれていることはすべて検証する必要があります。そして、もしこれらの恐怖が公表され、調査されなければ、私たちは、できるだけ多くの人を殺す計画であることを確実に知ることになるのです。それ以外の結論はあり得ません。

ヴァーノ○・コールマ○博士 2021年3月13日

 

アップデイト)枠ちんで何人の人が亡くなっているのでしょうか?

2021年4月23日

https://vernoncoleman.org/artic/how-many-people-are-vaccines-killing

枠ちんがどれだけの人を殺したか、あるいはこれからどれだけの人を殺すか、誰も知りません。

しかし、主要メディアがこれらの死について言及しているのを、ほとんど見たことがありませんが、枠ちん接種後の死亡者、または、副作用が出ている人が既にいます。

SHOCKS – VAERSのCOVID枠ちんによる最新の死亡者・副作用者数

openvaers.com covid データ(枠ちん副反応の1%しか報告されていないと推定される。)

EXPOSED – 英国のファイザー社製枠ちん。死亡者・負傷者数は以下の通り。

Covid-19_mRNA_ファイザー_バイオテック_枠ちん解析_print2

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 流産
  • ベル麻痺
  • 神経系疾患
  • 免疫系疾患
  • 精神疾患と失明.

コビット枠ちん接種後、多くの人が失明しました – アストラゼネカの最新死因・負傷者数について。失明だけでなく、多くの傷害には次のようなものがあります。:

  • 脳卒中
  • 心筋梗塞
  • 流産
  • 敗血症
  • 麻痺
  • ベル麻痺
  • 聴覚障害
  • covid-19

欧州の医薬品副作用被害報告データベース:

  1. コビド枠ちん2回接種後 2歳の女の子が死亡 (動画あり)
  2. 枠ちんで命を狙われた少女(vidéo)
  3. ファイザー社製枠ちんの被害者 –アンジェリア・デゼル (vidéo)
  4. ファイザー社製ワクチンの初回接種から12時間後に、33歳女性が下半身不随になる/ファイザー (vidéo)
  5. ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンによる副反応 (vidéo)
  6. カナダの医師が、患者が生涯続く副作用を発症したコビドワクチンへの懸念を表明 (vidéo)
  7. 叔母がコビド19ワクチンで負傷したため、感情的になった男性(ビデオ)
  8. モデナワクチンの初回投与によるベル麻痺について(ビデオ)
  9. ファイザー社製ワクチン「Covid-19」-横紋筋炎(ビデオ)
  10. 最前線で働く人々の証言 ヴァース社のレポート(動画)
  11. ワクチンによる死亡-ワクチン接種後に男性が死亡(ショートビデオ)
    (原文:Décès par vaccin – un homme tombe mort après avoir été vacciné (courte vidéo))
  12. アストラゼネカ社製ワクチンによるコビド障害事件 (ショートビデオ)(体が連続的に痙攣する障害)
  13. 若くて健康な男性がコビドワクチン接種後に脳卒中を発症して倒れる(ショートビデオ)
  14. COVIDワクチンによる死亡事故に関する家族の証言(ショートビデオ)
  15. ジョンソン & ジョンソンのワクチンの副反応に苦しむ女性(ショートビデオ)
  16. 12歳の少女がコビド・ワクチンで重傷 – マディーの物語(短い動画)
  17. 21歳の学生がコビド注射の24時間後に死亡
  18. Une mère de deux enfants de 34 ans décède 10 jours après le vaccin d’AstraZeneca
  19. Une femme subit une terrible réaction après avoir reçu le vaccin contre le covid
  20. Un jeune de 20 ans est mort 12 heures après le vaccin de Covid (vidéo)
  21. Une femme de 48 ans décède après un vaccin contre le covid (vidéo)
  22. Un adolescent reçoit un diagnostic de Guillain-Barré quelques semaines après le premier vaccin contre le covid
  23. Le nombre de blessures par vaccin covid rapportées au VAERS dépasse 50000 , selon les données des CDC
  24. 22 ans décédé suite à une injection expérimentale
  25. Jeune femme blessée après un vaccin (courte vidéo)
  26. Une femme de 65 ans décédée 30 minutes après le vaccin d’AstraZeneca
  27. Enfin, les principaux reportages sur les décès dus aux vaccins (vidéo)
  28. Nous devons poser des questions – papa est décédé après avoir été vacciné
  29. La dure réalité des effets indésirables des vaccins – Nicola décrit l’état de son mari
  30. Pas de fumée sans feu partie 3 : réactions indésirables au vaccin
  31. Une infirmière géorgienne meurt d’une réaction allergique après avoir reçu le vaccin AstraZeneca Covid-19, Tbilissi pour poursuivre le déploiement du vaccin britannique
  32. Jeanie M. Evans 68, d’Effingham, Kansas est décédée de manière inattendue le mercredi 24 mars 2021 à l’hôpital Stormont-Vail des suites d’une réaction au vaccin covid
  33. Le blog Covid
  34. Une femme meurt d’une hémorragie cérébrale au Japon après avoir reçu le vaccin Pfizer
  35. Plus de 70 fausses couches aux États-Unis et au Royaume-Uni après des vaccins (vidéo)
  36. Une mère en bonne santé est décédée d’un arrêt cardiaque quelques heures à peine après avoir pris la première dose du vaccin (courte vidéo)
  37. Un enseignant décède quelques heures après avoir reçu le coup d’AstraZeneca en Italie – enquête sur l’homicide involontaire coupable lancée
  38. Le champion de boxe Marvin Hagler est mort à 66 ans
  39. Une femme souffrant de paralysie de Bell après un coup de Covid (courte vidéo)
  40. Une femme de 39 ans décède 4 jours après le deuxième vaccin Moderna, une autopsie ordonnée
  41. 34 cas de fausse couche spontanée et de mort à la naissance signalés après des vaccins expérimentaux à ARNm
  42. 9 pays européens suspendent les vaccins expérimentaux contre le covid d’AstraZeneca en raison de caillots sanguins mortels
  43. Un dénonciateur révèle de nombreuses complications de grossesse à la suite d’injections expérimentales de covid laissant une trace, les mères dévastées
  44. Lanceur d’alerte: 25% des résidents des maisons de retraite allemandes sont décédés après le vaccin Pfizer
  45. Un homme de 45 ans décède après avoir reçu une deuxième dose du vaccin contre le covid-19
  46. Le nombre de blessures aux CDC après les vaccins covid augmente de près de 4000 en une semaine
  47. La deuxième dose a tué mon père et bien d’autres. Derniers rapports à venir (vidéo)
  48. Un homme en Grèce est décédé 8 minutes après la vaccination contre le covid-19
  49. Une femme de 60 ans décède quelques heures après avoir pris un deuxième vaccin contre le covid-19
  50. Un homme de 67 ans décède quelques jours après la deuxième dose du vaccin contre le covid
  51. Une femme CA se fait vacciner contre le covid puis meurt soudainement d’autre chose
  52. Un agent de santé de 59 ans décède quelques heures après le vaccin contre le covid
  53. Un tiers de tous les décès signalés aux CDC après les vaccins covid sont survenus dans les 48 heures suivant la vaccination
  54. Volume 1: Publications sur les réseaux sociaux sur les décès et les blessures graves dus au vaccin Covid-19 (vidéo)
  55. 22 personnes âgées atteintes de démence décédées en 1 semaine après l’injection expérimentale de covid d’ARNm aux Pays-Bas
  56. Effet secondaire du vaccin Covid – tremblements, ma vie est à l’envers – Angela Lynn Story (vidéo)
  57. Effets du vaccin Covid-19 sur le cœur de mon mari dans l’armée (vidéo)
  58. Une infirmière développe la paralysie de Bell après avoir reçu un jab de Covid (vidéo)
  59. Une mère de 28 ans de Winconsin est en état de mort cérébrale après la deuxième dose de l’injection de covid
  60. Une femme de 58 ans décède quelques heures après avoir reçu la première dose du vaccin Pfizer
  61. 46 résidents de maisons de retraite en Espagne décèdent dans le mois suivant le vaccin contre le covid
  62. Vidéo d’une femme blessée par le vaccin covid
  63. Un médecin de 36 ans décède après une deuxième dose de vaccin contre le covid
  64. Un dénonciateur allemand dans une maison de retraite affirme que des personnes âgées meurent après le vaccin contre le Covid
  65. «Ils tombent comme des mouches» – La courageuse maison de retraite de l’AIIC s’exprime .
  66. Courte vidéo montrant que de nombreuses personnes en Israël meurent après le coup du Covid
  67. Un homme tombe mort à New York 25 minutes après avoir reçu le vaccin
  68. Les responsables de la FDA et du CDC enquêtent sur 36 cas – dont un décès – de thrombocytopénie immunitaire
  69. Gibraltar: janvier se termine avec 71 morts en un mois (le déploiement de la vaccination a commencé le 10 janvier 2021)
  70. Fausse couche et mort subite du nourrisson peu de temps après avoir reçu le vaccin Covid
  71. Un jeune de 19 ans hospitalisé pour une inflammation cardiaque après un vaccin contre le covid
  72. Une infirmière auxiliaire de 39 ans décède dans les 48 heures suivant la réception du vaccin Covid
  73. Des personnes âgées meurent d’un vaccin contre le covid étiqueté comme des causes naturelles
  74. Un Californien meurt quelques heures après avoir reçu le vaccin contre le covid alors que l’enquête sur la cause du décès est en cours.
  75. Covid infecte 35 membres du personnel et résidents vaccinés dans une maison de soins
  76. Vidéo de blessure due au vaccin supprimée de Facebook (Attention: vidéo inquiétante)
  77. Un technicien en radiologie décède deux jours après avoir reçu la deuxième dose du vaccin Covid
  78. 22 résidents sont morts en trois semaines dans la maison de soins infirmiers de Basingstoke – “ Il est entendu que l’épidémie a commencé lorsque les résidents ont commencé à se faire vacciner contre le coronavirus … ”
  79. Une portugaise de 41 ans, mère de deux enfants qui travaillait en pédiatrie, est décédée dans un hôpital de Porto deux jours à peine après avoir été vaccinée contre le covid-19
  80. La Norvège enquête sur le décès de deux résidents de maisons de retraite qui sont décédés après avoir été vaccinés contre le covid-19
  81. Les experts chinois de la santé appellent à suspendre l’utilisation des vaccins anti-covid-19 à base d’ARNm après le décès de 23 personnes âgées en Norvège .
  82. En Floride, aux États-Unis, un médecin est décédé des suites d’un accident vasculaire cérébral après avoir été vacciné contre le covid-19.
  83. Un médecin de 32 ans a souffert de convulsions et a été paralysé après avoir reçu le vaccin covid-19.
  84. Un travailleur de la santé de 46 ans décède 24 heures après avoir reçu le vaccin Covid-19, mais le gouvernement affirme que la mort n’est pas liée au vaccin
  85. Des spécialistes allemands enquêtent sur le décès de 10 personnes décédées après avoir été vaccinées contre le covid-19
  86. La Norvège met en garde les patients fragiles de plus de 80 ans contre les risques de vaccination après la mort
  87. La Norvège enquête sur 23 décès de patients âgés fragiles après la vaccination
  88. Des médecins californiens appellent à l’arrêt urgent des vaccins moderna après de nombreuses chutes de maladie
  89. Inde: deux personnes décèdent après avoir reçu le coup de pioche
  90. Le vaccin contre le coronavirus mis en attente car un volontaire souffre d’un effet indésirable grave
  91. La Californie suspend certaines vaccinations contre les covides après des réactions
  92. Une légende du baseball meurt de “ cause non divulguée ” 18 jours après avoir reçu le vaccin contre le covid
  93. Femme blessée par le vaccin (Attention: vidéo inquiétante)
  94. Mère gravement blessée par le vaccin covid (Avertissement vidéo inquiétante).

これらは、ワクチン接種後に起こりうる死傷事故のほんの一部に過ぎません。

 

ヴァーノ○・コールマ○の説明(ボッシェ博士の論理)のおかしな点は?

コールマン氏がボッシェ博士の説明を引き合いに出して、枠沈抗体がウイルスに与える負荷により、ウイルスが変異して更に強毒化し、他の人に感染していくと書かれていますが、日本のウイルスの専門家である森田公一所長の話を読んでみると、全く違う事がわかります。しかも、それだけではなく、国内の医師数人の意見でも共通している事です。

ウイルスはほかの生物の細胞のなかに入らないと生きていけないものです。つまり、必ず何かに寄生しないといけない。寄生した宿主を殺してしまったら、ウイルス自身も死んでしまう。長期的に見れば、ウイルスは宿主と共存するために、“弱毒化”していきます。天然痘のように強い病原性をずっと維持しているウイルスはありますが、“強毒化”していったウイルスは存在しません」(ウイルス学が専門の長崎大学熱帯医学研究所の森田公一所長)

引用元:ウイルス専門家「長期的に見ればウイルスは“弱毒化”していく」
https://jisin.jp/domestic/1938931/

森田所長は、ウイルスを研究し続けて35年 ワクチンや診断薬を開発している方です。その経験に裏付けられた説明が正しいと言えます。それでは、何故、ウイルス開発に長年携わっているボッシェ博士は、こういうことも知らないのでしょうか?

つまり、ボッシェ博士の説明は、枠沈を打った人の体内で、ウイルスが更に強毒化した変異体になり、それが他の人に感染していき、ワクチン接種を続けていると、それが引き金となり変異体の連鎖反応は止まらず、結果として、人類は絶滅していくと主張しています。

しかし、そんな事をすれば、ウイルス自体の宿主が絶滅する事になり、ウイルスはその時点で死滅してしまいます。そうならないように、ウイルスは変異していくたびに、弱毒化していくのです。

だから、ボッシェ博士のこの主張は間違っていると言うことです。

もしかすると、ボッシェ博士はワクチン接種された人から他の非接種者に感染するのは、変異体ではなくスパイクタンパク質であることを知っているのかも知れません。ヴァーノン・コールマンもです。

ワクチンを打った人から他の人に感染するのは、変異体ではなくmRNA型ワクチンの主成分であるスパイクタンパク質です。そこに、全人類を破滅させる危険性があるのです。

ボッシェ博士はビル&メリンダ・ゲイツ財団で働いた経験がありますので、おそらく、彼はビル・ゲイツ(WHO、または、DS)側の人間の可能性があります。すると、ボッシェ博士は、mRNA型枠沈が人体に有害である事を隠したいのかも知れません。

mRNA型ワクチンは、人体に有害なスパイクタンパク質やその他、酸化グラフェンや寄生虫、重金属などを含みます。それらが原因で、ワクチン接種を受けた人たちの多くが、死んだり、思い副作用で苦しんでいるということを、ボッシェ博士は隠す役割があるのでしょうか?

また、実は、DSが計画してきた新型567プランデミックでは、PCR検査の感度を上げて疑陽性者を沢山出すことで、あたかも、新型567の変異体が次から次へと発生しているように見せかけて市民に恐怖を感じさせワクチンを打つ必要性があると市民に思わせたいわけです。この計画の目的は、大幅な人口削減です。この計画自体を全て有耶無耶にしてしまうのが、ボッシェ博士の役割なのではないでしょうか?

上の「第一の問題」と「第二の問題」を読むと、コールマンは問題が変異体ではなく、mRNA型ワクチンにあると言う事を知っているが、口に出さないだけのようにも感じます。わざとその革新には触れていないのです。

彼らの説明でも新型567ワクチンを使うのは良くないとは言っていて、それを信じる政治家が新型567ワクチンの使用をやめたとしても、DSが計画し実行してきたmRNA型ワクチンによる大量殺戮の大犯罪は隠されたままになります。

被害者が望むのは、真実の暴露と、犯人の逮捕と裁きではないでしょうか?

 

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワクチンパスポートの現状や欠点は?廃止はロシアの事例から?

皆さん、こんにちは。 日本でもいよいよ、枠沈ワクチンパスポート(海外渡航用の新型コロナ枠沈接種証明書)が、7月26日から全国の市町村で申請・交付が始まりました。 この枠沈パスポートが、枠沈非摂取者たち …

安倍元首相襲撃事件での不可解な点-出血量や輸血は?

皆さん、こんにちは。 この間、安倍元首相が襲撃されお亡くなりになりました。お悔やみ申し上げます。 しかし、この犯罪を見ていくとどうも変な違和感を感じているのは、私だけではないようです。 そこで、その違 …

アニメの暴力シーンは青少年にどのような影響を与えるかPart1?

  最近、博多豚骨ラーメンズの2018年1月からアニメ化 ということを聞き、その小説を読んでみました。 それがきっかけで 人を殺すシーンがあまりにも多いアニメの 子供に与える影響が非常に気が …

ウクライナでの戦争はロシアが攻めている?それともアメリカ・NATO?

Aerial view of Residence of Bukovinian and Dalmatian Metropolitans. Chernivtsi National University. …

ペルセウス座流星群2018!方角や日時や岩手県の穴場はどこ?

     皆さんこんにちは。 流れ星を見た時に、 流れ星が消える前に3回願い事をすると、その夢が実現する という言い伝え、聞いたことりますか? なかなか、3回も願いこどを …

スポンサードリンク