ウィルス・ワクチン 健康 毎日の日記

マスク使用率の高さとCOVID-19による死亡の間に正の相関があった?

投稿日:2022年8月3日 更新日:

皆さん、こんにちは。

日本では、未だに新型コロナ感染者数が増え続け、感染防止対策として「マスク着用」がうたわれているようです。政府はそれほど強くは言ってないかも知れませんが、市民はやはり、いつもマスク着用している人が99%くらいですね。

しかし、このマスク使用率の高さが、新型567感染と死亡数に意外な影響を与える事がわかりました。

そこで、今日はそれに関する研究とそれでわかった事を皆さんに説明していきますね。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

マスク使用率の高さとC○VID-19による死亡の間に正の相関があった?

前出の翻訳文の最後のパラグラフで、「別の国際的なデータの分析」と書かれていますが、これは、以下の記事で説明されています。

Study Finds ‘Positive Correlation’ Between Higher Mask Usage And C○VID-19 Deaths.
マスク使用率の高さとC○VID-19による死亡の間に「正の相関」があることが判明
URL: https://thenationalpulse.com/2022/05/16/study-finds-correlation-between-mask-compliance-and-covid-deaths/

 

ここで書かれている研究でわかったこと・・・

マスク着用が「意図しない有害な結果」をもたらす可能性がある事が示されていることがわかりました。

マスク着用率が高い国は、低い国よりも成績が良くなかったようですが、それは、つまりマスク着用率が高い国で、コロナ感染が少なくなり、死者数が少なくならなかったと言うことです。

新しい研究で、そのデータと分析により、代わりに「マスク着用率死亡率の間に中程度の正の相関がある」ことが判明しました。

この中程度の正の相関とは、

相関係数の強弱も,何気なく使う統計上の基準値である。よく使われるのは,絶対値として,以下のような基準である。

0 – 0.2 ほとんど相関なし
0.2 – 0.4 弱い相関あり
0.4 – 0.7 中程度の相関あり ★←おそらくこれです。
0.7 – 1 強い相関あり

引用元:https://biolab.sakura.ne.jp/statistics-5-percent.html

この査読付き研究「ヨーロッパでのマスク着用順守とC○VID-19の転帰の相関関係」(Correlation Between Mask Compliance and C○VID-19 Outcomes in Europe) は、サンパウロ大学の准教授で、微生物の分子遺伝学を研究しているベニー・スピラ氏(Beny Spira)が執筆したものです。

2022年4月19日にキュレアス医科学ジャーナル (Cureus Journal of Medical Science) に掲載されたこの論文の目的は、「ヨーロッパにおける2020~2021年の冬の罹患率死亡率に対するマスク使用の相関を分析すること」です。

この研究で何が分析されたのかと言うと…

6ヶ月間の罹患率、死亡率、マスク使用率に関する欧州35カ国のデータが分析されました。対象人数は、合計6億200万人でした。

これほど多くの人達のデータを分析するとは、かなり大々的に行われたようですね。

 

この分析対象期間は、C○VID-19のヨーロッパ第2波がちょうど来ていた時であり、その6カ月間において、ある国ではマスク着用率が高く、またある国では低かったわけです。

しかし、マスクの遵守率が高い国が低い国よりも良い成績を収めなかった事がわかりました。

 

これは一体、どういう事なのでしょうか?

それは、

マスクの使用C○VID-19の症例および死亡の間に負の相関がないことから、効果的な介入が最も必要な時期、すなわち2020-2021年の秋から冬の強いピーク時マスクを広く使用しても、C○VID-19感染を減らすことができなかったことが示された。

ということです。

 

C○VID-19の蔓延(感染)を抑制する上で、マスク着用の義務化は役に立たなかったわけです。

マスクの使用とC○VID-19による死亡の間には、「中程度の正の相関」があることを論文で発見しています。

さらに、この記事で、「西ヨーロッパにおけるマスク使用と死亡の中程度の正の相関は、マスクの普遍的使用が意図しない有害な結果をもたらした可能性を示唆している」と、以下の数値に基づき主張しています。

「マスク使用率と症例数の正の相関は統計的に有意ではなかったが(rho = 0.136, p = 0.436)、マスク使用率と死亡数の相関は正で有意だった(rho = 0.351, p = 0.039 )。マスクと死亡のスピアマンの相関は、東欧諸国より西欧諸国の方がかなり高かった。それぞれ、0.627 (p = 0.007) と 0.164 (p = 0.514) であった。」

 

また、Spira教授は、本試験に影響を与える可能性のある交絡因子ワクチン接種率C○VID-19の事前レベル)は、無関係であったと説明しています。

これはちょっと不思議ですね。なぜなら、例えば、枠沈接種率が高い国のほうが、死亡率も高くなる可能性が否めないからです。もしかすると、枠沈接種して死亡した人は新型567感染で死亡した人としてカウントされなかった、ということでしょうか?おそらく、そうかも知れませんね。

 

同記事では、

国によって異なるワクチン接種率については、「本研究で分析した期間の終わり(2021年3月31日)には、ワクチン接種の普及はまだ始まったばかりで、20%を超える接種率を示したのは、英国(48%)、セルビア(35%)、ハンガリー(30%)の3カ国だけで、すべての投与量を個別にカウントしていることから、これはぴたりと的中はしていないが、見当外れでもないと言えます。」と説明しています。

 

また、感染レベルの上昇がマスクの使用を促し、すでに感染率の高い国々でより高いレベルのマスクの着用が行われたと主張することも可能である。この主張は確かに一部の国では正しいが、フランス、ドイツ、イタリア、ポルトガル、スペインなど、感染率の高い他のいくつかの国では、2020年第1学期から、厳格なマスク着用が義務付けられていました

さらに、この研究の対象期間(6カ月間)で、すべての国がC○VID-19感染のピークを迎えたため、すべての国が同様の圧力に耐えており、マスクの使用水準に影響を与えた可能性もある、ともこの記事で説明しています。

この研究は、ホワイトハウスが、最近覆された連邦政府の旅行者用マスクの義務付けを復活させるために戦うことを約束した中で行われました。また、米国でマスク着用が義務付けられた結果、C○VID-19による死亡率が高くなったという別の研究結果も発表されています。

 

まとめ

この記事で書いた内容の要点は、以下になります。

  • マスク着用の義務化は、新型567の蔓延を抑制できない
  • マスクをずっとしていると、意図しない有害な健康被害をもたらす可能性がある

マスクを一日16時間、毎日つけていると、新型567にかかりやすくなるし、最悪、死亡する可能性も高くなるので、つけないほうが良いです。

新鮮な酸素を肺に取り入れて、脳の神経細胞に栄養を与え、クリアーな心で毎日ハッピーに生活しましょう。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ハウステンボス花火大会2018日程や時間・チケットや穴場は?

西日本で最大級と言われるハウステンボスの花火大会! 異国情緒たっぷりの長崎県佐世保市にあるハウステンボスで、 美しい花火の舞を見るのは、 非常に楽しいものではないでしょうか? そこで、今日は、ハウステ …

マオリとコンボイがコロナ制限措置とワクチン義務化に抗議!

皆さん、こんにちは。新型567の感染者数がまた増えてきましたね。とすると、日本で更にワクチン接種キャンペーンが進みそうな気配がしています。 その一方で、枠沈による副作用で苦しむ人や亡くなった方々の情報 …

甘酒断食のやり方は?豆乳やプロテイン・水と一緒に飲むのは?

皆さん、こんにちは。 私達の身近な飲み物で、栄養バランスが良くて 断食の置き換え用飲み物に使えるものは 何か考えていると、多分、甘酒ではないかと 思いました。 そこで、この甘酒を使った断食の仕方につい …

重陽って何?節句とは?どんな事を祝うのか?

9月9日の重陽(ちょうよう)って、皆さんあまり聞きませんよね。これって一体どんな意味なんだろう?と、思いませんか? どんな意味があるのだろうとか、何をする日なのだろうとかそういう疑問について、お答えし …

ノイハウスチョコをベルギーから!購入方法や税関・運送費用は?Part2

  皆さん、こんにちは。 この記事は、 ノイハウスチョコをベルギーからの購入方法・値段や配送料は?Part1 の記事の続きになります。 まだ上のPart1を読んでない方は、Part1から先に …

スポンサードリンク