ウィルス・ワクチン 健康 毎日の日記

Deagelの2025年人口変化予測とは?減少率のトップ3や原因は?

投稿日:2022年9月5日 更新日:

2020年、新型567が始まった頃、deagel.comの人口予測で気になる数字が発表されました!

それによると、西ヨーロッパを中心としたいくつかの国々で、2025年までに人口が大幅に減少するということがわかりました。

そこで、今日はDeagel.comの人口動態予測で何がわかったのか、また、その変化の原因は何なのかについて話していきます。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

Deagelの2025年人口変化予測とは?

では、皆さん、Deagel.comの人口変化予測で何がわかるのでしょうか?

この情報はインターネット上で大々的に公開されたのですが、何故か、deagle.comはウェブサイトからこの予測を削除しました。何故削除したのかは不明ですが…。(現在もアーカイブ版で閲覧可能です。こちらを参照)。

このアーカイブ版の人口動態予測一覧(2017から2025年の人口動態予測)を見たのですが、下の図がその一覧の最初の5行です。

2017~2025年の各国の人口動態統計

2017~2025年の各国の人口動態予測

この6カ国…中国、インド、ロシア、日本、ブラジル、米国…の人口の変化を見ると、衝撃的です!

No. 国名 2017年の人口 2025年の人口 人口変化
2025年の人口割合(*1)
1 中国 1,380,000,000 1,358,440,000 -21,560,000 98.4%
2 インド 1,280,000,000 1,341,720,000 +61,720,000

104.8%

3 ロシア 142,260,000 141,830,780 -429,220 99.6%
4 日本 126,450,000 103,047,280 -23,402,720 81.5%
5 ブラジル 207,350,000 210,314,920 +2,964,920 101.4%
6 米国 326,620,000 99,553,100 -227,066,900 30.5%
47 英国 65,650,000 14,517,860 -51,132,140 22.1%

*1: 【2025年の人口割合】とは、2017年の人口を100%とした時の、2025の人口の割合をパーセンテージで表した数値です。

上の一覧で、

  • 日本は2025年には2,340万2,720人減少し、人口が81.5%になると予測されています。
  • アメリカはそれよりも多く、2億2,706万6,900人減少し、30.5%に人口が減ります。
  • 英国はそれよりも更に人口減少が激しくて、2025年には約4分の1(22.1%)にまで減少すると予測されています。

なぜ、特定の国の人口がこれほどまでに減少すると言えるのでしょうか?どうしたら、このようなことが実現出来るのでしょうか?もし、ある種の自然災害でなければ、大量殺戮によってしか達成できないです。しかし、イギリスで大量殺戮なんてあったでしょうか?

 

減少率のトップ3は?

削除される前の予測データを入手したクレイグ・パーデクーパーCraig Paardekooper)が、各国の人口減少率を計算したところ、驚くべき結果が出ました。

人口減少の大きい26カ国は、ほとんどが欧米諸国でありG7諸国をすべて含んでいますイギリス、アメリカ、アイルランドがトップ3に属しています。

そして、ご覧の通り、日本は42番目に位置しています。

人口減少順位 国名 2017年 2025年 増減数 増減率 2025年の人口の割合 No.
1 英国 65,650,000 14,517,860 -51,132,140
-78% 22.11% 47
2 アイルランド 5,010,000 1,318,740 -3,691,260
-74% 26.32% 114
3 米国 326,620,000 99,553,100 -227,066,900
-70% 30.48% 6
4 ルクセンブルク 594,130 199,020 -395,110 -67% 33.50% 155
5 プエルトリコ 3,350,000 1,165,780 -2,184,220 -65% 34.80% 123
6 ドイツ 80,590,000 28,134,920 -52,455,080 -65% 34.91% 22
7 イスラエル 8,300,000 3,982,480 -4,317,520 -52% 47.98% 78
8 リビア 6,650,000 3,253,820 -3,396,180 -51% 48.93% 129
9 スペイン 48,960,000 27,763,280 -21,196,720 -43% 56.71% 26
10 アイスランド 339,747 195,927 -143,820 -42% 57.67% 161
11 フランス 67,100,000 39,114,580 -27,985,420 -42% 58.29% 10
12 バーレーン 1,410,000 837,800 -572,200 -41% 59.42% 130
13 スイス 8,240,000 5,342,540 -2,897,460 -35% 64.84% 44
14 キプロス 1,220,000 791,720 -428,280 -35% 64.90% 138
15 オーストラリア 23,230,000 15,196,600 -8,033,400 -35% 65.42% 29
16 アングラ 29,310,000 19,564,500 -9,745,500 -33% 66.75% 58
17 ヨルダン 10,250,000 6,888,740 -3,361,260 -33% 67.21% 97
18 デンマーク 5,600,000 3,771,760 -1,828,240 -33% 67.35% 57
19 ベルギー 11,490,000 8,060,900 -3,429,100 -30% 70.16% 36
20 イタリア 62,140,000 43,760,260 -18,379,740 -30% 70.42% 9
21 マルタ 416,338 295,243 -121,095 -29% 70.91% 149
22 オーストリア 8,750,000 6,215,000 -2,535,000 -29% 71.03% 41
23 ウクライナ 44,030,000 31,628,980 -12,401,020 -28% 71.84% 65
24 ノルウェー 5,320,000 3,833,960 -1,486,040 -28% 72.07% 53
25 スウェーデン 9,960,000 7,191,400 -2,768,600 -28% 72.20% 42
26 韓国 51,180,000 37,092,820 -14,087,180 -28% 72.48% 12
27 ニュージーランド 4,510,000 3,290,300 -1,219,700 -27% 72.96% 77
28 カナダ 35,620,000 26,315,760 -9,304,240 -26% 73.88% 11
29 エストニア 1,250,000 932,320 -317,680 -25% 74.59% 120
30 ギリシャ 10,770,000 8,055,960 -2,714,040 -25% 74.80% 61
31 ポルトガル 10,840,000 8,113,860 -2,726,140 -25% 74.85% 52
32 カタール 2,310,000 1,764,240 -545,760 -24% 76.37% 70
33 アラブ首長国連邦 6,070,000 4,664,700 -1,405,300 -23% 76.85% 50
34 セントルシア 164,994 127,192 -37,802 -23% 77.09% 176
35 ニューカレドニア 279,070 218,667 -60,403 -22% 78.36% 154
36 オマーン 4,610,000 3,616,920 -993,080 -22% 78.46% 73
37 バルバドス 292,336 229,598 -62,738 -21% 78.54% 163
38 タンザニア 53,950,000 42,526,920 -11,423,080 -21% 78.83% 75
39 台湾 23,510,000 18,538,200 -4,971,800 -21% 78.85% 28
40 モルドバ 3,470,000 2,750,860 -719,140 -21% 79.28% 147
41 リベリア 4,690,000 3,789,280 -900,720 -19% 80.79% 170
42 日本 126,450,000 103,047,280 -23,402,720
-19% 81.49% 4

彼の計算結果はこちらで見ることができます。→ Deagelの分析

 

2025年人口減少の原因は?

さて、2025年にかなりの人口減少が発生する国々があることがわかりましたが、その原因は一体なんなのでしょうか?

分析の最後に、彼はこう結論付けています。

もし、Deagelが正確な予測であるならば

  • この虐殺の震源地であり、ワクチンを製造している場所である英国、米国、ドイツに滞在するのは極めて危険である(5人に4人は死ぬ可能性が高い
  • G7諸国は一般的に良くない(せいぜい3人に1人が死亡する)。
  • ヨーロッパ諸国は一般的に安全でない。
  • 東欧諸国は、ルーマニア、ベリーズ、チェコ、リトアニア、フィンランド、ハンガリー、ラトビアなど、安全な国が多いようです。
  • 淘汰が行われていない国もかなりあるようです。

この結論から言えることは、

  • 2025年に、ある国々で人口減少率が大きい原因は、人口削減計画の実施、つまり、新型567枠沈である可能性が高い。
  • これは推測ですが、それには回数シェディングも影響している可能性が高い。

日本は、19%の減少率で他のアメリカ、イギリスなどからするとかなり低いようです。

日本のワクチン接種率は、82.7%、イギリスは 78.9%となり、イギリスのほうがやや接種理が低くなるのですが、上の人口動態予測では2025年には、日本は全人口の19%の減少、イギリスは78%の減少と、日本よりもイギリスのほうが人口の減少率がはるかに大きいです。

引用元:https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/vaccine.html?a=1

 

この矛盾は何なのでしょうか?

考えられる原因は…

  • 日本のワクチン接種率の統計の出し方に間違いがあり、実際の接種率はもっと低い
  • ワクチンの成分は、日本人よりもイギリス人の遺伝子により悪影響を与えたから
  • イギリスでは、他の要因が絡み合い、死者数の増加に拍車がかかった

ということが推測されます。

 

人口の減少率が1~19%未満の国々は?

2025年の人口の減少率が 19~1%未満の国々は以下のとおりです。

ベラルーシ, バハマ, クエート, 南アフリカ, ウルグアイ, セルビア, シンガポール, トリニダード・トバゴ, エルサルバドル, ミクロネシア, イラク, ブルガリア, ポーランド, スロベニア, クロアチア, 赤道ギニア, トルコ, サウジアラビア, ハイチ, レソト, シリア, ソマリア, ラトビア, ブルキナファソ, マリ, 北マケドニア共和国, マラウイ, ブルンジ, スリナム, ウガンダ, ニジェール, エスワティニ, ジャマイカ, チェコ, アルゼンチン, モンテネグロ, アルバ, アルバニア, スロバキア共和国, チュニジア, ベネズエラ, ボスニア・ヘルツェゴビナ, トーゴ, ナミビア, アルメニア, タイ, ベナン, ハンガリー, シエラレオネ, エクアドル, キリバス, フィンランド, エチオピア, グルジア, ギニア, ザンビア, リトアニア, アゼルバイジャン, キューバ, ベリーズ, ルーマニア, フィジー, セントビンセントおよびグレナディーン諸島, カザフスタン, モザンビーク, ガンビア, イエメン, セネガル, カメルーン, コンゴ民主共和国, ブルネイ・ダルサラーム国, ナイジェリア, ガイアナ, アフガニスタン, オランダ, 中国, トンガ, グレナダ, マダガスカル, モロッコ, モルディブ, キルギスタン

 

人口の減少率が0%、または、人口が増加する国々は?

2025年の人口の減少率が 0%は?

人口の減少率が 0%は、以下のとおりです。

ロシア, サモア, イラン, メキシコ, マウリチウス

 

2025年の人口が増加する国々は?

2025年の人口が増加すると予測されている国々は、以下のとおりです。

ブラジル, モンゴル, カーボベルデ, スリランカ, チリ, ジブチ, ガーナ, エリトリア, モーリタニア, ボツワナ, パナマ, ソロモン諸島, インドネシア, ウズベキスタン共和国, ペルー, ベトナム, チャド, ニカラグア, コロンビア, トルクメニスタン, ブータン, パラグアイ, コスタリカ, ドミニカ共和国, インド, コートジボワール, バヌアツ, 東ティモール, ケニア, レバノン, ジンバブエ, マレーシア, ミャンマー, アルジェリア, パキスタン, 中央アフリカ共和国, ラオス, ボリビア, ガボン, コンゴ共和国, カンボジア, ルワンダ, エジプト, タジキスタン, ホンジュラス, スーダン, パプアニューギニア, コモロ, グアテマラ, サントメ・プリンシペ, ギニアビサウ, フィリピン, バングラデシュ, ネパール

 

クレイグ・パーデクーパーとは?

クレイグ・パーデクーパーは、キングストン大学の薬学部の学生です。彼はNHS Staff for Choiceのメンバーです。このグループは2400人の医師、看護婦、研究スタッフからなり、ワクチン接種は同意のもとに行われるべきで、拒否する人々には何の制限も課されるべきではないと信じています。彼は『How Bad Is My Batch』の作者でもあります。

 

まとめ

人口が増加する国と減少する国の違いはなにか考えてみますと、それは、一つには、不妊か否かということです。この不妊の原因に、新型567枠沈の中に含まれるスパイクタンパク質脂質ナノ粒子が挙げられますので、人口が大幅に減少する国の減少の原因は、新型567枠沈が大きく影響していると言えます。

イギリス、アメリカ、ドイツは接種者の人口も非常に多く、シェディングの影響も大きい可能性がありますので、一時的に距離を置くことをお勧めします。これらの政府は、自国の人口の完全な削減を計画しているようです。そして、ほとんどの人が、疑いもなくそれに従っています。まるで、彼らは自殺教団のようです。

上の統計では少なめに出た日本の人口減少率 – 19% – からすると、日本はおそらく新型コロナ枠沈を接種した人たちの人数は、厚生労働省が発表している数値よりも低いのではないでしょうか?なぜ、この様になるのかは説明出来ませんが、日本はまだまだ安全ではあるけども、それにしても 19%の人口が死んでしまうと言うのは衝撃です。これは、おそらく新型コロナ枠沈以外には考えられないでしょう。

 

 

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

活性酸素を撃退するグルタチオンとは?サプリや食べ物・プロテインは?

こんにちは、皆さん。 最近、新型コロナパンデミックのせいで、自分の免疫を高めることに人々の関心が高まっています。 そこで、自己の免疫系を高めると言われているグルタチオンについて、調査した内容を紹介して …

2週間断食の回復食の日数や食べ方、メニューやレシピーは?

皆さん、こんにちは。 最近、2週間断食をついにやり遂げたのですが、 今までに経験したことのないような、ランナーズハイでは なくて、ファースターズハイを感じ、最高に気持ち 良かったです。 そこで、この2 …

no image

赤飯のダイエット効果は本当?カロリー・糖質・栄養素は?

皆さん、こんにちは。 赤飯のGI値を調べてみると、70とかなり高い方なので、「これは食べすぎると太るよな?」と思ったのですが、ネットを見てみると、赤飯がダイエットに良いと書いてる記事が結構出てきました …

ノイハウスチョコをベルギーから!購入方法や値段・配送料は?Part1

  バレタインの記事で 「バレンタイン2018!ノイハウスチョコの紹介!店舗や購入は?」を 書いたことがありました。 実は、ノイハウスは、ベルギーでは1番美味しいチョコレート店なのですが 日 …

ケトジェニックダイエットでケトン臭の解決策はどれが良い?

ダイエットで特に人気があるケトジェニックダイエット、 このダイエットは、脂肪を燃焼させてエネルギーを 得る画期的な方法ですが、 この方法は脂肪を燃焼させるので、自然にダイエットが できます。 その脂肪 …

スポンサードリンク