イベント・記念日・暦 梅雨・豪雨・天気

除湿機の電気代や特長の比較!おすすめの商品や選び方・安く使う方法は?

投稿日:2019年4月24日 更新日:

みなさんこんにちは。

これからジメジメの梅雨期になりますね。
そういう時に気になるのは、湿度です。

雨が降ると部屋干しもしますが、そういう時に
役立つのは、除湿機!

でも、除湿機と一言で言っても、いろんなものが
あります。

毎日使うものだと、主婦の人が気になるのは、
電気代ですね。

そこで、今日は、除湿機にはどんなものがあり、
電気代はどれくらいかかるのか、そして、
除湿機の性能、どれがいいのかについて、調べた
ことを紹介しますね。

 

Advertisements

スポンサードリンク.(Sponsored Link)

除湿機の用途は?

除湿機と言うと、室内の湿度を下げるためのものを
イメージしてしまいがちですが、用途はいろいろ
ありますね。

【除湿機の用途】

 衣類の部屋干し用
icon-hand-o-right 部屋の除湿用⇢カビ防止が目的
icon-hand-o-right スポット乾燥⇢限られた空間の除湿

 

 

除湿機の種類

季節に適した除湿機の分類は?

除湿機の種類は、季節によって適したものが違います。
また、通年使えるものや、用途により使える時期が
変わるものもあります。

それに、メーカーは、新しく開発した新商品を
出してきます。

除湿機の種類
除湿機のタイプ 梅雨
コンプレッサー式    
デシカント式
(ゼオライト式)
ハイブリッド式
コンデンス式
ペルチェ式      

 

 

除湿機の方式毎の消費電力、電気代の比較

(一日6時間使用/電気代:27円/kWh)

除湿機の種類 Hz 消費電力 電気代/h 電気代/月 除湿可能範囲
コンプレッサー式 50 255W ¥7 ¥1,239 木造10畳
洋室15畳
鉄筋20畳

60 310W ¥8 ¥1,507
デシカント式 50/60 590W ¥16 ¥2,867 木造6畳
プレハブ10畳
鉄筋13畳
ハイブリッド式 50 685W/冬 ¥18 ¥3,329 木造11畳
プレハブ17畳
鉄筋23畳
210W/
梅雨・夏
¥6 ¥1,021
60 715W/冬 ¥19 ¥3,475

木造13畳
プレハブ19畳
鉄筋25畳

225W/
梅雨・夏
¥6 ¥1,094
コンデンス式 50/60 214W ¥6 ¥1,040 木造10畳
鉄筋20畳
355W ¥10 ¥1,725
545W ¥15 ¥2,649
ベルチェ式 50/60 65W ¥2 ¥316 クローゼットや洗面所など狭い所

となります。

次に、それぞれのタイプの除湿機で
具体的な電気代の計算や、特徴などをみていきますね。

 

 

Sponsored Link

 

 

除湿機の種類ごとに電気代、特徴などみてみた!

電気代の計算式は?

除湿機の使用時の電気代は、以下の式で計算できます。

消費電力(W)÷ 1000 × 使用時間(h)× 電気代(円/kWh)

※電気代は、27円/kWhで計算

※除湿機には、機種によっても変わりますが、
エコナビモード、おまかせモード、その他、
強・中・弱スイッチなどがあり、利用の仕方で
電気代も変わるので、ここで紹介する電気代は
目安にしてください。

 

コンプレッサー式

コンプレッサー式の電気代

計算の条件は以下の通り

  • 消費電力:
    • 50h)255W
    • 60h)310W
  • 電気代:27円/kWh
  • 使用時間数:6時間/日
計算式
  • 一時間の電気代:
    • 50h)255W ÷ 1000 × 27/kWh = 6.89円/h ≒ 7円
    • 60h)310W ÷ 1000 × 27/kWh = 8.37円/h ≒ 8円
  • 一日6時間の電気代:
    • 50h)255W ÷ 1000 × 27/kWh × 6h/日 = 41.31円/日 ≒ 41円/日
    • 60h)310W ÷ 1000 × 27/kWh × 6h/日 = 50.22円/日 ≒ 50円/日
  • 1ヶ月の電気代:
    • 50h)41.31円/日 × 30日/月 ≒ 1,239円/月
    • 60h)50.22円/日 × 30日/月 ≒ 1,507円/月

コンプレッサー式の特徴

コンプレッサー式は、エアコンのドライ運転
全く同じ仕組みで、言い換えると、エアコンの
室内機と室外機を一つにしたようなものです。

湿度が高い空気が冷却器を通るときに結露させて、
空気中の水蒸気を水に変えて、タンクに貯める
仕組みです。

空気を冷却して除湿し、廃熱でその空気を暖めて
放出する仕組みで、冷却よりも廃熱のほうが熱量が
大きいので、部屋の温度はどうしても上がります。

湿度の高い空気を冷却させる仕組み上、気温が
高いとき
ほど除湿機能の威力が発揮され、
梅雨期向きです。

消費電力はデシカント式の半分くらいです。

短所
  • 冬は、除湿能力が落ちる
  • 音が大きいので、寝室には適していない。
  • 重量が10〜15kgあり重いので、移動しにくい。
  • 振動がある。→床に振動が響くので寝室の
    近くには置けない
  • 冬は除湿能力が下がる。
長所
  • 電気代が安い。
  • 室温の上昇が比較的少ない。

 

※一般的には、夏に最適と言われていますが、
冬でも、暖房した部屋で使うのであれば、効果あり。

 

 

スポンサードリンク(Sponsored Link)

 

 

デシカント(ゼオライト)方式

【電気代】

利用条件
  • 消費電力:590W
  • 電気代:27円/kWh
  • 使用時間数:6時間/日
計算式
  • 一時間の電気代:
    590W ÷ 1000 × 27円/kWh = 15.93円/h ≒ 16円
  • 一日の電気代:
    590W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 95.58円/日 ≒ 96円/日
  • 1ヶ月の電気代:
    95.58円/日 x 30日/月 = 2,867.40円/月 ≒ 2,867円/月

 

デシカント式の特徴

デシカント式は、吸湿性を持った乾燥剤に
空気中の水分を吸着させて除湿する方式です。

乾燥剤をヒーターで水分を放出し、室内の空気で
冷やして結露させ、水分をタンクに貯めます。

気温が高くても低くても除湿力を発揮し、冷却器を
使わないので振動も少ないです。

短所
  • 電気ヒーターを使用するので、電気代が高い。
  • 発熱量が大きくて、室温が約4度高くなる
長所
  • 冬でも高い除湿機能を発揮する。
  • 冬の窓の結露対策にはもってこい。
  • 夏でも利用可能。
  • コンプレッサーを内蔵していないので、
    動作音が静か
  • 重さは、5〜10kgで、移動しやすい。
  • 冬に使用すると、室温が4度ほど高くなるので、
    暖房代わりになる。

 

ハイブリッド式

電気代は、1〜3月と11〜12月はデシカント式を使い、
4月と10月は両方の機能を使い分けて、
5〜9月はコンプレッサー式を使った場合の電気料金
を計算してみます。

一日6時間利用した場合

△上記一覧:Microsoft® Excel for Macで作成
※「両方」:コンプレッサー式、または デシカント式
を使用

冬の電気代計算の条件

デシカント式の除湿機能を使用時、

  • 消費電力:
    • 50hエリア:685W
    • 60hエリア:715W
  • 電気代:27円/kWh
  • 1日の使用時間:6時間
  • 利用期間:1〜3月、11〜12月
冬の電気代の計算式
  • 1時間の電気代:
    • 50h)685W ÷ 1000 × 27円/kWh × 1h = 18.5円/h ≒ 19円/h
    • 60h)715W ÷ 1000 × 27円/kWh × 1h = 19.31円/h ≒ 19円/h
  • 一日(6h)の電気代:
    • 50h)685W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 110.97円/日 ≒ 111円/日 
    • 60h)715W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 115.83円/日 ≒ 116円/日
  • 1ヶ月の電気代:
    • 50h)110.97円/日 × 30日/月 = 3,329.10円/月 ≒ 3,329円/月
    • 60h)115.83円/日 × 30日/月 = 3,474.90円/月 ≒ 3,475円/月
梅雨期〜夏の電気代計算の条件

コンプレッサー式の除湿機能を使用した場合

  • 消費電力:
    • 50h)210W
    • 60h)225W
  • 電気代:27円/kWh
  • 1日の使用時間:6時間
  • 利用期間:梅雨期5〜6月夏7, 8, 9月
梅雨期〜夏の電気代の計算式
  • 1時間の電気代:
    • 50h)210W ÷ 1000 × 27円/kWh × 1h = 5.67円/h ≒ 6円/h
    • 60h)225W ÷ 1000 × 27円/kWh × 1h = 6.08円/h ≒ 6円/h
  • 一日(6h)の電気代:
    • 50h)210W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 34.02円/日 ≒ 34円/日
    • 60h)225W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 36.45円/日 ≒ 36円/日
  • 1月の電気代:
    • 50h)34.02円/日 × 30日/月 = 1,020.60円/月 ≒ 1,021円/月
    • 60h)36.45円/日 × 30日/月 = 1,093.50円/月 ≒ 1,094円/月
4月・10月の電気代は?

4月と10月の電気代は、デシカント式と
コンプレッサー式を使い分けたとして、
両方の電気代を足して 割る 2 にしました。

  • 50hのエリア
    (3,329 + 1,021) ÷ 2 = 2,175円
  • 60hのエリア
    (3,475 + 1,094) ÷ 2 = 2,284.50円 ≒ 2,285円

 

 

ハイブリッド式の特徴は?

ハイブリッド式は、冬はデシカント式の機能を使い、
梅雨期と夏はコンプレッサー式の機能を使います。

短所
  • コンプレッサーを内蔵しているので、重くて、持ち運びが不便。
  • デシカント式を使う冬は、電気代が高くなる。
  • 両方の機能を兼ね備えているので、価格が高くなる。
  • コンプレッサーを使用する時は、音が大きくなる。
長所
  • 通年利用可能。
  • 年間通して、効率良い除湿が可能。
  • 性能とエネルギー消費において、バランスが良い。

 

 

スポンサードリンク(Sponsored Link)

 

.

コンデンス式

コンデンス式の電気代

△上記一覧:Microsoft® Excel for Macで作成

利用条件
  • 消費電力:214W、355W、545Wの三段階スイッチ
    ※段階毎のスイッチの消費電力は、製品により
    異なります。
  • 利用時間数:6時間/日
  • 使用の仕方
    • 214Wを使用時
    • 355Wを使用時
    • 545Wを使用時
    • 3つを使い分けた時の平均値
計算式 
  • 一時間当たりの電気代:
    • 214W)214W ÷ 1000 × 27円/kWh = 5.78円/h
    • 355W)355W ÷ 1000 × 27円/kWh = 9.59円/h
    • 545W)545W ÷ 1000 × 27円/kWh = 14.72円/h
  • 一日の電気代
    • 214W)214W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 34.67円/日
    • 355W)355W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 57.51円/日
    • 545W)545W ÷ 1000 × 27円/kWh × 6h/日 = 88.29円/日
  • 1ヶ月の電気代
    • 214W)34.67円/日 × 30日 = 1,040.04/月 ≒ 1,040円/月
    • 355W)57.51円/日 × 30日 = 1,725.30/月 ≒ 1,725円/月
    • 545W)88.29円/日 × 30日 = 2,648.70/月 ≒ 2,649円/月
    • 214W+355W+545Wの平均値:
      (1,040+1,725+2,649) ÷ 3 = 1,804.66 ≒ 1,805

特徴

コンデンス式は、ツイン熱交換の仕組みを使うことで
効率よく強力に空気中の湿気を取り除きます。

ハニカム構造の吸湿ローターが回転しながら
吸湿した水分が、ヒーターの熱で加熱されて蒸発し
水蒸気となって熱交換器に送られます。
次に、熱交換器内で温められた空気が、熱交換器の
管の中で冷やされ水滴となり、タンクに溜まります。

短所
  • 室温が少し(2度〜3度)あがる。
  • 乾燥剤特有の臭いが少しする。
  • 音が少しうるさい。
長所
  • コンプレッサーを内蔵していなので、軽量で、音が静か。
  • 夏の除湿能力が、最大3倍ある。
  • 寒い時でも、除湿力が安定。
  • 部屋全体を除湿できるので、いろんな用途に使える。
    タンス、衣装ケース、風呂場の除湿、カビ防止、
    窓の結露防止など。
  • 夏は、除湿機と扇風機だけでも快適。
  • 電気代が安い。

 

ペルチェ式

電気代

電気代計算の条件は
  • 消費電力:65W
  • 電気代:27円/kWh
  • 一日の使用時間数:6時間
計算式
  • 1時間の電気代
    65W ÷ 1000 x 27円/kWh = 1.76円 ≒ 2円
  • 一日の電気代
    65W ÷ 1000 x 27円/kWh × 6h = 10.53円 ≒ 11円
  • 1ヶ月の電気代
    65W ÷ 1000 x 27円/kWh × 6h × 30日 = 315.90円 ≒ 316円

 

ペルチェ式の特徴

ペルチェ式の除湿機は、一般的な除湿剤
塩化カルシウム」を使用しています。
押入れ、クローゼット、トイレ、洗面所など
狭い空間で、長時間、除湿を続ける場合に向いて
います。

短所
  • その他の方式の除湿機に比べて、除湿力が弱い。
長所
  • 除湿機の価格が安い。
  • 電気代がすごく安い。
  • コンプレッサー式、デシカント式とくらべて、静か。
  • コンパクトサイズで、持ち運び便利。狭い場所でも置きやすい。
  • 24時間つけっぱなしOK。

 

 

Sponsored Link

 

 

おすすめの除湿機の商品は?

それでは、実際の除湿機の商品を見てみましょう!

 

デシカント式の除湿機

boltz デシカント式 除湿機 メーカー1年保証


提供:楽天/除湿機 デシカント コンパクト 除湿器 洗濯物 湿気対策 乾燥 湿気 カビ 部屋干し 室内干し 室内物干し 部屋干し 除湿乾燥機 パワフル 省エネ 衣類 衣類乾燥 メーカー1年保証 【公式】 boltz sc4
詳細事項
  • 商品番号:e199-g1026-100
  • 価格:18,990円(税込)
  • 消費電力:640w
  • 除湿能力:7L/日
  • タイマー:1,2,4,8h
  • 風量切り替え:3段階
  • 重量:6.3kg

 

コンプレッサー式の除湿機

アイリスオーヤマ コンプレッサー dce-6515

出典:楽天/除湿機 コンパクト アイリスオーヤマ コンプレッサー dce-6515

詳細事項
  • 商品番号:561929
  • 価格:13,800円(税込)
  • 消費電力、除湿能力、除湿可能面積
    • 【50Hz】約155W
      • 除湿能力:約5.5L/日
      • 除湿面積:(木造〜鉄筋)7〜14畳
    • 【60Hz】約175W
      • 除湿能力:約6.5L/日
      • 除湿面積:(木造〜鉄筋)8〜16畳
  • 切りタイマー:2,4,8時間
  • 商品重量:9.3kg

 

シャープ CM-J100-W プラズマクラスター冷風・衣類乾燥除湿機

出典:楽天/シャープ CM-J100-W プラズマクラスター冷風・衣類乾燥除湿機(コンプレッサー式)

詳細事項
  • 商品番号:4974019121987(32-1)3211
  • 冷風機能:室温より約-10℃の除湿風の送風
  • 型名:CM-J100
  • 除湿能力:(50Hz)9L/日(60Hz)10L/日
  • 除湿可能面積の目安(木造~鉄筋)
    • 50Hz…11~23畳
    • 60Hz…13~25畳
  • 衣類乾燥時間:約120分/2kg
  • 衣類乾燥時の電気代:約14.9円/一回
  • 切タイマー:2/4/6時間
  • 排水タンク:約2.5L
  • 質量:約12.5kg

 

 

Sponsored Link

 

 

コンデンス式の除湿機

カンキョー コンデンス除湿機 DBX-AZRプラス(ecoモード付)

出典:楽天/カンキョー コンデンス除湿機 DBX-AZRプラス(ecoモード付)

詳細事項
  • 商品番号:KK-DBX-AZRP
  • 型式:DBX-AZRP ecoモード付
  • 除湿方式:コンデンス式
  • 価格:61,509円(税込)
  • 消費電力:
    ・214W、355W、545W
  • 除湿能力:約 8L/日
  • 除湿対応面積:(木造〜鉄筋)10〜20畳
  • 商品重量:7.9kg

 

 

ペルチェ式の除湿機

除湿機 コンパクト 省エネ ペルチェ式 除湿器 湿気 カビ 結露 対策 SZJ-17

出典:楽天/除湿機 コンパクト 省エネ ペルチェ式 除湿器 湿気 カビ 結露 対策 SZJ-17

詳細事項
  • 商品番号:SZJ-17
  • 価格:7,250円(税込)
  • 消費電力:約65W
  • 電気代:1.8円/h
  • タンク容量:2.2L
  • 除湿量:約380ml/日
  • 除湿面積:約6~12畳
  • 除湿可能室温:約15℃~

 

 

ハイブリッド式の除湿機

Panasonic F-YHPX200 ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 ナノイー搭載

出典:楽天/除湿機 パナソニック F-YHRX200(S) ハイブリット方式 タンク容量 約5L

詳細事項
  • 商品番号:f-yhrx200-s
  • 外形寸法(高さ×幅×奥行):662×378×296mm
  • 質量:17.4kg
  • タンク容量:約5.0L

 

 

除湿機の選び方や、安く使う方法は?

除湿機にはいろいろある、ということが
わかっていただけたと思いますが

では、最適の除湿機ってどうやって選んだら
いいでしょうか?

 

除湿機は、だいたい、買う人の理由をみてみると

・部屋のカビや湿気が気になる
・洗濯物の生乾きや臭くなるのが嫌
・木造住宅で、湿気が酷いので強力に除湿したい

などです。

 

そういう時に、除湿機の種類や、ランニングコスト
(電気代)
をみていくわけですが

電気代が一番安いものから順にみていくと、以下の
ようになります。

除湿機の種類 Hz 消費電力  電気代
ペルチェ式 50/60 65W ¥316
コンプレッサー式 50 255W ¥1,239
60 310W ¥1,507
コンデンス式 50/60 214W 平均)¥1,805
355W
545W
ハイブリッド式 50 685W/冬 平均)¥2,175
210W/梅雨期・夏
60 715W/冬 平均)¥2,284
225W/梅雨期・夏
デシカント式
(ゼオライト式)
50/60 590W ¥2,867

 

となります。

なので、電気代の安さで選ぶならコンプレッサー式です。

ペルチェ式は、除湿力、除湿可能範囲が比較に
なりませんので、ここでは除外します。

その他の選び方としては、以下になります。

  • 季節で選ぶなら
    • 夏や梅雨期の湿気対策なら、コンプレッサー
      この場合、冬は、暖房で洗濯物は乾くので不要
      考える人が多いです。
      洗濯物が臭くならないように、除菌・抗菌の洗剤
      を使用するので、冬は除湿機はいらないという人。
      コンプレッサーの場合、電気代はすごく安くて
      除湿力も強力なので、コスパはすごくいいですね。
    • 冬の部屋干しに利用したいなら
      デシカント式か、コンデンス式、ハイブリッド
  • 通年利用したいなら
    電気代も幾分少ないほうがいいのなら、コンデンス式
    電気代はそれほど気にならないなら、ハイブリッド式
  • 除湿力の強さを重視するなら
    コンデンス式が、一番強力な除湿機能があります。

 

 

Sponsored Link

 

 

安い電気代にして使う?

除湿機は使えば使うほど、電気代はかかります。

それは避けられないことなので、ある程度は
仕方ないと思わないといけません。

また、電力会社の契約プランを見直して、
安い電気代になるように、使う方法があります。

 

例えば

  • 夜トクプラン
    夜の時間帯が安い電気代になる
    →夜に除湿機を、タイマーをかけて利用する
  • ピークシフト型時間帯別電灯
    夏などは、電力の使用量がピークになる時間帯
    があり、10時~17時の間は電気代が割高に
    なります。
    この時間帯を避けた時間に、除湿機を使用。
  • 東京電力の場合
    →月平均6,600円以上で、「ファミリーセレクト
    年間、約10,730円、お得になる
    →月平均6,600円未満の人、「スマートセレクト
    年間、約1,460円、お得になる

 

電力自由化に伴いやすい電力提供会社と契約?

自然エネルギーを使った電気提供会社と契約し
電気代を抑える方法もあります。

どれくらい安くなるかは、各会社で
シミュレーションするページがあるので、
そこで実際にシミュレートしてみてください。

例)

 

除湿機を使うことで得られる二次的効果

また、電気代をケチって、除湿機を選ぶか、
買わないか考えている人は、除湿機を使うことで
部屋や家具、洋服にカビが生えるのを防ぐことが
できるということも考慮したほうがいいです。

家具や洋服にカビが生えてしまい、買い換えなくては
いけなくなるケース
があります。

それを考えると、除湿機を使うことで、カビが
なくなり、結果的に、余計な出費を抑えられることに
なります。

 

除湿機の寿命を考えて使う

除湿機は電気製品ですので、いくら大切に使っても
だいたい、3年~5年経過すると、どこかしら調子が
悪くなってきます。

メーカーは10年持つと説明しますが、実際は
5年経過で部品交換
とか、不具合が発生するように
なり、その頃から除湿能力も低下しだします。

すると、買い替えをします。

ですので、どうしても必要な時以外は、除湿機を
使わない
というのを心がけて、電気代を節約し
除湿機の寿命を延ばしてあげる
のも、
一つの方法です。

また、部屋が乾燥しすぎて、体に良くないことも
ありえますので、そこは、使ってて快適かどうかを
良く見極めて使いましょう。

 

 

まとめ

皆さん、いかがでしたか?

除湿機を選ぶ時には、

  • 自分の悩みに合うものを選ぶ
  • 電気代も考慮する
  • 除湿機の方式で、自分のニーズにマッチするのはどれか
  • いつの季節に必要なのか
  • 使う時間帯は?
  • 電力プランで、安い利用の仕方は?

こういうことを良く考えて、
一番合うものを選び、上手に使いましょう。

そして、電気代が安く利用できれば、
得した気分!と、思えばいいと思います。

湿気対策を万全にして、心地よい生活をしましょうね!

スポンサード・リンク (Sponsored Link)....

-イベント・記念日・暦, 梅雨・豪雨・天気

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バレンタイン2019!ブルガリ イル・チョコラートのチョコや販売日・店舗は?

皆さん、こんにちは。 バレタインデーに買うチョコレートの中で、 どんなブランドがいいのか、いろいろあって悩みませんか? その中で、探してみるととっても芸術性に優れている チョコレートブランドがありまし …

バレンタイン2019!ピエールエルメ・パリのチョコや販売日や店舗は?

★提供:▲fashion-press.net   皆さん、こんにちは。 2月14日といえば聖バレンタインデーです。 貴方にとって一番大切な人に、ずっと言えなかった感謝の気持ちに、 素敵なプレ …

小学校の入学式2019!20代母親が着る服装のおすすめは?

  幼稚園の卒園式が終わると、もう小学校の入学式ですね。 小学校の入学式も初めての経験で、お母さんは、 どんな服にしたら良いかしら、と悩んでしまいます。 そこで、今日は 小学校の入学式に参加 …

ホワイトデー2019!小学生高学年のお返しにカチューシャは?

  皆さん、こんにちは。 去年のバレンタインデーの話で恐縮ですが 息子が、プレゼントをもらったと言ってきて 話を聞いてみると、どうも本命の子らしいんです。 そして、アドバイスがほしいというん …

バレンタイン2019!ノイハウスのチョコや店舗・販売日は?

▲提供:ノイハウス   皆さん、こんにちは。2月14日といえば聖バレンタイン。 あなたにとって一番大切な人に言えなかった言葉に、 日本で今までは買いたくても買えなかったけど、 遂に日本に再上 …

スポンサードリンク