ウィルス・ワクチン 健康 毎日の日記

「私の視点」の母里啓子氏の記事~ワクチン接種は慎重期して

投稿日:

朝日新聞の「私の視点」コラムで、元国立公衆衛生院感染症室長の母里啓子(もりひろこ)さんの記事が、2009年に掲載されました。
コロナが始まってからお亡くなりになったようですが、記事を読んでみるととても具体的に率直な意見を述べられています。

この記事では、母里さんの記事で書かれてある内容を紹介します。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

「私の視点」の母里啓子氏の記事~ワクチン接種は慎重期して

以下参照

このような方が、医療の現場でどのくらいいるのか、とても疑問に思う今日このごろです。

 

母里啓子氏の記事~「ワクチン接種は慎重期して」の要点は?

以下、その記事の要点を箇条書きにまとめました。

  1. インフルエンザ枠沈は、予防接種の中でも最も効かないものの一つ。インフルエンザウイルスは喉や鼻の粘膜に付き、そこで増殖して感染する。一方、枠沈は注射で血液中にウイルスの抗体を作る。喉や鼻の粘膜表面に抗体ができるわけではないので、感染防止効果はない
  2. インフルエンザウイルスは猛スピードで変異する。枠沈で初期のウイルスの血中抗体価が上昇しても、変異したウイルスが喉や鼻につけば、感染や発症は避けられない。
  3. 健康な人ならば、新型インフルエンザにかかっても、死ぬことはまずない。逆に、強力な免疫ができる。
  4. 感染しても症状が出ない「不顕性感染」者も多い。地域で症状がない人も抗体を持ってる可能性が高いが、そういう人には枠沈は必要ない
  5. 効果が証明されていない新型567枠沈を、重い副反応が出やすい妊婦や幼児にまで勧める厚労省の方針には、危機感を覚える。
  6. 七千万人への接種は、大規模な人体実験に等しい。
  7. 臨床試験の結果を待たずに、妊婦や幼児への接種、季節性インフルの枠沈と新型567の同時接種などを、厚労省が「問題ない」と言い切るのは危険だ。
  8. 不要な枠沈接種といたずらな勧奨をしないこと、そして、接種後の副反応調査幅広い被害補償を、国に求めたい。

 

母里啓子氏の記事~「ワクチン接種は慎重期して」の説明・補足

上に書いてある「インフルエンザ」をそのまま新型567に置き換えて読むと、そのまま理解出来ますね。

  • まず、1番のところで、新型567枠沈で血中抗体価が上がっても、感染部位には抗体が出来ないので感染を防げない、つまり、「感染防止効果はない」と、はっきりと書かれています。感染防止効果がない枠沈を、しかも、重い副作用が出る成分が一部のロットの注射の液剤に含まれている注射を、ロシアンルーレットみたいに打つのは正気の沙汰です。一歩間違えば突然死、死ななくても治療が出来ない一生続く重篤な副作用で苦しむことになります。
  • 2番:初期の新型567ウイルスで作られたmRNA型枠沈を打っても、その変異体には効かない。つまり、枠沈が打てるようになった頃にはウイルスはすでに変異しており、そのような枠沈を打っても意味がない、ということです。
  • 3番:だから、新型567に感染することを恐れてはいけない、ということです。すでに書いたように枠沈を打っても意味がなくて、そうするよりも、新型567に感染するなら感染して、それにより強力な自然免疫を獲得したほうが得です。この自然免疫は変異体をも攻撃してくれて、あなたの体を守ってくれます。
  • 4番:実際に政府がしたことは、症状がない人たちにもPCR検査をして陽性者を隔離しました。隔離されれば、その人の免疫系は弱ってくるので、病気になりやすくなります。症状が出てから入院させて、症状がひどくなる薬を使用して重篤になる人も出てきています。これは、意図的に新型567の入院患者を増やしているにすぎないと言えます。
  • 5番:薬の効果が証明されていない、枠沈として未承認の注射を、妊婦・幼児に接種するのは言語道断。幼児虐待、幼児殺人、妊婦虐待・殺人と言えます。
  • 6番:3回目枠沈の追加接種した人数は、8214万4806人。(https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-vaccine-status/#vaccinationStatusV2cumulative)今でも、大規模人体実験は進行中です。
  • 7番:こちらの記事を読んでみてください。⇒https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20220901b.html
  • 8番:政府は不要な枠沈接種の推奨を強くしています。接種後の副反応調査では「副反応」を「副反応ではない」として、枠沈の毒性を隠しています。それにより、枠沈の副反応で亡くなられた人たちや、重篤な障害で苦しむ人達への被害補償を政府は避けています。これは犯罪的な責任回避です。

 

母里啓子氏の死因について

母里啓子氏の死因については、只今調査中です。どうも、非常に不吉な情報がありますので、そこについて詳しい内容を近いうちにアップします。

 

母里啓子氏のお勧め本~トップ3!

子どもと親のためのワクチン読本

 

 

内容

子育てをしている女性に向けた枠沈と予防接種のガイドブックです。2013年10月に発刊されました。上に掲載の書籍は、最初の版を全編リニューアルした、最新改訂版になります。
近年、乳幼児の定期接種や任意接種が増えている一方で、枠沈への不安や不信感も広がっています。特に、新型567の枠沈接種が小学生にまで行われていますが、枠沈接種後にすぐ亡くなった子どもたちの報告も上がっているので、この書籍は是非読んでほしいですね。

子どもにとって本当に必要な枠沈とは? 予防接種はなにを打てばよいのか? 
最新情報を盛り込み、科学的で公平な視点から、マンガやイラストを交えてわかりやすく解説しています。

 

インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

 

 

内容

インフルエンザ・枠沈がほとんど効かないことはウイルス学者たちの常識です。その理由を元国立公衆衛生院疫学部感染症室長がわかりやすく説明しています。なぜ冬になると「打つべきだ」というキャンペーンが行われるのかも鮮やかに解説していますよ。

 

医者には聞けないインフルエンザ・ワクチンと薬(2005年版)

 

 

内容

この本では、インフルエンザはかぜじゃない、と言う内容から始まり、2章では、枠沈でインフルエンザは防げない、と言うことについて、子どもの熱がとにかく心配だと言うこと、かぜやインフルエンザにかかったら、どんな薬を使えばいいのか、治療や予防でできること、マスコミ報道に注意すること、などの内容が書かれています。

 

まとめ

新型567枠沈の危険性を理解して、率直に市民に警告をならし、政府に要望を上げる人があまりにも少ない中、母里さんの記事はとても参考になります。

私達一人一人が、新型567枠沈に反対の意を表明し、政府に抗議をしなくてはいけません。

自分の子供が安心して健康にいられる未来を、子供に与えられるようにしたいですね。

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-ウィルス・ワクチン, 健康, 毎日の日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新型コロナウィルスのワクチンの安全性は?Geert Vandenが警告!

  最近、新型コロナウィルスのワクチンが日本にも輸入され、ワクチン接種が開始されました。 身の回りの人たちにワクチンの安全性について聞くと、「大丈夫」と思ってる人たちがほとんどのようです。 …

埼玉のホタルの穴場はどこ?鑑賞スポットを調べてみた!

皆さん、もうすぐ、6月ですけど、 6月からだんだん暑くなっていきますね。 暑く、蒸し暑い夜には、何が出るかというと ホタルですね〜。 幻想的な、ホタルさんが、今年の6月から7月にかけて 埼玉県のいろん …

セミはなぜ鳴くのか?夜中にもセミが鳴いているのは?鳴かないメスについても。

  セミは明るい昼間だけに鳴くと思っていたのに、夜中にも鳴いているのに気づいたことはありませんか?生態がおかしくなったのか?と思いますね。これらの不思議と、鳴かないメスについてスポットをあて …

熱海海上花火大会2018!日程や時間・チケット・穴場は?

皆さん、こんにちは。 夏といえば、花火ですが、 日本で一番、花火に適した場所というと、 どこか知ってますか? それは、熱海湾です。 しかも、熱海の花火はすごい迫力がありますよ! そこで、今日は、熱海の …

横浜赤レンガ倉庫イルミネーション2018!開催期間やアクセスは?

皆さんこんにちは。 もうすぐ、クリスマスのイルミネーションが始まりますね! 関東で、イルミネーションで一番人気はどこかな? と考えてみると 横浜赤レンガ倉庫が、 その規模の大きさで位置になると思います …

スポンサードリンク