毎日の日記

医療関係者がMedscapeフォーラムでコロナ注射の危険性を警告!

投稿日:2022年7月24日 更新日:

皆さん、こんにちは。日本では、新型567プランデミックが今でも継続していて、本日の感染者数(PCR陽性者数)と死亡者数は…

とかなり増加傾向にあります。

この数字の意味するところは、どんなウイルスか不明ではあるが、PCR検査に陽性になった人数が増えていると言う、ただそれだけです。これが新型567に感染していたとしても、今の新型567は非常に軽いインフルエンザウイルス程度のものですので、心配する必要はありません。

しかし、政府はこの偽感染者数で新型567の変異体が猛威を振るっていると見せかけて、感染防止のために(人口削減が目的の)枠沈の接種を市民に推奨するのが狙いです。(実際、強制的にやらせているも同様)

それに騙されないようにするために、今日は、皆さんに医療関係者が投稿してきたコロナ注射の危険性についての投稿を紹介します。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

医療関係者がMedscapeフォーラムでコロナ注射の危険性を警告!

元記事は、以下になります。

Censored in the Corporate Media Hundreds of Medical Professionals Speak Out on Medscape Forum Warning about Dangers of C○VID Injections
企業メディアの検閲を受け、数百人の医療関係者がMedscapeフォーラムで「新型567注射」の危険性を警告
https://medicalkidnap.com/2021/06/11/censored-in-the-corporate-media-hundreds-of-medical-professionals-speak-out-on-medscape-forum-warning-about-dangers-of-C○VID-injections/

ウェブサイト「Medscape」が、2021年2月に、医療関係者が新しい注射剤「C○VID-19」対する期待や懸念を議論するためのフォーラムを開設しました。

これから、そのフォーラムに投稿された医師たちの懸念や意見を紹介していきます。

 

この投稿を見てみると、最初は、新型567枠沈に対する肯定的なコメントと否定的なコメントの両方がありました。

この注射がリリースされた時、これらの注射の緊急使用認可の実行を監視し、安全かどうかを判断するための計画ではありませんでした。

計画では、人命への影響に関係なく、できるだけ多くの人たちに注射をすることが目的でした。なぜなら、上層部のグローバリスト、また、その裏にいるDSの幹部たちは、世界の人口を削減して全世界を支配したいからです。そして、今では生物兵器であることが知られているこのmRNA型の注射は、彼らにとっては、目標を達成するための未来への切符なのです。

このフォーラムは2021年2月から始まったのですが、最初の一ヶ月ほどは、注射に対して否定的なコメントが、肯定的なコメントの2倍くらいありました。

肯定的なコメントのほとんどは、企業メディアに載っているCDC(アメリカ疾病予防管理センター)やFDA(アメリカ食品医薬品局)のトークポイントを言い直すだけの医療関係者たちでした。

しかし、時間が経つにつれて、多くの医療関係者たちがこの新型567ウイルス用の注射に悩まされるようになり、その比率は10対1と、否定的なものが激増しました。

これらの医療専門家たちは、一般の人々と同じように不安や疑問を持っており、注射を打った後、自分の体に起きた障害を治療してくれる人が、見つからないことに憤りを感じている人が多くいます。

また、このフォーラムを見つけて安心した人たちもいます。彼らは、とても孤独で、医療仲間から追放されたように感じており、注射を受けなかったとしても、受けた人の周りにいるだけで酷い症状に悩まされている人がたくさんいます。

以下は、彼らの投稿の中から一部抜粋したものです。

 

医療関係者の投稿とは?

イワン・イリアルテ博士/ Dr. Ivan Iriarte

この「枠沈」が「安全で効果的」であるとして、一般の人々に強制的に宣伝されていることを、私は非常に懸念しています。EUA(緊急使用許可 / emergency use authorization)の状況や、mRNA技術に関する多くの専門家の懸念について、人々は十分な情報を得られていません。VAERSで報告された事象は、大きな懸念材料となるはずです。イスラエルで報告された発症率の上昇など、若年層における心筋炎の報告も非常に憂慮すべきものです。この枠沈は、もし提供されるのであれば、新型567に感染した場合に重症化する危険性がある成人にのみ、自発的に、そして情報を完全に開示した上で、提供されるべきです。

E K

こんにちは、このフォーラムを発見してとても感謝しています。私は45歳女性、ギリシャのクレタ島イラクリオン在住、保健行政に携わっています。

2021年6月5日に、ファイザー社のC○VID-19枠沈の1回目の接種を受ける予定でした。しかし、私は予約をキャンセルし、近々接種する予定もありません。

72歳の母にそのことを話すと-母はファイザーの2回分の接種を受けている-電話を切られました。それ以来、彼女は私と話をするのをやめ、私に対して本格的な心理戦を仕掛けてきました。今、私たちの唯一のコミュニケーションは、枠沈がいかに有効であるか、ギリシャが567ウイルスによっていかにひどい打撃を受けているかを概説した記事を、彼女からメールで受け取ります。

私は季節性アレルギーがあり、仕事中、不幸にもくしゃみが出るようになりました。年下の同僚(33歳、女性)は完全にパニックになり、「私のせいで、彼女の3人の子供が新型567に感染する!」とまで言い放ちました。その日の朝、自己検査で陰性だったにもかかわらず、経営陣は私に検査を受けるよう暗に命じ、家に帰らせました。私は緊急検査を受け、幸いにも陰性でしたが、それまでは恥ずかしさと不安で言葉では言い表せないほど、ひどい気分でした。もし、緊急検査が陰性でなかったら、過失致死罪で裁かれていたかもしれません。家庭や職場で感じる心理的プレッシャーは、ほとんど耐え難いものです。

ガブリエル・トラウブ/ Gabrielle Traub

このようなことは他では議論されていないので、皆さんがご自分の経験を話してくださることに本当に感謝しています。

私は、

  • 頻脈
  • 失神
  • リウマチ
  • 認知機能の低下
  • 頭がぼんやりとする
  • 長く続く疲労
  • 月経障害
  • 片側の足の腫れ
  • 全身性炎症
  • 重度の感染症
    枠沈接種後数日で、重度のインフルエンザにかかり救急病院に行く必要があった

など、数多くの患者から有害事象を報告してもらいました

私は、患者さんには、枠沈接種の前に抗体検査を受け、過去に感染症にかかったことがあるかどうかを評価することを強くお勧めします。

サリー・プラット/ Sally platt

看護師として、私は枠沈として販売されている実験的な生物学的製剤に関連する有害事象について非常に心配しています。

私は、予防接種ではなく、健康的なライフスタイルによって強化された自分の免疫システムに頼ることを選択しました。

しかし、予防接種を受けた人と一緒にいることが心配です。

数日前、ある会合で9人の接種者3時間近く一緒に過ごした後吐き気めまいがひどくなり、ひどい偏頭痛に襲われ、家に帰るのが怖いくらいでした。

それ以来、めまい、異常な疲労感、鼻づまり、常にバランスを崩しているような感じが拭えません。

このような有害事象は報告されませんが、現実に起きていることなのです。

レイチェル・リー・ベル博士/ Dr. Rachel Leigh Bell

新型567用枠沈接種を受けた人のそばにいると、毎回同じようなめまい吐き気に襲われるんです。

始まりは2021年1月、予防接種を受けた叔母が訪ねてきた時です。

叔父が亡くなり、祖母が泣いている時に彼女を慰めた後、全身発疹ひどい体の痛みが何日も続きました(枠沈とは関係ありません)。また、それ以来、生理不順になりました。最初は2週間近く生理があり、その次は、2ヶ月間、1ヶ月に2回生理が来ました。

あまりに耐えられないので、会う前にみんなに枠沈接種状況を聞いています。私は、自分が「枠沈接種済み」探知機のような気がしてきました。

私は幼児の授乳もしていますし、上に書いた体調が悪くなったの間中、赤ちゃんに授乳していました。彼は、熱はなく乾いた咳をします、軽い風邪のような病気を発症し、全身倦怠感に襲われました。

私は、本当の科学が解明され、私自身や息子に後遺症が残らないことを心から願っています。

私はもう一人子供が欲しいと思っています。

スーザン・マクベイ/Susan McVey

もう一度投稿してみようと思います。何らかの理由で、私の最初の投稿はモデレーターによって削除されました。

スパイク・プロテインは、SARS-C○V2(SARS-C○V-2)のヒトへの結合を強化し、SARS-C○V2(「C○VID」)感染による、既知の血管および神経学的後遺症を生み出すものなのに、なぜスパイク・プロテインを人の体内で作らせようとすることが良い考えなのでしょうか?

ソーク生物学研究所は、SARS-C○V2というウイルスとは無関係に、スパイクタンパク質がやはり血管内皮障害を引き起こし、血液脳関門を通過することを実証する研究結果を発表しました。また、このタンパク質の構造には、「C○VID」患者に見られる神経症状の一因となるプリオン様分子が存在します。

一体誰が、なぜ、体内でこのタンパク質を生成することを望むでしょうか?

VAERSには5000人以上の死亡例が報告されていますが、そのうち

  • 3503人は枠沈接種後、14日以死亡しています。

私はこれらの報告のうち、匿名の消費者によって書かれたものではなく、MSMやCDC (アメリカ疾病予防管理センター) が信じ込ませようとしている、ER1ICU2PCPs3SNFs4薬局から提出されたものを何百と読んできました。

私は、

の高い発生率に気づいています。発作脳炎も、私が読んだ報告書では共通のテーマとなっています。

また、VAERSの報告書では、ある種の薬剤慢性疾患死亡との相関5〜10%あることも指摘されています。

1970年代の豚インフルエンザ 枠沈のキャンペーンでは、58人がギリアン-バレー症候群を経験し、うち1人が死亡した後、枠沈キャンペーンは停止されました。ここで何が起こっていたのでしょうか?

VAERSレポートの中に、基礎疾患のない5ヶ月母乳で育てられた幼児が、母親2回目mRNA注射を受けた2日後血小板減少性紫斑病(TTP)死亡したというレポートがあります。

スパイク・プロテインは、サイトカインの嵐を引き起こした「C○VID」の交絡因子でした。なぜ私たちはスパイク・プロテインを注射し、あるいはそのmRNAが含まれる薬剤を注射して、細胞にそれを作らせるのでしょうか?

そして、なぜ、まだEUA(欧州医薬品庁)の下にあるにもかかわらず、このような奨励策をとるのでしょうか?

身体の自然免疫によって99%以上の生存率が得られているのになぜ80〜95%の有効率とされる、枠沈による解決策が緊急に必要なのでしょうか

このパンデミックは、何もかもが “ルール(計画)に従って”動いています。

私はSARS(SARS-COV1)の発生時に診療所にいましたが、州内のすべての病院パンデミックプランを作成しましたが、これらの計画はすべて破棄され、パンデミック計画に従って計画されていたことは、何も起きませんでしたなぜでしょうか?

 

カサンドラ・バロミリ博士/ Dr. cassandra balomiri

いつになったら終わるのか、自分自身に問いかけているところです。

アストラゼネカ枠沈の接種をしてから2週間後めまいで目が覚めました…どちらかというと振動性のめまいで、動くとずっと続きます。

最初は顔の右側、それからはいつも違うパターンで…朝起きると両腕がうずく両腕と片足がうずく片足か片腕がうずく指が数本うずく…などです。 それから、手足に軽いしびれのような奇妙な感覚があり、常に体の右側と左側が入れ替わるのです。

信じられません…言うまでもなく、心拍数は数週間のうちに120/minくらいになりました。もしかすると、神経系の問題が生じた事で、いろんな事について不安になっているのかもしれません。

ORL (耳鼻咽喉科)、神経科医、心臓専門医、眼科医に行きました。多くの血液サンプル(知覚異常の原因を探しています)、MRIで頭部と首の検査神経伝導検査MS{*1}かもしれないと思いました)・・・全ての検査結果はクリアでした(ビタミンD不足あり)・・・

数週間後(6-8)良くなり始め、今ではめまいはなくなり、時々指2-3本のしびれで目が覚める・・・。

しかし、今度は筋肉の痙攣を起こし始めました・・・ただ恐ろしいだけです・・・私は体の様々な部分…主に背中、肩、足…が痙攣します・・・もう4週間も痙攣しています・・・

Emg(筋電図?)を測ったが全て正常でした。

ドイツのポール・エーリック研究所に報告しました。私は枠沈には反対ではないですが、これは私の人生の中で最も恐ろしい経験です。そして、まだ終わっていません。

私は痙攣があまり続かないことを願っています・・・。

 

2022/06/08 再投稿

あの枠沈で人生を狂わされてから、1年以上が経ちました。今月はAZ、6月はPfizerです。いくつかの症状は確かに良くなりましたが、残念ながら私は多くの自己免疫疾患ANA陽性、抗TPO陽性から橋本病になるかもしれないです。

関節痛レイノー病を伴う「未分化結合組織障害」という診断を受けており、自己免疫疾患ではない他の問題もあります…

そして慢性自己免疫疾患は時間とともに消えたり良くなることはありません。

でも、他のフォーラムを見ると、残念ながら私だけではないことがわかります。

ボーナス 私は医師として、枠沈を接種するか、仕事を失うかを強制されているので、おそらくすぐに仕事を失うでしょう。多くの医者に診てもらっても、誰も「もう枠沈は打たないでください」と紹介状を書いてくれません。人生は完全に破滅し、これほど長い間、(私の障害に対する)承認も助けもないのです…。

 

シンシア・マクマハン/ cynthia mcmahan

重篤な副作用に見舞われたことがあります。

その多くは神経症状です。

  • 重度の神経障害性疼痛、
  • 疲労、
  • 頭痛、
  • 全身のしびれ、
  • 耳鳴り、
  • めまい

人生が台無しになるのではと恐れています。

1回目ファイザー・枠沈接種から約3週間痛みで仰向けになっていました

そして、吐き気血圧101から190に上がるのを忘れていました。普段から血圧はかなり低めです。

リサ・マニング/ lisa manning

私もこれらの症状をすべて経験しています。もう4週間が経ちます誰にも原因を解明してもらえません

メリッサ・ジョンソン/ Melissa Johnson

私は3月末J&J枠沈注射を打ちましたが、それ以来背骨の痛み神経障害が続いています。大きな検査をしてもらっています。CIDPが心配です。

 

トム ペコラ/ tom pecora

@cynthia mcmahan

私も同じものを打ちました。
1回目 2021年3月18日 2回目 2021年4月8日。

  • 脚の脱力感が増す
  • 筋肉痛
  • 関節痛
    • 手首
  • Nerupothy
  • 足の激痛
  • 両膝・腱の痛み
  • 足と腕の痛み

整形外科でステロイドを試しましたが、効きましたが、私の糖分が高くなりすぎました(私は糖尿病2です)、それが切れたので、今は機能するために600MGから800MGアドビルを飲まなければなりません。ステロイドが切れたので、すべての痛みが戻りました。

私は長期にわたってアドビルを接種する事を懸念していましたが、どの医師も、私に理由を教えてくれません?

これらの痛みが早く終わらないものだろうか…私もVsafeに報告したのですが、何も返事がありません。まだ、体の障害は続いています。痛みの度合いは 10~11のレベルくらい。

エリザベス・ボレンバッハ博士/ Dr. Elizabeth Bollenbacher

とても心配です。ファイザー枠沈を接種後、自然に鼻血が出て肉眼的血尿が出ました。その2週間後に、突然片耳が完全に聞こえなくなり、さらにその2日後に自然結膜下出血を起こしました。この先どうなるか心配です。

 

ダニス・ヘルツ博士/ Dr. danice hertz

私自身、ファイザー社新型567枠沈によって大怪我をしました。

枠沈の接種後30分で、顔のひどい火照りめまい血圧の急激な上昇を経験しました。

この9週間、私は顔、舌、胸壁、手足に激しい知覚異常があり、めまい、頭痛、震え、脱力感もあります。私は体が不自由で、回復しないのではと心配しています。

この病気について、またどのように治療したらよいかを知っている医師を地域で見つけることができません。
FDA (食品医薬品局)、CDC (アメリカ疾病予防管理センター)、NIH (アメリカ国立衛生研究所)のトップにも連絡を取りました。彼らは、このような神経学的反応を十分に承知しており、調査中であることを認めています

なぜ、そのような副作用が公表されないのでしょうか?私のような人間が医療を受けることが非常に難しくなります。

私が様々な出版物で発表したコメントを読んだ多くの人々が、枠沈による同様の反応を経験したと連絡してきています。私のような人々が適切な治療を受けられるように、これらの反応を検証し、研究する時期に来ています。

 

 

【参考】

 

  • FDA: 食品医薬品局/ Food and Drug Administration
  • CDC: アメリカ疾病予防管理センター / Centers for Disease Control and Prevention
  • NIH: アメリカ国立衛生研究所 / National Institutes of Health

 

ジャルファ・ワブズ/ Jarfa Wabs

@Dr. danice Hertz

私は、2回目ファイザー注射後4週目ですが、皆さんと全く同じ症状です。

感覚性多発ニューロパチーです。最初の注射の後、私の顔、左腕、頭皮は麻痺し、燃えるような感覚が絶えずしていました。神経がおかしくなっていたのです。これは足や腕、口、胸壁などにも続きました。

2週目には息切れもした。

そして2回目の注射から4時間後、私は歩けなくなり左足がしびれ、救急病院に運ばれました。残念ながら、誰も私を助けてはくれませんでした。

それ以来、私は4回ER (救命救急室 / emergency room)に行きました。神経科医、心臓専門医、そして今週は呼吸器専門医に診てもらいました。彼らは皆、あなたが上に述べたようなことだと推測しています。

が変わったり、消えたり、戻ったりするので、とても心配です。

呼吸もまだ正常ではありません。視界はいつもぼやけていて、左目には痛みがあります。背骨と頭の中が焼けるように痛いです。お湯で手を洗うことも、髪を乾かすこともできない。全身が燃えているような感じだ息切れのため、ほとんど眠れない

肺機能検査を受けるため、呼吸器科に行く。

Facebookのグループにも、私たちと同じような症状の人が何人か参加しています。どうしたら、このことを世間に知らせることができるのか、少なくとも私たちのような人のためにもっと研究をすることができるのか。地元のニュースチャンネルにも連絡しましたが、何の反応もありません。

私たちは皆、VAERSとファイザーに報告しましたが、何の反応もありませんでした。このままではいけないと思います。

私は心理療法士で、一日中ビデオで人々を助けていますが、顔の左側が弱っているのを感じるので、ベル麻痺になっていないかどうか、ビデオボックスでチェックし続けなければならないのです!

私は10歳以下の2人の子供を抱えています。私には10歳未満の小さな子供が2人いますが、彼らは母親がこのように苦労しているのを見なければならず、この症状がいつまで続くかわかりません…私は打ちのめされています。家族は実質1年以上家から出ていませんし、私たち夫婦は新型567の予防接種を受けることで正しいことをしようとしていたのに、こんなことになってしまいました…この件にもっと注意を向けるために、何かお手伝いできることはないでしょうか?何かお知恵を拝借できれば幸いです。

キャサリン・ムニエ博士/ Dr. Kathleen Meunier

私が懸念しているのは、多くの医学論文で指摘されている、mRNA枠沈接種後何年も経ってから自己免疫疾患などの深刻な結果をもたらすかもしれないという理論的可能性です。

私は自己免疫疾患を患っています。自己免疫疾患は、生活の質に大きな影響を及ぼします。一般市民が率直に情報を得られず、十分な情報を得た上での判断ができないのは、倫理的に問題があると思います。

メディアに対する発言は、読者を誤解させ、不正確だが安心させるような結論に導くために慎重に表現されます。例えば、枠沈は95%の有効性で病気を予防する(症状を意味する)と言いますが、大多数の人は、この発言は枠沈が95%の感染を予防するという意味だと思うでしょうし、実際そうでした。これは非倫理的です。信頼に対する冒涜です。私は枠沈の価値を信じています。しかし、意図的に人々を誤解させることは間違っていると思います。目的は手段を正当化するものではありません

訳者注:「症状を意味する」とは、「枠沈は95%の有効性で病気を予防する」と政府やマスコミが言うのは、実は、「95%の確率で症状を予防する、または、軽くする」と言う意味になると言うことです。結果的には、病気は予防できません。というのは、体の自然免疫がこの枠沈により壊されていくからです。

 

マイク・レスポンデック/Mike Respondek

8 DAYS AGO (2022/07/19)

アハメド、私も16ヶ月間痙攣が続いています – 最初のモデルナ注射の3日後(3/18/2021)に始まりました。私もMNDウサギの穴 (=迷宮のように入り組んでいて、出口や解決策がないことが多い状況) に入りました。私にとって怖いのは、私が痙攣を始めたとき、72歳の父がALS (*1)で闘病していたことです。しかし、あなたの頭を維持します。あなたの心配があなたを取得しないでください – あなたは良いよりもはるかに多くの害を行うことになります。活動的で多忙な生活を送ることで、痙攣のことを考えないようにすることができます。痙攣に集中しすぎると(主にふくらはぎの筋肉ですが、1日に数百から数千の痙攣を体中に感じます)、不安が一気に高まります。

 

【訳者注】 

[*1] ALSは、おそらく、筋萎縮性側索硬化症の事?

 

モアズ・アフメッド/Moaaz ahmed

10日前(2022/07/17)

2021年11月から全身の筋肉が痙攣し、良い日、悪い日と変動しています。MRIでは神経科医が言ったように非特異的病変が認められ、血液検査ではビタミンDの値が低い以外は正常です。
最近、ビタミンDの服用を始めて1日後に、両足に軽い灼熱感と重苦しさ、痙攣の増加を経験しました。
私は非常に不安とMND (運動ニューロン病) を恐れている。

 

語句の意味

SARS-CoV-2

SARS567ウイルス2(SARS-CoV-2)は、新型567ウイルスの原因となる、SARS関連567ウイルス(SARSr-CoV) に属する567ウイルスです。日本の国家機関や主要な報道機関は「新型567ウイルス」と呼んでいます。また、「新型コロナ」や「コロナ」と省略する場合もあります。

2019年11月に、中華人民共和国湖北省武漢市付近で、初めて発生が確認され、その後、新型567の世界的流行(パンデミック)を引き起こしました

 

プリオンとは?

プリオンは、タンパク質から成る感染性因子(プリオンタンパク質)です。

現時点で、この性質を持つ既知因子は、いずれもタンパク質の誤って折りたたまれた状態を伝達することにより増殖します。ただし、タンパク質そのものが自己複製するのではなく、自己複製の過程は宿主生物内のポリペプチドの働きに依存します。プリオンタンパク質のミスフォールド型は、ウシのウシ海綿状脳症(BSE、狂牛病)や、ヒトのクロイツフェルト=ヤコブ病(CJD)といった、種々の哺乳類に見られる多くの疾患に関与しています。既知の全プリオン病は、脳などの神経組織の構造に影響を及ぼし、今の時点で、これらは全て治療法がない致死的疾患になります

 

多発性硬化症

MSと言う略称は、色々な言葉の略称になりますが、この場合は「Multiple sclerosis」多発性硬化症だと考えられます。

多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つです。

脱髄とは一体何でしょうか?

私達の神経活動は、神経細胞から出る細い電線のような神経の線を伝わる電気活動により行われています。例えて言えば、家庭の電線はショートを避けるため、ビニールのカバーなどの絶縁体によって被われています。それと、同じように、神経も「髄鞘ズイショウ」というもので被われて保護されています。この部分が、炎症によって壊れてしまい、中の神経がむき出しになるのが「脱髄ダツズイ」と言います。

そして、この病気が「脱髄疾患」です。この脱髄が斑状に中枢神経のあちこちにできて(脱髄斑)、神経症状の再発を繰り返すのが多発性硬化症(MS)です。

参考URL: https://www.nanbyou.or.jp/entry/3806

 

CIDPとは?

CIDP: 慢性炎症性脱髄性多発根神経炎 – 手足の運動や感覚をつかさどる末梢神経に原因不明の炎症が起き、運動機能の障害…例えば、手足に力が入らないとか、物をうまくつかめない、また、歩きづらいなどの症状が出る…や感覚障害…手足がしびれたり、熱さや冷たさが感じられないなどの症状…が起きる病気です。

症状が進行すると歩行困難立つことも困難になる可能性があります。

日本での患者数は5,000人弱人口10万人あたりの有病率3〜4人程度と推定されます。

参考URL: https://csl-info.com/cidp_pt/cure/about/

.

 

肉眼的血尿とは?

肉眼的血尿; 肉眼的血尿とは、その名の通り肉眼的に、目で見て尿に血が混じっていると判断できる尿の状態を指します。そのため、尿が赤く見えるため、血が混じっていると悲観的に判断される場合でも、実際には血尿ではない、つまり尿の中に血球成分が混じっていないケースが多いと言われています。顕微鏡的に血球がまじっていて初めて血尿となると言えます。

参考URL: https://www.hospita.jp/disease/872/

 

結膜下出血とは?

結膜とは、白目の表面を覆っている粘膜のことをいい、大小の血管が多数存在しています。       
結膜下出血とは、結膜下の小さな血管が破れて出血したもので、白目部分が真っ赤になります。
程度は様々で、小さな点状のものから斑状、時には眼球結膜全体をおおう広範なものもあります。

(*4) 参考URL: https://www.hayashi.or.jp/disease/detail/masterid/58/

 

多発ニューロパチー

多発ニューロパチーとは末梢神経が障害されて、感覚障害、感覚低下、しびれ、痛みや少し触れただけでも痛く感じるなど、異常知覚が生じる病気になります。

神経系は大きく分けると、中枢神経末梢神経があり、脳と脊髄を指しているのが中枢神経で、そこから先の枝分かれしている神経の全てを末梢神経と呼びます。
さらに抹消神経①運動神経、②感覚神経、③自律神経に分類されています。多発ニューロパチーは、これらのどれかが炎症代謝異常などによって異常が起きて、働きが悪くなってしまう状態の事を言います。

原因として考えられるのは、糖尿病、アルコール多飲、細菌やウイルスへの感染、癌などの悪性腫瘍、遺伝性などがあります。枠沈接種は、ウイルスの一部であるスパイクタンパク質を体内に入れますので、ウイルスに感染したのと同じ状態になり、それが引き金になってしまうようですね。

末梢神経の障害による症状は様々で、上に挙げた例以外でも、歩行不可、冷たさや熱さに敏感になる、腸の調子が悪くなるなど、全身のあらゆる部分に感覚障害の症状が出てくる可能性があります。

 

運動ニューロン病

運動ニューロン(神経細胞)の変性を起こす病気のことで、例えば、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、原発性側索硬化症(PLS)、脊髄性筋萎縮症(SMA)、球脊髄性筋萎縮症などがその代表的なものです。

参考URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/運動ニューロン病.

 

橋本病

橋本病は甲状腺に影響を与える自己免疫疾患です。甲状腺は、喉頭隆起のすぐ下の首の付け根あたりにある腺です。甲状腺は、体内の多くの機能を調節するのに役立つホルモンを産生しています。自己免疫疾患は、免疫系が健康な組織を攻撃することで引き起こされる病気で、橋本病では、免疫系細胞が甲状腺のホルモン産生細胞を巧撃して死滅させてしまいます。この病気は通常、ホルモン産生の低下(甲状腺機能低下症)を引き起こします。

橋本病は誰でも発症する可能性がありますが、特に、中年女性に多く見られます。

橋本病は、橋本甲状腺炎、慢性リンパ球性甲状腺炎、慢性自己免疫性甲状腺炎としても知られています。

参考URL: https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/hashimotos-disease/symptoms-causes/syc-20351855.

 

播種性血管内凝固症候群

播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、体の血管の中で血栓ができやすくなったり、容易に出血したりする病気のことです。「播種性(はしゅせい)」とは全身に広がることを意味し、「凝固」とは血液が固まることを意味します。血管の中で凝固が過剰に起きることで、かさぶたのような血の塊(= 血栓)ができやすい状況になり、出血します。命にかかわる重篤な病気です。

参考URL: https://medicalnote.jp/diseases/播種性血管内凝固症候群.

 

深部静脈血栓症

深部静脈血栓症とは、脚や下腹部にある深部静脈と呼ばれる血管に血栓ができる病気のことです。主な症状は、下肢の腫れ・痛み・皮膚の色の変化などがあり、更に 血栓が足の静脈から剥がれて心臓や肺に到達すると、肺塞栓症(はいそくせんしょう)を起こし、呼吸困難やショック状態になることがあります。しかし、多くの場合、肺塞栓症を発症するまでは症状がみられず、発見が難しいのがほとんどです。

この病気は、入院中の患者や航空機などで長距離移動をする場合によくみられ、旅行者に発症するものは別称「エコノミークラス症候群」と呼ばれることがあります。

参考URL:https://medicalnote.jp/diseases/深部静脈血栓症.

 

脳血管発作(脳卒中)

脳は、4本の脳動脈(左右2本の内頸ナイケイ動脈系と椎骨ツイコツ動脈系を介して送られる血液から、酸素と栄養素(脳にとってのエネルギー)を供給されて活動しています。
4本の脳動脈は、頭蓋ズガイ内でいくつにも枝分かれして細くなり、脳のすみずみにまで血液を供給しています。
これらの動脈のどこかに破れつまりが生じて血液が流れなくなると、その動脈から血液の供給を受けていた脳実質ノウジッシツ(脳そのもの)に障害が発生し、手足の麻痺や感覚障害、言語障害、失語症シツゴショウ、意識障害や呼吸困難などが起きて、生命に危険をおよぼす症状が現われます。このような状態を、脳卒中(脳血管発作)といいます。

参考URL: https://kotobank.jp/word/脳卒中(脳血管発作)-792052

 

多臓器不全

多臓器不全とは、肺や腎臓、脳など生命の維持に欠かすことのできない複数の重要臓器の働きが、著しく低下した状態を指します。

多臓器不全が起こる原因は様々ですが、治療介入が遅れることで生命が危なくなる事もあります。そのため、適切な診断のもと、迅速かつ複数の治療を組み合わせた治療を受けることが重要です。

多臓器不全は、重症感染症のひとつである敗血症、重度のやけど外傷大量出血などが原因となり発症するようです。

通常、体内で炎症反応が生じると、炎症反応が増強しすぎないように、ある程度それを抑制するシステムが備わっています。しかし、上にあげたような病態が存在すると、身体の中でさまざまな物質が放出され、炎症を誘導したり、逆に炎症を抑えるようにしたりなど、体内でアンバランスが生じ、制御不能な状態に陥ります

その結果として、肺や肝臓腎臓、脳など複数の臓器にわたって、様々な機能の障害が生じて、多臓器不全を引き起こします。

参考URL:https://medicalnote.jp/diseases/多臓器不全

 

最後に

医療関係者からこれほど多くの枠沈による障害の報告があり、特に、医師自身が枠沈を打って、人生を狂わせてしまうほどの障害を負い、何年も苦しみ続けている経験を投稿するとは、外国のフォーラムの反応は凄いものがあります。

日本で、医療関係者からの枠沈による被害報告は、最近ではTwitterで良くみかけていて、それ以外では、数人の医師たちが、個人のブログや病院のサイト内のブログコーナーなどで、意見を書かれているのを時々みかけます。

おそらく、西洋よりも日本のほうが、こういう面では遅れているようです。

日本での枠沈接種キャンペーンができるだけ早くなくなってほしいですが、日本の問題は、いつまでもWHOの言いなりになり、ウイルスのパンデミック現象を引きずっていると言う事です。

免疫疾患になった場合の治療方法は無いかも知れませんが、今からでもそれに関する研究を専門医療関係者の間で進めてほしいものです。

一つ、Twitterでは医師の投稿で、イベルメクチンを接種すると枠沈の副作用(皮膚)の症状が消えた、と言うものがありました。お役に立てれば幸いです。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北朝鮮とロシアの歴史を振り返る3

  この記事は、「北朝鮮とロシアの歴史を振り返る2」の続きになります。   目 次0.1 〈北朝鮮の孤立化、韓国の軍事独裁〉1 〈社会主義体制の完成〉2 まとめ 〈北朝鮮の孤立化、 …

九州の梅雨入りと梅雨明け予想!2019年の時期や降水量は?

皆さん、こんにちは。 もうすぐ、雨がたくさん降ってくる、梅雨の季節に なりますね。 気になるのは、梅雨がいつから始まり、いつごろ 終わるのか、そして、降水量がどのくらいに なるのかですね。 そこで、今 …

革靴が雨に濡れた時に乾かす方法&乾燥におすすめ商品7選!

皆さん、こんにちは。 もうすぐ、6月の梅雨が近づいてまいりますが 雨対策はできていますでしょうか? この季節、雨の対策してても、うっかり忘れて 外出した時に、雨が降ってくる…なんてことも ありますよね …

慢性硬膜下血腫で再発率は?未然に防ぐ方法でビールは?

この記事は、 慢性硬膜下血腫で手術後の経過や入院期間・費用は? の続きになります。 まだ、上の記事を読んでない方は、そちらから先にお読みください。   この記事では、再発する可能性はどのくら …

長期断食の回復食1日目!食事のポイントや飲み物の作り方は?

皆さん、こんにちは。 2週間断食を終えて、ようやく回復食1日目に 到達しました。 といっても、断食の中で一番むずかしいのが 回復食と言われるほどに、回復食は難しく、そして 一番肝心要な部分なんですね。 …

スポンサードリンク